Home 仮想通貨プレセールの最新ランキング7選を徹底解説【2024年】

仮想通貨プレセールの最新ランキング7選を徹底解説【2024年】

仮想通貨市場は、常に革新と進化を続けています。そして、近年注目を集めているのが、「プレセール」と呼ばれる投資方法です。

これは、仮想通貨が取引所に上場する前に限定された投資家へ販売する仕組みで、将来的な値上がりを期待して投資するチャンスとして注目されています。

そして仮想通貨市場におけるプレセール は、投資家にとって大きなチャンスと同時に、未知なるリスクを伴う冒険のようなものです。まだ公式に市場に流通していない新興プロジェクトのトークンをいち早く手に入れる機会である一方、詐欺やプロジェクトの失敗など、多くの落とし穴も潜んでいます。

この記事では、2024年のおすすめ仮想通貨プレセール情報や、プレセールの仕組みについて解説します。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 more
  • 開始数分で売上54万ドル超、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
  • SOL送金でエアドロップ!独自プレセール
Project Launched
2024年3月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • プレセール資金調達額1500万ドルを目指す
  • VR+ARゲーミング仮想通貨の市場トップを走る
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
Project Launched
2024年1月
Meta
AI
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • プレセール数量限定、1日100万ドル爆売れ中
  • 大量報酬のイーサリアムステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値でプレセール開始
Project Launched
2024年3月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
Project Launched
2023年12月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップを開催
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • 期間限定!リンク先から購入すると10%割引
Project Launched
2024年2月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • USDT
    USDT
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
Project Launched
2023年6月
Meta
ブロックチェーン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more
  • プレセール資金調達額1200万ドルを突破
  • ステーキングでビットコイン・マイニングに参加
  • BTCMTXトークンのステーキングAPY90%超
Project Launched
2023年9月
Meta
ビットコインマイニング
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more

2024年に期待の仮想通貨プレセール銘柄一覧

本記事でご紹介する、2024年に期待の仮想通貨プレセール銘柄一覧がこちらになります。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– 現在プレセール実施中の注目のマルチチェーン仮想通貨。プレセールに参加することで、DEX上場前にトークンを低価格で手に入れられる。
  2. Slothana(SLOTH):革新的なプレセール方式とコミュニティ主導のマーケティング戦略で注目を集めたソラナベースのミームコイン。プレセールは価格段階上昇ではなく、先着順でSOLを送金するシンプルな方式で短期間に約61万ドルの資金調達に成功。
  3. 5thScape(5SCAPE):VR技術に特化したメタバースプロジェクト。現在進行中のプレセールでは、すでに150万ドル(約2億2000万円)以上の資金調達に成功。
  4. Dogecoin20(DOGE20):ドージコイン(DOGE)の精神を受け継ぎつつ、革新的なステーキング機能を搭載したICOミームコイン。イーサリアムネットワーク上でERC-20トークンとして誕生し、独自のステーキングシステムによって不労所得を得ることを可能にしたプロジェクト。
  5. Sponge V2(SPONGEV2):2023年5月に登場し、100倍高騰を記録したミームコイン「Sponge V1」の後継プロジェクト。独自のプレイ・トゥ・アーン(P2E)ゲームで遊びながら、報酬を獲得できる。最低40%という驚異的なAPYで、Sponge V2トークンを増やすことが可能。
  6. Smog Token(SMOG):従来の仮想通貨とは異なる「プレセールなし」のフェアローンチ方式を採用。取引開始後36時間で4,700%以上という驚異的な上昇を記録。
  7. eTukTuk(TUK):AIとブロックチェーン技術を駆使し、発展途上国の交通問題と環境問題を同時に解決することを目指す。プレセールではすでに220万ドル(約3億2000万円)を突破。
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX):イーサリアムのスマートコントラクトに基づいた革新的な「Stake-to-Mine」システムを採用。プレセールは既に1200万ドルを超える資金調達に成功している。

仮想通貨のプレセールとは?

プレセールとは、仮想通貨プロジェクトがICO(Initial Coin Offering)やIEO(Initial Exchange Offering)などの公開前に、限定期間で早期投資家向けにトークンを販売することです。プロジェクトは、ホワイトペーパーやロードマップなどを公開し、投資家に対してプロジェクトのビジョンや将来性などをアピールします。

投資家は上場前に割引価格でトークンを購入することができ、将来的に価値が上昇すれば、大きな利益を得られる可能性があります。プレセールで販売されるトークンは発行量が少ないことが多く、希少性の高いトークンとなりやすいからです。

また、プロジェクトチームが開発資金を調達し、プロジェクトの認知度を高め、コミュニティを形成するための重要な手段でもあります。

仮想通貨プレセールの意味合い

プレセールには、プロジェクト側と投資家にとってそれぞれ異なる意味合いがあり、双方にとって大きな可能性と同時にリスクも存在します。

プロジェクト側にとってのプレセール

プレセールは、プロジェクトが公式なICOやIEOを行う前に資金調達を行い、開発やマーケティング活動を加速させるための重要な手段です。

  • 資金調達: プロジェクトの初期段階において、必要な資金を早期に確保できます。
  • コミュニティ形成: 早期投資家との繋がりを築き、プロジェクトの認知度向上やコミュニティ形成に役立ちます。
  • 市場調査: プレセールを通じて、トークンに対する市場の評価を把握できます。

一方、プロジェクト側には以下のようなリスクも存在します。

  • プレセール価格の失敗: プレセール価格設定を誤ると、投資家からの資金を集められず、プロジェクトが頓挫する可能性があります。
  • 情報の透明性: プロジェクトの詳細情報やホワイトペーパーの内容が不透明だと、投資家からの信頼を得られず、資金調達が困難になります。
  • 規制対応: 各国の仮想通貨規制に準拠していない場合、法的な問題に発展する可能性があります。

投資家にとってのプレセール

プレセールは、将来的に価値が上昇する可能性のあるトークンを、市場価格よりも安く購入できるチャンスです。

  • 早期購入による割引: 通常のICOよりも安い価格でトークンを購入できます。
  • 将来的な利益: プロジェクトが成功すれば、トークンの価値が上がり、大きな利益を得られる可能性があります。
  • プロジェクトへの貢献: プロジェクトの初期段階から参加することで、プロジェクトの成功に貢献できます。

しかし、投資家にとって以下のリスクも存在します。

  • 詐欺: 詐欺プロジェクトに投資してしまうと、資金を失う可能性があります。
  • プロジェクトの失敗: プロジェクトが失敗すると、トークンの価値が下がり、損失が発生します。
  • 流動性の低さ: プレセールで購入したトークンは、すぐに売却できない場合があります。

仮想通貨プレセールおすすめランキング【2024年最新版】

仮想通貨市場は近年目覚ましい成長を遂げ、投資家にとって魅力的な選択肢となっています。中でも、まだ市場に出回る前に購入できる「プレセール」は、高い利益を得られる可能性を秘めています。

しかし、プレセールには詐欺も多く存在するため、参加には慎重な判断が必要です。

そこで今回は、2024年最新のおすすめ仮想通貨プレセールを、ランキング形式でご紹介します。

1位:Dogecoin20(DOGE20)

ミームコインの中でもドージコイン(DOGE)は代表格の存在であり、その成功を踏襲しつつ更なる進化を遂げた仮想通貨として期待されているのが、Dogecoin20(DOGE20)になります。

Dogecoin20が注目される理由は、以下になります。

  • ドージコインの精神を受け継ぐ革新的なミームコイン:Dogecoin20は、ドージコインのユーモア性を受け継ぎつつ、ステーキング機能による不労所得の獲得や、環境負荷を抑えたPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の採用など、革新的な要素を取り入れています。
  • 高利回りのステーキング機能で不労所得を実現:Dogecoin20の最大の特徴は、ステーキング機能です。保有するDOGE20をウォレットに預けるだけで、年間240%という高利回りの報酬を獲得できます。これは、他の仮想通貨と比較しても非常に魅力的な数字です。
  • 将来的な価格上昇への期待:Dogecoin20は、ドージコインの成功例を踏襲しつつ更なる進化を遂げていることから、将来的な価格上昇への期待が高まっています。現在プレセール期間中で、開始から数日で260万ドル(約3億8000万円)を突破し、さらにプレセール終了後は大手分散型取引所Uniswapへの上場も予定されており、投資家からの注目度が更に高まることが予想されます。

Dogecoin20は、ミームコインの未来を担う可能性を秘めた革新的な仮想通貨です。プレセールはこのプロジェクトに早期に参加し、将来的な利益を得られる貴重なチャンスと言えるでしょう。

Dogecoin20の価格予想では、2030年にはプレセール価格の約1,000倍まで伸びるとのことです。購入したい方は、Dogecoin20の買い方を参考にしてみて下さい。

2位:Slothana(SLOTH)

今、投資家たちの間で話題となっているのが、ソラナベースのミームコイン「Slothana(SLOTH)」です。Slothanaは、従来のミームコインとは一線を画す革新的なプレセール方式で注目を集めました。

このプレセールでは、価格の段階的な上昇ではなく、先着順でSOLを送金することでトークンを購入できる仕組みを採用しました。

Slothanaが注目される理由は、以下になります。

  • 革新的なプレセール方式: 先着順エアドロップ型プレセールは、FOMOを刺激し、短期間で約61万ドルの資金調達に成功しました。
  • コミュニティ主導のマーケティング: 熱心なファンコミュニティが形成されており、情報拡散や価格上昇に貢献。X(旧Twitter)でわずか2回の投稿でトレンド入りを果たしました。
  • ソラナブロックチェーンの高速・低コストな取引: スムーズな取引を実現し、ユーザーにとって利便性の高いコインとなっています。
  • 市場トレンドとの合致: ソラナベースのミームコインブーム、ビットコイン半減期、Doge Dayなど、市場全体の活発化と相乗効果を生み出す可能性があります。

これらの要素から、Slothanaは億り人を生み出す可能性を秘めた、注目のミームコインと言えるでしょう。

Slothanaは現在プレセール段階であり、今後さらなる情報開示やコミュニティの成長によって、注目度がさらに高まることが予想されます。

Slothanaの価格予想からは1,000倍リターンを狙えるとのことで、爆益を狙いたい投資家はSlothanaの買い方をチェックして、見逃さないようにしましょう。

3位:5thScape(5SCAPE)

仮想通貨市場では常に新しいプロジェクトが登場し、投資家たちの注目を集めています。その中でも、近年特に注目を集めているのが、メタバース関連のプロジェクトです。

メタバースとはインターネット上の仮想空間のことで、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの技術を用いて、現実とは異なる世界を体験することができます。

そんなメタバース市場に特化した仮想通貨プロジェクト「5thScape(5SCAPE)」が、現在プレセールを実施中です。5thScapeは、VRゲームやVR映画などのコンテンツ開発に注力しており、遊びながら稼げる夢を実現しようとしています。

5thScapeが注目される理由は、以下になります。

  • VR特化型メタバース: 5thScapeは、VR技術に特化したメタバースプロジェクトです。VRゲームやVR映画など、VR技術を活用した様々なコンテンツを提供予定です。
  • 遊びながら稼げる: 5thScapeでは、ゲームをプレイすることで報酬を獲得することができます。楽しみながら稼げる、まさに夢のような世界を実現しようとしています。
  • 好調なプレセール: 5thScapeのプレセールは現在進行中ですが、すでに150万ドル(約2億2000万円)以上の資金調達に成功しています。投資家からの注目度の高さが伺えます。

5thScapeはまだ立ち上がったばかりのプロジェクトですが、VR市場は今後数年間で爆発的に成長すると予測されているため、5thScapeの今後も大きな成長が期待されています。

また、5thScapeは遊びながら稼げるという点も大きな魅力です。ゲーム好きやメタバースに興味がある人は、5thScapeの買い方を参考に購入してはいかがでしょうか。

4位:Sponge V2(SPONGEV2)

仮想通貨市場で話題沸騰中の「Sponge V2」。2023年に爆発的な成長を遂げたスポンジボブトークン「Sponge V1」の後継として登場し、早くも投資家たちの注目を集めています。

Sponge V2は、革新的なステーキングシステムとユーティリティを導入することで、従来のミームコインの枠を超えた進化を遂げています。

Sponge V2が注目される理由は、以下になります。

  • 高APYのステーキング報酬:Sponge V2は、業界でもトップクラスのAPY(年換算利回り)を提供するステーキングシステムを導入しています。長期保有することで、資産を大きく増やすことができます。
  • プレイ・トゥ・アーン(P2E)で楽しみながら稼ぐ:Sponge V2は、独自のプレイ・トゥ・アーン(P2E)ゲームを開発中です。ゲームを楽しみながら、Sponge V2トークンを獲得できます。
  • 大手取引所への上場確実:Sponge V1は、複数の主要取引所に上場されており、高い流動性を実現しています。Sponge V2も、V1同様の上場が期待されます。

Sponge V2は現在、プレセール期間中です。そしてSponge V2のプレセールは従来のICOとは異なり、独自の「Stake-to-Bridge」システムを採用しています。これは、既存のSponge V1トークンをステーキングすることで、新しいSponge V2トークンを獲得できるというものです。

Sponge V2の価格予想からは、将来的に100倍の高騰が期待されています。プレセールに参加すれば億り人への夢も現実になるかも知れないのでSponge V2の買い方をチェックしておきましょう。

5位:Smog Token(SMOG)

多くの新規仮想通貨プロジェクトはプレセールと呼ばれる事前販売を実施し、一般投資家よりも早期投資家への利益を優先する傾向があります。

そんな中、2024年2月に誕生したミームコイン「Smog Token(SMOG)」は、プレセールを一切行わず、すべての投資家に平等な購入機会を提供するフェアローンチモデルを採用することで、大きな注目を集めています。

Smog Tokenが注目される理由は、以下になります。

  • 公正なフェアローンチ:Smog Tokenはプレセールではなく、誰でも平等に購入できるフェアローンチモデルを採用しています。これにより、早期投資家による利益独占を防ぎ、すべての投資家に公平な利益機会を提供します。
  • 充実したエアドロップ:Smog Tokenはトークン保有者やコミュニティ貢献者に対して、エアドロップと呼ばれる無料配布を実施します。これは、Smog Tokenの認知度向上とコミュニティ形成に貢献し、プロジェクト全体の成長を促進します。
  • 長期的なロードマップ:Smog Tokenは単なるミームコインではなく、長期的なビジョンに基づいたロードマップを掲げています。イーサリアムLPとステーキングなど、将来性のある展開を計画しており、投資家にとって長期的な利益をもたらす可能性を秘めています。

Smog Tokenは史上最大級のエアドロップキャンペーンを実施予定で、保有者やコミュニティ貢献者への報酬として総供給量の35%を割り当てる計画は、投資家だけでなくコミュニティ全体を活性化する革新的な試みと言えるでしょう。

まだ誕生したばかりのプロジェクトですが、その革新的な取り組みは仮想通貨市場に大きなインパクトを与える可能性を秘めており、Smog Tokenの今後は期待できるでしょう。

今すぐ購入したい方は、Smog Tokenの買い方を参考にしましょう。

6位:eTukTuk(TUK)

eTukTuk(TUK)は、東南アジアを中心に利用されている三輪タクシー「トゥクトゥク」を電気自動車に置き換えることで、環境問題と経済格差という二つの課題解決を目指す、まさに革新的な取り組みです。

eTukTukのプレセールはすでに開始されており、220万ドル(約3億2000万円)という驚異的な売上高を記録しています。これは、投資家からの高い期待を裏付ける数字と言えるでしょう。

eTukTukが注目される理由は、以下になります。

  • 環境への貢献:従来のガソリンエンジン車に比べ、電気自動車はCO2排出量を大幅に削減できます。eTukTukは、EVトゥクトゥクとEV充電ステーションの普及を通じて、環境負荷の少ない持続可能な交通システムの実現を目指します。
  • 経済発展への貢献:eTukTukは、EVトゥクトゥクのドライバーに最大400%の収益向上をもたらす可能性を秘めています。さらに、ブロックチェーン技術を活用した透明性の高い運営と収益分配システムにより、発展途上国の経済発展にも貢献します。
  • 実用性の高い仮想通貨「TUK」:TUKトークンは、eTukTukエコシステムの基軸通貨として、EVトゥクトゥクの利用料や充電ステーションの利用料など、様々な場面で活用されます。また、ステーキングによる不労所得の獲得も可能です。

eTukTukは、環境問題と経済格差という二つの大きな課題を解決できる、まさに未来への投資と言えるでしょう。eTukTukの価格予想では、2030年末までに0.88ドルまで爆上げするとのことです。

プレセールはすでに開始されていますがまだ参加可能なので、eTukTukの買い方を参考にして、この機会にプレセールへの参加を検討してみてはいかがでしょうか?

7位:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)はイーサリアムのスマートコントラクトとWeb3.0技術を駆使し、個人投資家にとって参入障壁が高いとされていた従来のマイニングの課題を克服したプロジェクトです。

Bitcoin Minetrixが注目される理由は、以下になります。

  • 革新的なマイニングシステム「Stake-to-Mine」:従来のマイニングとは異なり、高額なマイニング機器を購入する必要や専門知識は不要で、BTCMTXトークンをステーキングするだけでマイニングに必要なクレジットを獲得し、ビットコインマイニングに参加できます。
  • 高い収益性:Bitcoin Minetrixの公式発表によると、年間収益率(APY)は650%を超えると予想されています。これは、従来のマイニングと比較しても非常に高い数値です。
  • 期待される成長性:Bitcoin Minetrixはすでに多くの投資家から注目を集めており、今後大手取引所への上場も期待されています。上場後は流動性が高まり、さらに価格上昇が加速する可能性があります。

Bitcoin Minetrixのプレセールは好調で、すでに1200万ドル超の資金調達に成功しています。これは、投資家からの高い期待の表れと言え、Bitcoin Minetrixの今後も期待していいでしょう。Bitcoin Minetrixはビットコインマイニングを民主化し、誰でも億り人へのチャンスを掴める可能性を秘めたプロジェクトです。

この波に乗りたい方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考にしながら、購入してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨プレセール情報の探し方

仮想通貨のプレセール情報は、様々な情報源から入手できます。以下は、代表的な情報源です。

  • プロジェクト公式サイト:プロジェクト公式サイトでは、ホワイトペーパーやロードマップなどの詳細情報を確認することができます。
  • 仮想通貨情報サイト:仮想通貨情報サイトでは、プレセール情報やプロジェクトレビューなどを閲覧することができます。
  • SNS:X(旧Twitter)やTelegramなどのSNSでは、プロジェクトチームの最新情報やコミュニティの意見を確認することができます。

仮想通貨情報サイト

仮想通貨情報サイトには、以下のようなものがあります。

  • CoinGecko:仮想通貨のデータプラットフォームで、プレセール予定のプロジェクト一覧や詳細情報を提供しています。
  • CoinMarketCap:仮想通貨市場のデータと情報を提供するサイトで、プレセール予定のプロジェクトのカレンダーを掲載しています。
  • Launchpad:バイナンスのプラットフォームで、新しいトークンのプレセールをサポートしています。
  • TrustPad:DeFiプロジェクトのプレセールを行うプラットフォームで、信頼性のあるプロジェクトを選択できます。
  • BSCPad:バイナンススマートチェーン(BSC)上でプレセールを行うプラットフォームで、プロジェクトの詳細情報を提供しています。

これらのサイトでは、プレセール予定のプロジェクト一覧や、プロジェクトの詳細情報を確認することができます。

仮想通貨プレセールが注目される理由

プレセールが注目される理由は、以下のような点が挙げられます。

将来性の高いプロジェクトに早期投資できる

プレセールは、プロジェクトの初期段階で投資できるため、将来性の高いプロジェクトにいち早く参画できる可能性があります。上場後に価格が大幅に上昇する可能性も高いため、大きな利益を得られるチャンスとなります。

割安な価格でトークンを購入できる

プレセールでは、上場後の価格よりも割安な価格でトークンを購入することができます。将来的に価格が上昇すれば、大きな利益を得られる可能性があります。

プロジェクトの成長に貢献できる

プレセールに参加することで、プロジェクトの資金調達に貢献できます。プロジェクトが成功すれば、トークンの価値も上昇する可能性が高くなります。

まとめ

2024年、仮想通貨市場は大きな変革期を迎えます。ビットコイン半減期やビットコインETFの承認など、強気相場到来を予感させるニュースが続々と飛び交い、投資家たちの期待が高まっています。

投資の成功確率を高めるためには、プレセールへの参加が有効な手段の一つです。プレセールは、プロジェクトの初期段階でトークンを安く購入できる機会であり、将来的に大きな利益を得られる可能性があります。

本記事では将来性のある分野に焦点を当て、各プロジェクトの特徴やプレセール情報など2024年に投資すべき注目プロジェクトを数多く紹介しました。

2024年は、仮想通貨で億り人になるチャンスが訪れる可能性があります。しかし、それにはリスクを理解した上で、慎重な投資判断を行うことが必要です。

本記事で紹介したランキングや情報などを参考に、自身のリスク許容度や投資目的に合ったプロジェクトを選びましょう。

About ReadWrite’s Editorial Process

The ReadWrite Editorial policy involves closely monitoring the tech industry for major developments, new product launches, AI breakthroughs, video game releases and other newsworthy events. Editors assign relevant stories to staff writers or freelance contributors with expertise in each particular topic area. Before publication, articles go through a rigorous round of editing for accuracy, clarity, and to ensure adherence to ReadWrite's style guidelines.

junpei
Editor

フリーランス12年目のブロガー兼ReadWriteライター。個人ブログは月間最高15万PV超え。2024年3月から仮想通貨専門のライターとしての活動も開始。ビットコイン、イーサリアムなどの主要通貨から注目銘柄まで、幅広い層に合わせた記事を執筆。

Get the biggest tech headlines of the day delivered to your inbox

    By signing up, you agree to our Terms and Privacy Policy. Unsubscribe anytime.

    Tech News

    Explore the latest in tech with our Tech News. We cut through the noise for concise, relevant updates, keeping you informed about the rapidly evolving tech landscape with curated content that separates signal from noise.

    In-Depth Tech Stories

    Explore tech impact in In-Depth Stories. Narrative data journalism offers comprehensive analyses, revealing stories behind data. Understand industry trends for a deeper perspective on tech's intricate relationships with society.

    Expert Reviews

    Empower decisions with Expert Reviews, merging industry expertise and insightful analysis. Delve into tech intricacies, get the best deals, and stay ahead with our trustworthy guide to navigating the ever-changing tech market.