Home Web3.0とは?特徴や稼ぎ方からおすすめの仮想通貨銘柄について解説

Web3.0とは?特徴や稼ぎ方からおすすめの仮想通貨銘柄について解説

近年、「Web3.0」という言葉が注目を集めています。これは「Web3」とも呼ばれ、ブロックチェーン技術を活用した「分散型インターネット」の時代を指します。従来のインターネット(Web2.0)とは異なり、巨大企業による情報管理やプライバシー問題の解決を目指した新技術として期待されています。

しかし、Web3.0はまだであり、理解するのは少し難しいかも知れません。今回は、まだ新しい概念であるWeb3.0の基礎知識やメリットを解説するとともに、Web3.0系の仮想通貨銘柄に投資することで稼ぐ方法を詳しく解説していきます。

  • P2Eゲームで稼ぐ!たまごっち風ドージ犬
  • 期間限定セール!今夏の注目ミーム通貨
  • プレセール後にバイナンス上場の可能性
Project Launched
2024年5月
Meta
ミームコイン、P2E
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中も高利回りのステーキング報酬
  • 2日毎に価格上昇!格安購入するなら今
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン、ステーキング
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • イーサリアムL2チェーンの最新PEPEミーム
  • ステーキングで受動的収入を大量ゲット!
  • 元祖ぺぺコインの成功を再現!独自エコシステムを構築
Project Launched
2024年6月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • Debit
    Debit
  • +1 more
  • 人気のBaseチェーン発!マルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキングに対応、シェアして稼ぐ新機能
  • コンテンツシェアでポイント獲得、$DAWGZと交換可能
Project Launched
2024年6月
Meta
ミームコイン、Share-to-Earn
Purchase Methods
  • USDT
    USDT
  • BASE
    BASE
  • ETH
    ETH
  • アメコミ「サウスパーク」の最新ミーム
  • エアドロセールで早くも売上300万ドル
  • 有名ミームSLERF運営チームが関与か
Project Launched
2024年5月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • DICEトークンの宣伝で紹介料25%ゲット!
  • カジノプレイヤーへ225万ドル超のエアドロ
  • 業界初!カジノゲームでデイリー報酬を獲得
Project Launched
2024年4月
Meta
GameFi
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • Learn-to-Earnで仮想通貨を学んで稼ぐ!
  • プロの取引戦略を学び、投資で優位に
  • 99BTCステーキングで報酬をゲット!
Project Launched
2024年4月
Meta
Learn to Earn
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • ステーキング+ブリッジ合計2500万ドル超
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場の可能性
Project Launched
2023年12月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 年間利回り145%のステーキング報酬
  • クリプト監査企業Coinsultからお墨付き
Project Launched
2023年6月
Meta
ブロックチェーン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more

2024年に投資すべきWeb3.0関連の仮想通貨銘柄一覧

本記事でご紹介する、2024年に期待のWeb3.0関連の仮想通貨銘柄一覧がこちらになります。

  1. PlayDoge(PLAY):90年代人気ゲーム「たまごっち」風のP2Eゲーム。プレセールで好調な滑り出しを見せ、ミームコインと実用性を兼ね備えた次世代仮想通貨として注目を集めている。
  2. WienerAI(WAI):AIとミームコインが融合したユニークなプロジェクト。バイナンス上場も控える。
  3. Pepe Unchained(PEPU):ペペのテーマを引き継ぎ、レイヤー2技術で進化したミームコイン、プレセールで人気沸騰中。
  4. Sealana(SEAL): 太ったアザラシがモチーフのユーモラスなソラナ系ミームコイン。革新的な販売方式で注目を集める。
  5. Base Dawgz(DAWGZ):Baseネットワークを拠点とし、クロスチェーン互換性を備えた、柴犬にインスパイアされたミームコインプロジェクト。
  6. Mega Dice Token(DICE):オンラインカジノの仮想通貨銘柄。DICEトークンは2030年末には0.85ドルまで上昇の可能性あり。
  7. 99Bitcoins(99BTC):遊びながら学べる仮想通貨教育プラットフォーム。99BTCトークンは将来性も高い。
  8. Sponge V2(SPONGEV2):プレセール無しのフェアなローンチと高利回りステーキングが魅力。100倍以上の成長も期待。
  9. eTukTuk(TUK):環境問題と経済格差解決を目指すプロジェクト。AIとブロックチェーンで発展途上国の交通革命を目指す。

Web3.0とは

パソコンモニター3台とデジタル信号のイメージ

従来のインターネット(Web2.0)では、GoogleやAmazonなどの巨大企業がプラットフォームを管理し、ユーザーはサービスを利用するために個人情報を提供していました。しかし、近年では情報漏洩などの問題も起こっており、ユーザーのデータに対する意識も高まっています。

Web3.0では、ブロックチェーン技術を用いることで、データを分散型で管理します。これにより、個人情報の漏洩リスクを減らし、ユーザー自身がデータの所有権とコントロールを持つことができます。

また、Web3.0では、ユーザー同士が直接やり取りできる仕組みが構築されます。これにより、プラットフォーム手数料などのコストを削減し、より効率的な経済活動が可能になります。

Web3.0はまだ発展途上の段階ですが、インターネットの未来を変える可能性を秘めた技術として、世界中で注目されています。

Web1.0、Web2.0、Web3.0の違いと歴史

ここで、Web1.0、Web2.0、そして現在注目を集めているWeb3.0の違いを見てみましょう。

Web1.0からWeb3.0へ、インターネットは情報閲覧型から双方向コミュニケーション型、そして分散型へと進化してきました。Web3.0は、Web2.0の課題を解決し、より自由で安全なインターネットを実現する可能性を秘めています。

参考記事:Web3.0 (METI/経済産業省)

Web1.0(1990年代~2000年代前半)

  • 情報閲覧が中心の一方通行型インターネット
  • 代表的なサービス:ホームページ作成ツール、情報ポータルサイト
  • 技術的な制約:テキストベース、画像や動画が少ない
  • コミュニケーション手段:メール

Web2.0(2000年代後半~現在)

  • 双方向コミュニケーション型インターネットへの進化
  • 代表的なサービス:YouTube、SNS、ブログ
  • 画像や動画を容易に扱えるように
  • ユーザー同士の交流が活発化
  • 中央集権型構造による情報管理の集中
  • プライバシー侵害や情報漏洩などの問題

Web3.0(2020年代~)

  • Web2.0の課題を解決する分散型インターネット
  • ブロックチェーン技術を活用
  • 個人情報やデータの所有権をユーザー自身が持つ
  • 中央集権型プラットフォーマーに依存しない
  • ユーザー同士の直接取引や情報共有
  • まだ発展途上だが、インターネットの未来を変える可能性

Web3.0関連のおすすめ仮想通貨銘柄

ここで、Web3.0関連でおすすめしたい仮想通貨の銘柄をご紹介していきます。

PlayDoge(PLAY)

2024年、Web3.0ゲーム業界に新たなミームコイン「PlayDoge(PLAY)」が登場し、仮想通貨市場を賑わせています。プレセール開始からわずか数時間で20万ドル以上を調達するなど、その勢いは目を見張るものがあります。

PlayDogeは、90年代に一世を風靡した「たまごっち」のようなバーチャルペットゲームと、仮想通貨を稼げるプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)モデルを融合させた、ユニークなプロジェクトです。ゲーム内でバーチャルペットのドージを育てながら、PLAYトークンを獲得し、それを仮想通貨に交換することができます。PlayDogeは、ドージミームの楽しさとブロックチェーン技術の革新性を融合させ、ゲーム体験を通じて仮想通貨を稼ぐという新たなエンターテイメントの形を提供します。

PlayDogeの魅力はこちらです。

  • P2Eゲームとしての楽しさ: バーチャルペットの世話やミニゲームを通じて、ゲーム内通貨PLAYトークンを獲得できます。
  • トークン経済の設計: プレセールやステーキングなど、PLAYトークンの価値を高める仕組みが組み込まれています。
  • 将来性: ビットコインの半減期やイーサリアムETFの承認など、2024年は仮想通貨市場全体が活況となるイベントが控えており、PlayDogeの価格上昇も期待できます。

PlayDogeは、ドージミームとP2Eゲームという二つのトレンドを組み合わせた、新時代のWeb3.0銘柄としておすすめです。仮想通貨投資に興味がある方は、この機会にPlayDogeをチェックしてみてはいかがでしょうか。

WienerAI(WAI)

Web3.0時代において仮想通貨市場はますます活発化していますが、その中でも注目を集めているのが、AIとミームコインを融合させた「WienerAI(WAI)」です。WienerAIは、愛らしい犬のキャラクターとAI技術を組み合わせたユニークなプロジェクトです。発売から数時間で12万ドルを調達し、バイナンス上場も控えていることから、投資家からの期待が高まっています。

WienerAIが将来性を秘めている理由は、以下になります。

  • 拡大するAI市場:AI市場は今後も成長が続くことが予想されており、AI関連銘柄への投資が活発化しています。
  • 根強いミームコイン人気:ミームコインは依然として高い人気を誇っており、WienerAIのようなユニークなコンセプトを持つコインは特に注目を集めています。
  • 活発なコミュニティの存在:ソーセージアーミーと呼ばれる熱意あふれるコミュニティが、WienerAIの成長を支える原動力となっています。
  • 主要取引所への上場:バイナンスやOKXへの上場が実現すれば、WienerAIは更なる投資家から注目を集め、飛躍的な成長を遂げる可能性を秘めています。

WienerAIは、上記の理由から将来性が高いと期待されています。

Web3.0時代において、WienerAIは革新的な仮想通貨銘柄として、大きな注目を集める存在になるでしょう。投資を検討している方は、WienerAIの公式サイトをチェックしてみてください。

Pepe Unchained(PEPU)

Web3.0時代のミームコイン市場を賑わせるPepe Unchained(PEPU)は、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーン上に構築された、注目すべきプロジェクトです。
プレセール開始から数日で20万ドル以上を調達したこのプロジェクトは、投資家の関心の高さを示しています。Pepe Unchainedは、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決し、高速かつ低コストな取引を実現することを目指しています。

Pepe Unchainedの最大の魅力は、そのステーキング報酬です。プレセールで購入したトークンをステーキングすることで、初期投資家は1万8000%APY以上の高利回りを享受できます。この魅力的な報酬システムは、Pepe Unchainedの爆発的なスタートの原動力となっています。

Pepe Unchainedは、独自のブロックチェーンを構築するという野心的な目標を掲げています。この「Pepe Chain」は、イーサリアムよりも100倍高速で安価な取引を可能にすることを目指しており、ミームコインの技術的進化を象徴する存在となるかもしれません。

Pepe Unchainedは、ミームコインの楽しさと高度な技術を融合させることで、Web3.0の世界に新たな可能性をもたらす存在となるかもしれません。その未来はまだ誰にもわかりませんが、その潜在能力は投資家やミームコイン愛好家にとって見逃せないものとなっています。

Sealana(SEAL)

ご紹介するのは、ソラナブロックチェーン上で誕生したミームコイン「Sealana(SEAL)」です。ユーモラスなキャラクターや斬新なコンセプトを持つミームコインが近年注目を集めています。今回太ったアザラシをモチーフとしたキャラクターと、投資家を皮肉ったストーリーで話題沸騰中です。Web3.0時代のおすすめ仮想通貨銘柄として、今後の動向から目が離せません。

Sealanaの魅力は以下になります。

  • ユニークなコンセプトと愛らしいキャラクター:元SEAL(米海軍特殊部隊)の太ったアザラシというキャラクターが魅力で、そのギャップが多くの投資家の心を掴んでいます。
  • 高速取引を可能にするソラナブロックチェーン:高速かつ安価な取引処理を実現し、投資家は取引コストを抑え、利益を最大限に追求できます。
  • 投資家参加を促進するSend-to-Presales方式:プロジェクトのウォレットにSOLトークンを送信するだけで参加できる、シンプルな仕組み。従来の複雑な方式とは異なり、投資家から好評を得ています。
  • 活発なコミュニティ:活発なコミュニティを持つSealanaは、投資家にとって魅力的な情報発信源となっています。

個性的なキャラクターとSend-to-Presales方式で注目を集めるSealanaは、ソラナブロックチェーン上で更なる飛躍を目指すミームコインです。活発なコミュニティを基盤に、Web3.0時代を象徴する存在として今後の成長が期待されています。

Base Dawgz(DAWGZ)

Base Dawgz(DAWGZ)は、コインベースが開発したBaseネットワークを基盤とする注目のWeb3.0ミームコインプロジェクトです。柴犬をモチーフにした親しみやすいデザインで、Baseネットワークだけでなく、イーサリアム、Solana、BNB Chain、Avalanche、Polygonなど、他の主要なブロックチェーンネットワークでも利用可能です。複数のブロックチェーンに対応することで、Base Dawgzは幅広いユーザーにアクセスし、高い流動性を確保できる可能性があります。

現在、Base Dawgzはプレセールを実施中で、トークン価格は5日ごとに5%上昇します。早期に購入するほどお得な価格でトークンを手に入れることができるため、投資家にとって魅力的なチャンスと言えるでしょう。その後には、分散型取引所への上場も予定されており、さらなる価格上昇が期待されます。

Base Dawgzの魅力は、価格上昇の可能性だけではありません。DAWGZトークンをステーキングすることで、追加の報酬を得ることができます。また、Base Dawgzの情報をソーシャルメディアで共有することでも、ポイントを獲得し、それをDAWGZトークンと交換できる「シェア・トゥ・アーン」という仕組みも用意されています。

Base Dawgzは、実用的なユースケースも提供することを目指しています。Baseネットワークの成長、クロスチェーンの相互運用性、プレセールでのお得な価格、ステーキング報酬、シェア・トゥ・アーンといった魅力的な特徴は、低価格で仮想通貨に投資できる将来性のあるWeb3.0銘柄の一つと言えるでしょう。

Mega Dice Token(DICE)

Web3.0時代の最先端をいくのが、ブロックチェーン技術を基盤とした「Mega Dice Token(DICE)」です。Mega Dice Tokenは、ただのオンラインカジノプラットフォームではありません。DICEトークンと呼ばれる独自トークンを発行することで、ユーザーに様々な報酬とガバナンス権を提供するエコシステムを構築しています。

注目すべき点は以下になります。

  • 成長著しい市場:オンラインギャンブル市場は年々拡大しており、2024年には1009億ドルに達すると予測されています。
  • 革新的な技術:ソラナブロックチェーンを採用することで、高速かつ低コストな取引を実現しています。
  • 魅力的な報酬システム:DICEトークン保有者には、カジノ収益からの分配、エアドロップ、限定NFTの提供など、様々な報酬が用意されています。
  • 活発なコミュニティ:世界中に5万人以上のアクティブユーザーを抱え、熱狂的な支持を得ています。
  • 将来性:今後主要な仮想通貨取引所への上場が予定されており、さらなる価格上昇が期待されています。

将来的には、DICEトークンは更なる価値上昇が見込まれます。 2024年末にはDEX上場により約0.17ドル、2030年末にはオンラインギャンブル市場の拡大を背景に0.85ドルまで達する可能性も指摘されています。先行者利益を獲得するためにも、今すぐMega Dice Tokenを購入することをおすすめします。

Mega Dice Tokenは、Web3.0時代におけるオンラインカジノの新たなスタンダードとなる可能性を秘めています。今すぐ公式サイトをチェックしてみましょう。

99Bitcoins(99BTC)

情報化社会では、知識の習得と収益を両立することが重要です。特にWeb3.0時代においてはその傾向が顕著ですが、そんな時代に最適なツールとして、仮想通貨教育プラットフォーム「99Bitcoins(99BTC)」が注目されています。

99Bitcoinsが選ばれる理由は、以下になります。

  • 遊びながら学べる「Learn-to-Earn」モデル:双方向型講座やクイズなどを通じて仮想通貨を学べる仕組みは、従来の教育プラットフォームとは大きく異なります。学習の報酬として99BTCトークンを獲得できるため、モチベーションも維持しやすいです。
  • 幅広いユーザーに対応する包括的なカリキュラム:ウォレットの基本知識や初心者ガイドから、取引シグナル、戦略、トレンド、技術知識まで幅広いトピックを網羅。初心者から上級者まで、あらゆるレベルのユーザーが自分に合った学びを見つけることができます。
  • 活発なコミュニティと豊富な特典:70万人以上のYouTube登録者を持つコミュニティを擁しており、ユーザー同士が交流し学びを深めることができます。さらに99BTCトークンを保有することで、プレミアムコンテンツへのアクセス、取引チャンネル、割引などの特典を受けられる仕組みも魅力です。
  • 将来性のあるトークン:将来的には、より高度な機能を持つBRC-20トークンへの移行を予定しています。ステーキング報酬やコミュニティ報酬、仮想通貨エアドロップなども投資家にとって魅力的です。

99Bitcoinsは、Web3.0時代における知識の習得と報酬獲得の両立を実現するプラットフォームです。仮想通貨について学びたい方、楽しみながら稼ぎたい方におすすめです。今すぐ買いたいと思った人は、99Bitcoinsの買い方を確認しましょう。

Sponge V2(SPONGEV2)

2023年、仮想通貨市場を席巻したミームコイン「Sponge V1」の爆発的な成長は、多く投資家を魅了しました。そして2023年5月、その後継プロジェクトである「Sponge V2(SPONGEV2)」が登場し、再び注目を集めています。

Sponge V2は、Sponge V1のコミュニティと運営基盤を活かし、新たな機能を搭載したミームコインです。注目すべき点は、以下の3つです。

  • プレイ・トゥ・アーン(Play to Earn/P2E)ゲーム:ゲームで遊ぶことで報酬を得られる仕組みを導入。楽しみながら稼ぐことができる。
  • 高利回りステーキング:Sponge V1をステーキングすることで、年間40%という高利回りの報酬を受け取ることができる。
  • コミュニティ重視:活発なコミュニティ活動と、ユーザーの声を反映した開発体制により、長期的な成長を目指す。

Sponge V1の成功を受け、Sponge V2は100倍以上の成長が期待されています。そして、Sponge V2の特徴は以下になります。

  • ステーク・トゥ・ブリッジモデル:Sponge V1トークンをステークすることで、Sponge V2トークンを獲得できる。
  • 総供給量1500億トークン:その大部分がステーキング報酬とプレイ・トゥ・アーン(Play to Earn/P2E)ゲームに充てられている。
  • バイナンスへの上場間近: 上場によって、さらなる価格上昇が期待される。

Sponge V2は、Web3.0時代に活躍するおすすめの仮想通貨です。魅力的な機能と高い成長性により、多くの投資家から注目を集めています。Web3.0時代の到来と共に、Sponge V2がどのような価値を生み出すのか、目が離せません。

eTukTuk(TUK)

近年、環境問題や経済格差といった社会課題の解決に貢献するプロジェクトとして、注目を集めているのが仮想通貨です。そんな中、AIとブロックチェーンを駆使して発展途上国の交通インフラ革命を目指す「eTukTuk(TUK)」は、その革新性と実用性から、Web3.0時代におけるモビリティ変革を担うプロジェクトとして期待されています。

eTukTukは、東南アジアを中心に展開するEVトゥクトゥク(電動三輪車)の普及と、地域経済活性化を目指すプロジェクトです。ガソリン車トゥクトゥクが主流である東南アジアにおいて、eTukTukは環境負荷低減と持続可能なモビリティの実現を目指します。

eTukTukの特徴はこちらです。

  • 環境負荷低減:EVトゥクトゥクの普及により、二酸化炭素排出量の大幅削減を目指します。
  • 地域経済活性化:EVトゥクトゥクの導入と充電ステーションの設置により、地域経済の活性化を促進します。
  • 独自トークンエコシステム:TUKトークンを基盤とした独自のトークンエコシステムを構築し、利用者や関係者に報酬を提供します。
  • 高い成長性:EV市場は年平均35%以上の成長率と予測されており、eTukTukもこの成長に乗ることで、将来的に価格上昇の可能性を秘めています。

eTukTukは、環境問題や経済格差といった社会課題の解決に貢献しながら、持続可能な社会の実現を目指しています。現在、eTukTukはプレセール段階で投資することができます。将来性の高いアルトコインへの投資を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

Web3.0の特徴とメリット

VRをプレイしている女性のイメージ

従来のWeb2.0では、GoogleやFacebookなどの巨大企業がプラットフォームを運営し、膨大な量のユーザーデータを収集・管理していました。しかし、Web3.0ではブロックチェーン技術を活用することで、中央集権的なプラットフォームに依存することなく、ユーザー自身がデータや価値を管理できます。

このWeb3.0がもたらすメリットは多岐にわたります。その中でも特に重要な点をいくつかご紹介します。

データや情報のセキュリティ性が向上する

Web3.0では、データが分散型台帳であるブロックチェーン上に記録されるため、改ざんや漏洩のリスクが大幅に低くなります。従来のWeb2.0では、ハッキングなどの被害によって個人情報が流出する恐れがありましたが、Web3.0であればその心配はありません。

具体的には、以下の点が従来のWeb2.0と比べて格段に向上しています。

  • 改ざん耐性:ブロックチェーンは、すべての参加者によって共有される分散型台帳です。データの一部を改ざんするには、ネットワーク全体の51%以上のコンピューターを乗っ取る必要があり、事実上不可能です。
  • 透明性:ブロックチェーン上のすべての取引は、公開台帳に記録され、誰でも閲覧できます。データの透明性を高め、不正行為を防止するのに役立ちます。
  • 暗号化:ブロックチェーン上のデータは、高度な暗号化技術によって保護されています。これにより、ハッカーなどの不正アクセスからデータを安全に守ることができます。

ユーザーのプライバシーの保護される

Web2.0では、企業がサービスを提供するために、ユーザーからさまざまな個人情報を収集していました。しかし、近年では、プライバシー意識の高まりから、ユーザーは個人情報の取り扱いに対してより慎重になっています。

Web3.0では、ユーザー自身がデータを管理するため、企業が勝手に個人情報を収集・利用できなくなります。ユーザーにとって非常に重要なメリットです。具体的には、Web3.0では、以下のような仕組みでプライバシーを保護できます。

  • 自己主権型アイデンティティ:ユーザーは、独自のデジタルアイデンティティを作成し、管理できます。氏名や住所などの個人情報を含めることもできますが、必須ではありません。ユーザーは、必要な情報のみをサービス提供者と共有できます。
  • ゼロ知識証明:ユーザーは、個人情報を明かすことなく、特定の属性を証明できます。例えば、年齢が18歳以上であることを証明したい場合、ゼロ知識証明を用いることで、生年月日を明かすことなく証明できます。

仲介手数料を削減できる

Web2.0では、ユーザーがサービスを利用する際に、仲介業者への手数料を支払う必要がありました。例えば、音楽配信サービスを利用する場合は、プラットフォーム運営者への手数料が徴収されます。

しかし、Web3.0では企業とユーザーが直接取引できるため、従来のWeb2.0で必要だった仲介業者への手数料を支払う必要がなくなります。これは、ユーザーにとっても企業にとっても大きなメリットとなります。

具体的には、Web3.0では、以下のような仕組みで仲介手数料を削減することができます。

  • 分散型アプリケーション(DApps):DAppsは、ブロックチェーン上で動作するアプリケーションです。DAppsは、中央集権的なサーバーを必要としないため、仲介業者を介さずにサービスを提供できます。
  • スマートコントラクト:スマートコントラクトは、自動的に実行されるプログラムです。スマートコントラクトを用いることで取引を自動化し、仲介業者の介入を排除できます。

コンテンツの真偽判定し、信頼性を保てる

Web2.0では、フェイクニュースや偽情報が拡散される問題がありました。これは、ユーザーが情報の真偽を判断することが難しい場合があるためです。しかし、Web3.0ではブロックチェーン技術によって、コンテンツの真偽を容易に判定することができます。ブロックチェーンは、すべての取引記録がネットワーク上の参加者全員に共有されるため、コンテンツの改ざんや偽造を検知しやすくなります。

具体的には、Web3.0では、以下のような仕組みでコンテンツの真偽を判定できます。

  • ハッシュ値:ハッシュ値は、コンテンツの固有の値です。ハッシュ値はブロックチェーン上に記録されるため、コンテンツが改ざんされたかどうかを検証できます。
  • デジタル署名:デジタル署名は、コンテンツの作成者を証明するもの。デジタル署名を用いることで、コンテンツが本物であることを確認できます。

Web3.0投資などで稼ぐ方法

大量のユーロ紙幣

近年注目を集めているWeb3.0は、従来のインターネットとは異なりユーザーが主役となる分散型インターネットとして、様々な可能性を秘めています。そして、Web3.0には新しい収益化の手段も生まれています。そこで、Web3.0投資で稼ぐ5つの方法をご紹介します。

方法①:仮想通貨投資

Web3.0を代表する技術の一つであるブロックチェーン技術を用いて発行された仮想通貨は、価格変動が大きいため、投資対象として人気を集めています。おすすめ仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、2023年1月には1 BTC = 約220万円でしたが、将来的には1億円に達するのではないかという予想もあります。

仮想通貨投資で稼ぐ方法は、大きく2つあります。

  • 値上がり益を狙う仮想通貨プレセール仮想通貨ICO)で安い時に仕入れ、高くなった時に売却することで利益を得る方法です。
  • 金利収入を得る:一部の仮想通貨やミームコインは、預けることで金利を得ることができます。

仮想通貨投資は、価格変動が大きいため、リスクも高い点も注意が必要。投資する前に、十分な知識を身につけることが重要です。

方法②:NFT投資

NFTは、ブロックチェーン技術を用いて発行されたデジタル資産です。画像、音楽、動画など、様々なものをNFTとして所有できます。NFTは、唯一無二の価値を持つため、希少性の高いNFTは高値で売買されることがあります。

NFT投資で稼ぐ方法は、大きく3つあります。

  • 希少性の高いNFTを購入して、高値で売却する:有名アーティストの作品や、ゲーム内アイテムなどが該当します。
  • NFTを作成して販売する:自分で創作した作品などをNFT化して販売できます。
  • NFTゲームで遊んで稼ぐ:NFTを使ったゲームの中には、プレイすることで報酬を得られるものがあります。

NFT投資はまだ新しい市場であり、詐欺なども存在するため十分な注意が必要です。

方法③:NFTゲーム

NFTを使ったゲームで稼ぐこともできます。ゲーム内で獲得したアイテムをNFT化して売却したり、ゲームプレイ自体で報酬を得たりすることができます。代表的なNFTゲームとしては、Axie InfinityやThe Sandboxなどが挙げられます。

NFTゲームで稼ぐためには、初期費用が必要となる場合が多いです。また、ゲーム内経済の状況によっては、稼げない場合もあります。

方法④:DeFiで運用

DeFiは、中央管理者を介さずに金融サービスを利用できる仕組みです。従来の金融機関よりも手数料が安く、利回りが高いというメリットがあります。

DeFiで稼ぐ方法は、大きく3つあります。

  • レンディング:自分の持っている仮想通貨を貸し出して、金利を得る方法です。
  • ステーキング:特定の仮想通貨を預けて、報酬を得る方法です。
  • 流動性マイニング:取引所に仮想通貨を預けて、取引の仲介役を務めることで報酬を得る方法です。

DeFiは複雑な仕組みであるため、初心者にはハードルが高いかもしれません。投資する前に、十分な知識を身につけることが重要です。

方法⑤:メタバース

メタバースは、仮想空間上で交流したり、経済活動を行ったりできるプラットフォームです。メタバース(仮想通貨)で稼ぐ方法はまだ模索段階ですが、以下のような方法が考えられます。

  • メタバース内の土地や建物を売買する:メタバース内の土地や建物は、NFTとして所有できます。
  • メタバース内でイベントを開催する:コンサートや展示会などのイベントを開催して、入場料や広告収入を得ることができます。
  • メタバース内で商品やサービスを販売する:3Dモデルやアバターなどの商品やサービスを販売できます。

メタバースはまだ発展途上であるため、将来性が不確実であるというリスクがあります。

まとめ

本記事では、Web3.0の基礎知識からおすすめ仮想通貨の買い方、稼ぎ方まで解説してきました。

Web1.0からWeb3.0へと、インターネットは常に進化を続けています。それぞれの時代には異なる特徴があり、課題もありました。Web3.0は、これまでの課題を解決し、より自由で安全なインターネットを実現しようとする試み。まだ発展途上の段階ですが、今後、インターネットのあり方を変革していく可能性を秘めていると言えるでしょう。

Web3.0の発展とともに、新たな爆上げ仮想通貨が現れることは必定です。Web3.0に関する情報収集をして、インターネットのトレンドに波乗りしていきましょう。

About ReadWrite’s Editorial Process

The ReadWrite Editorial policy involves closely monitoring the tech industry for major developments, new product launches, AI breakthroughs, video game releases and other newsworthy events. Editors assign relevant stories to staff writers or freelance contributors with expertise in each particular topic area. Before publication, articles go through a rigorous round of editing for accuracy, clarity, and to ensure adherence to ReadWrite's style guidelines.

junpei S.
Editor

フリーランス12年目のブロガー兼ReadWriteライター。2024年3月から仮想通貨専門のライターとしての活動も開始。ビットコイン、イーサリアムなどの主要通貨から注目銘柄まで、幅広い層に合わせた記事を執筆。CryptoNews Japanなど複数の暗号資産メディアに寄稿している。

関連ガイド

Get the biggest tech headlines of the day delivered to your inbox

    By signing up, you agree to our Terms and Privacy Policy. Unsubscribe anytime.

    Tech News

    Explore the latest in tech with our Tech News. We cut through the noise for concise, relevant updates, keeping you informed about the rapidly evolving tech landscape with curated content that separates signal from noise.

    In-Depth Tech Stories

    Explore tech impact in In-Depth Stories. Narrative data journalism offers comprehensive analyses, revealing stories behind data. Understand industry trends for a deeper perspective on tech's intricate relationships with society.

    Expert Reviews

    Empower decisions with Expert Reviews, merging industry expertise and insightful analysis. Delve into tech intricacies, get the best deals, and stay ahead with our trustworthy guide to navigating the ever-changing tech market.