Home 仮想通貨の投資は儲かる?損しない稼ぎ方や注意点を徹底解説

仮想通貨の投資は儲かる?損しない稼ぎ方や注意点を徹底解説

仮想通貨は現在、最も熱い投資先の1つです。2009年に突如として現れた世界初の仮想通貨、ビットコインは多くの億り人を輩出しています。

当記事では、仮想通貨への投資はまだ儲かるのかを解説します。その他にも、堅実な仮想通貨の稼ぎ方、将来性のある銘柄を選ぶ方法、そして投資の際の注意点もご紹介。これから仮想通貨への投資を始めようとしている方はぜひ最後までご覧ください。

仮想通貨投資でどれくらい儲かるのか?【実例紹介】

仮想通貨投資でどれくらい儲かるのかを判断するには、過去の事例を元に判断するのがいいでしょう。以下では、過去に価値が爆上げした仮想通貨をいくつか見ていきます。

ビットコイン

2009年に彗星の如く現れた世界初の仮想通貨がビットコインです。誕生当初はその価値が認められず、1BTCは1円以下でした。その後、ビットコインは以下のように価格を推移しました。

  • 2017年12月:約200万円
  • 2021年11月:約776万円
  • 2024年03月:約1030万円

この間にもいくつか乱高下を経験していますが、1円以下の価値からここまでの上昇を遂げているため、初期に投資していた方は莫大なリターンを得ていると考えられます。

なお、2024年4月に実施された半減を経て、ビットコインは今後も価値が向上すると期待されています。

イーサリアム

2015年に登場したイーサリアムは現在、市場価値2位を誇るアルトコインです。今年2024年には過去最高値となる「1ETH = 約61万円」を記録。誕生時は「1ETH = 347円」であったことを考えると、1000倍以上の値上げを見せたということになります。

登場以来、イーサリアムはスマートコントラクト機能を持つプラットフォームとして注目され続けています。契約の自動実行を可能にするスマートコントラクトは、仲介者を必要とせずに取引を行うことができるとして、金融サービス、サプライチェーン管理、不動産取引など幅広い分野で利用が拡大中。今後も目が離せない仮想通貨の1つです。

ドージコイン

ドージコインは2013年にジョークとして誕生したミームコインですが、その後、インターネットコミュニティや有名人の支持を受けて急速に価値を上げました。特に2021年にはイーロン・マスクのツイートを受けて「1DOGE = 0.68ドル」に達し、大きな注目を集めました。最初はほとんど価値がなかったドージコインですが、その後の急騰により、数千倍のリターンを得たトレーダーも少なくありません。

仮想通貨投資が今後も儲かると言われる理由

パソコンの画面に映る複数枚のビットコイン

仮想通貨投資が今後も儲かると言われる理由は大きく以下3つです。

  • 2025年は仮想通貨の次のバブル
  • 中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入
  • Web3.0の進化

それぞれ詳しく見ていきます。

2025年は仮想通貨の次のバブル

来年2025年は、仮想通貨に精通する方であれば待ち遠しい年となっています。なぜなら、仮想通貨の次のバブルがやってくると期待されている年であるためです。過去の周期から見ると、ビットコインの半減期(ビットコインの新規発行料が半減されること)から12〜18ヶ月後に大きな価格上昇が見られます。

2024年4月に半減期があったため、2025年の4月〜8月あたりに価値が爆発すると予測できます。バブルが発生すれば他の通貨の価値も上昇すると期待できるため、仮想通貨で儲かる確率は比較的高くなると言えるでしょう。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入は、仮想通貨投資の未来に大きな影響を与える要因の1つです。CBDCは各国の中央銀行が発行するデジタル通貨で、デジタル資産の利用や認知が急速に広がると期待されています。CBDCの導入が進むことで、仮想通貨全体に対する信頼性が向上して、より多くの人々が仮想通貨市場に参入することでしょう。

また、CBDCの普及により、デジタル決済や国際送金の効率化が図られ、仮想通貨の実用性がさらに高まる可能性もあります。いずれにせよ、既存の仮想通貨への需要も増加して、市場成長を促進する要因となることでしょう。

Web3.0の進化

ブロックチェーン技術を基盤とした次世代インターネットであるWeb3.0の発展で、分散型アプリケーション(DApps)やメタバースの普及が急速に進んでいます。従来の中央集権的なシステムから脱却し、透明性やセキュリティが向上したサービスの作成が容易になりました。

特に、金融サービスやデジタル資産の管理が大きく変化。Web3.0の発展に伴い、仮想通貨投資の市場はさらなる成長を遂げると予測されています。

仮想通貨で儲かる仕組み

ビットコインを右手でつまむ男性

仮想通貨投資は、株やFXなど他の投資とは異なる特徴を持っていおます。仮想通貨投資で儲かる仕組みを理解することで、投資で成功する確率を上げましょう。特に理解しておくべき5つの特徴は以下のとおりです。

  • 高いボラティリティとリスク
  • 24時間取引と高い流動性
  • 低い参入障壁とグローバルなアクセス
  • 多様な投資手法と高い収益性
  • 高度なセキュリティと技術的理解の必要性

それぞれ詳しく見ていきます。

高いボラティリティとリスク

仮想通貨市場のボラティリティ(価格変動の大崎さ)は、他の市場と比較しても非常に高いです。

価格が短期間で大きく変動するため、短い期間でも高いリターンを狙えます。しかし、この高い変動性は同時に大きなリスクも伴い、短期間で大きな損失を被る可能性もあるということです。

市場のニュースや規制の変更、テクノロジーの進展など、さまざまな要因に敏感に反応するため、常に市場の動向を注視して臨機応変に対応する柔軟性が必要となります。

24時間取引と高い流動性

株やFXなど他の市場はトレードできない時間帯・期間がありますが、仮想通貨の市場は24時間365日オープンしています。トレーダーは自身の都合に合わせた取引ができます。

さらに仮想通貨の流動性は高く、取引が頻繁に行われるため、大量の売買が比較的容易に行える点も魅力的です。

低い参入障壁とグローバルなアクセス

仮想通貨への投資は、インターネット環境とデバイスがあれば誰でも簡単に始めることができます。従来の株式投資や不動産投資に比べて初期投資額が少なく、取引手数料も低いため、投資を始めやすいと言えるでしょう。

また、仮想通貨取引所は世界中で利用可能であり、国境を越えた投資が容易に行える点も大きな特徴です。

多様な投資手法と高い収益性

仮想通貨投資には、現物取引、デリバティブ取引、ステーキング、イールドファーミングなど、さまざまな投資手法があるのも大きな特徴です。トレーダーは自分のリスク許容度や投資目的に応じて最適な手法を選ぶことができます。

特にDeFi(分散型金融)を利用した投資手法は、高い利回りを狙えるため、多くの投資家が注目しています。

高度なセキュリティと技術的理解の必要性

仮想通貨に限らず、投資を始める際にはセキュリティ対策を万全に行うようにしましょう。投資のようにお金が集まる場所ではハッキングや詐欺が集まりやすいのも事実です。ウォレットの管理や取引所のセキュリティ設定など、適切な対策を講じないとハッキングや詐欺に遭うリスクが高まります。

仮想通貨やブロックチェーン技術に関する基本的な理解が求められるため、技術的な知識を持つことが投資の成功に繋がるため事前のリサーチと学習が必要です。

仮想通貨のおすすめ投資方法10選

パソコンの画面に映る複数枚の仮想通貨

仮想通貨投資の方法にはさまざまなアプローチがあります。初心者から経験者まで幅広く対応できる投資方法があり、それぞれの特性やリスク、リターンを理解することが重要です。

以下では、代表的な仮想通貨の稼ぎ方を解説します。

  1. 現物取引
  2. プレセール
  3. ステーキング
  4. マイニング(採掘)
  5. デリバティブ取引
  6. DeFi(分散型金融)
  7. ICO/IEO投資
  8. エアドロップ
  9. NFTコンテンツ
  10. イールドファーミング

①現物取引

現物取引は、仮想通貨を実際に購入し、そのまま保有する投資方法です。例えば、ビットコインを購入してウォレットに保管し、価格が上昇したタイミングで売却することで利益を狙います。現物取引はシンプルで理解しやすく、長期的な投資を考えている人に適していると言えるでしょう。

現物取引は、売買を繰り返すことで短期的な利益を生み出すことも可能です。市場の動向を見極め、適切なタイミングで売買を行うことで、価格差から利益を得ることができます。ただし、市場の変動が大きいため、リスク管理が鍵となります。

②プレセール

仮想通貨プレセールとは、新しい仮想通貨プロジェクトが、取引所に上場前に投資家に対して限定的に仮想通貨を販売する期間のことです。利点は、一般公開前に割引価格で購入できること。早期に投資しておけば、取引所に上場した後、莫大なリターンを得ることができます。

その他にも初期投資家ならではの特別な優遇やステーキングへの参加などの恩恵も受けられます。

③ステーキング

ステーキングは、特定の仮想通貨を保有して、ネットワークの運営に貢献することで報酬を得る方法です。イーサリアム2.0やCardano(カルダノ)などに代表されるProof of Stake(PoS)というコンセンサスメカニズムを採用する仮想通貨で行われます。

ステーキングは比較的低リスクで、安定した収益を期待できる方法です。ステーキングを行うことで、保有する仮想通貨を動かさずに利息のような報酬を得ることができます。

④マイニング(採掘)

マイニングは、主にビットコインの稼ぎ方の1つとされています。ビットコインに代表されるProof of Work(PoW)を採用する仮想通貨の取引を承認し、新しいコインを生成する作業です。マイニングには専用のハードウェアと高い電力消費が必要ですが、成功すれば新たなコインを獲得できます。

マイニングは技術的な知識と初期投資が必要なため、仮想通貨の初心者には難しいかもしれません。しかし、クラウドマイニングという方法もあり、これは第三者の施設を利用してマイニングを行うもので、初期コストを抑えつつマイニングに参加することができます。

⑤デリバティブ取引

デリバティブ取引は、仮想通貨の価格に連動する金融商品の売買を行う方法です。代表的なものとしては、先物取引やオプション取引があります。先物取引は将来の特定の時点で仮想通貨を売買する契約を行い、価格変動によって利益を狙います。一方、オプション取引は特定の価格で仮想通貨を売買する権利を取引する方法です。

デリバティブ取引は、市場の動向を予測するスキルが求められ、リスク管理が非常に重要です。レバレッジを利用することで少ない資金で大きな取引が可能となりますが、同時に損失リスクも増大するため注意が必要です。

⑥DeFi(分散型金融)

DeFi(分散型金融)は、ブロックチェーン技術を利用した金融サービスを提供するプラットフォームを活用する方法です。代表的なサービスには、貸し出し、流動性供給、イールドファーミングなどがあります。DeFiプラットフォームでは、仲介業者を介さずにユーザー同士が直接取引を行い、利息や手数料収入を狙えます。

DeFiは従来の金融システムと異なり、透明性が高く、アクセスしやすいことが特徴です。また、高利回りを期待できると多くのトレーダーからも注目を集めています。ただし、スマートコントラクトの脆弱性や規制の変化など、リスクが存在する点には注意が必要です。

⑦ICO/IEO投資

仮想通貨ICO(Initial Coin Offering)とIEO(Initial Exchange Offering)は、新しい仮想通貨プロジェクトが資金調達を行うために発行するトークンを購入する方法です。ICOはプロジェクトが直接トークンを販売するのに対し、IEOは取引所が仲介してトークンを販売します。成功すれば、トークンの価値が上昇し、大きな利益を得ることができます。

ICO/IEO投資はプロジェクトの成功に依存するため、事前に十分なリサーチが必要となります。また、詐欺プロジェクトも存在するため、信頼性のあるプロジェクトに投資することが重要です。

⑧エアドロップ

仮想通貨エアドロップは、仮想通貨プロジェクトが宣伝やユーザー獲得を目的として、無料でトークンを配布するイベントのことです。特定のウォレットを持っているか、SNSでプロジェクトをフォローするなど、特定の条件を満たすことで無料でトークンを受け取ることができます。

エアドロップはリスクが少ないため、特にこれから仮想通貨への投資を始める方にはおすすめの方法だと言えます。ただし、価値が上がらない場合も多いため、あくまで無料のボーナスとして捉えるのが良いでしょう。また、信頼性の低いエアドロップに参加すると、詐欺に遭うリスクがあるため注意が必要です。

⑨NFTコンテンツ

NFT(Non-Fungible Token)コンテンツは、デジタルアートや音楽、ゲーム内アイテムなどの所有権をブロックチェーン上で証明するトークンです。NFTを購入、売却、または作成することで利益を得ることができます。

NFTは独自性が高く、コレクターズアイテムとしての価値が認められています。しかし、市場はまだ新しく、価格の変動が激しいため、投資にはリスクも伴います。

⑩イールドファーミング

イールドファーミングは、DeFiプラットフォームに仮想通貨を預けることで、取引手数料や報酬を得る方法です。仮想通貨を流動性として提供することで、高い利回りを期待できます。

しかし、イールドファーミングには高いリターンが期待できる反面、リスクも伴います。スマートコントラクトの脆弱性や価格変動による損失のリスクが存在します。事前に十分なリサーチを行い、信頼性の高いプラットフォームを選ぶことが重要です。

仮想通貨投資でコツコツ稼ぐためのコツ

パソコンの上にある複数枚の仮想通貨

仮想通貨投資での稼ぎ方で重要なのは、長期視点でコツコツ稼ぐことです。なぜなら、ボラティリティ(価格変動)が大きく、短期視点で取引すると損する可能性が高くなるためです。

仮想通貨で儲かる確率をアップさせるために、下記のポイントに気をつけましょう。

徹底的なリサーチと情報収集

投資を成功させるためには、まず投資対象となる仮想通貨やプロジェクトについて徹底的に調査することが不可欠です。信頼できる情報源を活用し、最新のニュースや市場の動向を常にチェックしましょう。

また、仮想通貨やブロックチェーン技術に関する継続的な学習も重要です。知識を深めることで、投資判断の精度を高めることができます。

リスク管理とポートフォリオの多様化

仮想通貨に限らず、投資には常にリスクが伴います。投資額を決める際には自分のリスク許容度を考慮して、余剰資金で投資を行うことが大切です。

また、複数の仮想通貨に分散投資するのもいいでしょう。ポートフォリオの多様化は、安定して成果を上げるための基本戦略です。特定の通貨の価格変動によるリスクを軽減することができます。

長期的な視点と冷静な判断

仮想通貨市場は非常に変動が激しいため、短期的な価格変動に左右されない長期的な視点が重要です。市場の一時的な動きに惑わされず、長期的な成長を期待して投資を続けることが求められます。

また、恐怖や欲望に基づいた感情的な取引を避け、冷静で理性的な判断を下すことが成功への鍵です。

技術的分析と市場のチェック

仮想通貨市場の動向を予測するためには、チャートの読み方や技術的な指標の理解が必要です。これにより、市場のトレンドや価格の動きを予測しやすくなります。

さらに、仮想通貨市場は常に変動しているため、定期的に市場の動きをチェックし、必要に応じてポートフォリオを調整することが大切です。

セキュリティ対策

仮想通貨を安全に管理するためには、ウォレットのセキュリティを強化することが重要です。ハッキングや詐欺から資産を守るために、二段階認証やハードウェアウォレットを利用しましょう。

ま秘密鍵の管理にも注意を払い、セキュリティ意識を高めることが大切です。適切なセキュリティ対策を講じることで、安全に仮想通貨を保有し、安心して投資を続けることができます。

将来有望な仮想通貨の見分け方

たくさんのコインの上に立つビットコイン

これから仮想通貨への投資を考えている方は、今後伸びる可能性がある通貨へ投資することが大切です。仮想通貨の各銘柄に将来性があるのか見分けるための判断基準を5つ紹介します。

  • 開発状況をロードマップで確認する
  • プラットフォームの需要を評価する
  • 開発資金の健全性を確認する
  • コミュニティの活動状況を確認する
  • パートナーシップと提携先の質を確認する

それぞれ詳しく見てみましょう。

開発状況をロードマップ・ホワイトペーパーで確認する

プロジェクトの進行状況や計画を示すロードマップとホワイトペーパーは、その仮想通貨がどのような目標を持ち、どの程度の進展を遂げているかを把握するための重要なツールです。精査することでプロジェクトの信頼性や実現可能性を判断することができます。

例えば、おすすめの仮想通貨銘柄の1つであるCardano(カルダノ)のロードマップは詳細かつShelley、Goguen、Basho、Voltaireなど、段階的に具体的な目標を設定して進捗も公開しています。開発が順調に進んでいるプロジェクトは信頼性が高まって価値も向上するため頻繁に確認するのがおすすめです。

プラットフォームの需要を評価する

需要の高いプラットフォームは、多くのユーザーや開発者が関与しており、エコシステムが活発に成長している証拠です。

例えばイーサリアムは、スマートコントラクトのプラットフォームとして非常に高い需要があります。多くのDeFiやNFTのプロジェクトがEthereum上で構築されており、そのネットワークは多岐にわたるユースケースを持ち、需要は急増。このように、需要の高いプラットフォームは長期的にも成長の可能性が高く、投資の安全性と収益性を期待できます。

開発資金の健全性を確認する

プロジェクトの開発資金の状況も重要な指標です。しっかりとした資金が確保されているか、資金調達の透明性が確保されているかを確認します。

例えば、Polkadot(ポルカドット)は、Web3 FoundationとParity Technologiesからの資金援助を受けており、ICOで大きな成功を収めました。

資金不足や不透明な資金管理は、プロジェクトの進行に大きな障害となるため、注意が必要です。

コミュニティの活動状況を確認する

アクティブなコミュニティは、仮想通貨プロジェクトの成功に不可欠です。SNSやフォーラムでの活動状況、開発チームとのコミュニケーション、サポート体制などを確認しましょう。

例えば、Shiba Inu Coin(シバイヌコイン/柴犬コイン)は非常にアクティブなコミュニティを持ち、特にSNS上での活動が活発です。コミュニティが積極的にプロジェクトをサポートし、ShibaSwapなどの独自のプラットフォームの開発を推進しているように、コミュニティが活発であることは、その仮想通貨の普及や価値向上を大きく左右します。

パートナーシップと提携先を確認する

信頼性の高い企業やプロジェクトとのパートナーシップは、その仮想通貨の信頼性や実用性を高めます。

例えば、Chainlink(チェーンリンク)は多くの企業やプロジェクトと提携しています。例えば、Google Cloudとの提携により、スマートコントラクトに外部データを安全に供給するオラクルサービスの提供を実現。このような信頼性の高いパートナーシップは、Chainlinkの信頼性と実用性を高める一因となっています。

仮想通貨投資で損しないための注意点

仮想通貨投資は高いリターンが期待できる一方で、リスクも伴います。損失を最小限に抑えるためにも、以下3つのポイントに注意するようにしましょう。

  • 相場の変動が激しい
  • 税金・確定申告が発生する
  • 仮想通貨の犯罪対策を施す

それぞれ詳しく解説します。

相場の変動が激しい

仮想通貨市場は非常にボラティリティが激しいです。例えば、ビットコインの価格は一日に数パーセントから数十パーセントも変動することも少なくありません。ビットコインで一夜にして儲かることもあれば、大きな損失を被ることもあります。

投資を始める前に、自分がリスクを許容できるかどうかを慎重に考え、過度な投資は避けるようにしましょう。

税金・確定申告が発生する

仮想通貨取引で得た利益には税金がかかります。日本では、仮想通貨の利益は雑所得として課税され、その税率は他の収入と合算されるため、累進課税となります。利益が大きくなると、税金の額も増えるため、確定申告・納税の準備を怠らないことが重要です。

仮想通貨の犯罪対策を施す

仮想通貨は匿名性が高いため、詐欺やハッキングなどの犯罪に巻き込まれるリスクも存在します。例えば、仮想通貨取引所がハッキングされ、多額の仮想通貨が盗まれる事件も過去に発生しています。

投資する際は、信頼性の高い取引所を選び、二段階認証やハードウェアウォレットなどのセキュリティ対策を講じることが重要です。また、怪しい投資話や高利回りを謳うプロジェクトには慎重に対応しましょう。

仮想通貨投資におすすめの取引所

仮想通貨投資を成功に導くためには、取引所の選定も非常に重要です。ここではおすすめの取引所を3つ紹介します。あなたの好みに適した取引所を選ぶようにしましょう。

Bybit

Bubitの公式サイト - トップ画面

仮想通貨投資を始めるなら、Bybitがおすすめです。Bybitは使いやすいインターフェースと高い流動性が特徴で、初心者から上級者まで幅広く対応。特に、レバレッジ取引が可能な点は、少ない資金で大きなリターンを狙う投資家にとって大きな魅力です。

また、24時間体制のカスタマーサポートは日本語に対応しているため、英語が苦手でも問題なく利用できます。もちろんセキュリティ対策も万全で、ユーザーの資産を安全に管理している点も魅力です。教育リソースも豊富で、マーケット分析やトレーディング戦略に関する情報も充実しているため、初心者でも学びながら投資を始めることができます。

MEXC

MEXCの公式サイト - トップ画面

MEXCは、世界中で人気を誇る取引所であり、豊富な種類の仮想通貨を取り扱っています。手数料が低く、取引コストを抑えたい方にとって非常に魅力的な選択肢です。

さらに、初心者向けの教育コンテンツも充実しており、取引を始める際のサポートが充実。初心者でもスムーズに取引を開始できる環境が整っています。MEXCを利用することで、多様な仮想通貨取引を安心して楽しめるでしょう。

OKX

OKXの公式サイト - トップ画面

OKXは、多機能で魅力的な取引所として、多くのトレーダーに支持されています。先物取引やステーキングなどの幅広いサービスを提供。初心者から経験者まで、様々なユーザーのニーズに応えています。特にモバイルアプリは取引手数料が低く、直感的な操作性で使いやすいと評判です。セキュリティ面でも高評価を受けており、安心して取引を行うことができます。

また、OKXは高度な分析ツールを備えており、市場の動向をリアルタイムで把握することができるため、投資戦略を立てる際にも非常に便利です。OKXを利用することで、効率的かつ効果的なトレーディングが実現できるでしょう。

仮想通貨投資の始め方

仮想通貨投資を始めるには、まず信頼性の高い取引所を選ぶことが重要です。ここでは、Bybitを例に仮想通貨の買い方を紹介します。

  1. アカウントの作成
  2. 本人確認(KYC)の実施
  3. 資金の入金
  4. 取引の開始
  5. 資産の管理

それぞれ詳しく見てみましょう。

アカウントの作成

Bybitの公式サイトにアクセスし、新規アカウントを作成します。メールアドレスとパスワードを入力し、認証コードを受け取って入力することで登録が完了します。

本人確認(KYC)の実施

セキュリティを強化するために、本人確認(KYC)を行います。身分証明書や住所証明書をアップロードし、取引所の指示に従って手続きを完了させます。

資金の入金

アカウントが作成され、KYCが完了したら、次に資金を入金します。Bybitでは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨での入金が可能です。自分のウォレットからBybitの指定アドレスに仮想通貨を送金します。

取引の開始

入金が確認されたら、いよいよ取引を開始します。Bybitの取引画面から希望の取引ペアを選び、注文タイプ(指値注文、市場注文など)を設定して取引を実行します。

資産の管理

取引を行った後は、資産の管理が重要です。ポートフォリオの状況を定期的に確認し、市場の動向に応じて適切に資産を調整します。また、二段階認証(2FA)を設定して、アカウントのセキュリティを強化することも忘れずに行いましょう。

Bybitを利用することで、初心者でも安心して仮想通貨投資を始めることができます。取引所の使い勝手の良さやサポート体制の充実が、スムーズな投資活動をサポートしてくれます。

仮想通貨投資に関するよくある質問

仮想通貨への投資は今からでも遅くないですか?

仮想通貨投資はどれくらいの利益が期待できますか?

未成年でも仮想通貨へ投資できますか?

仮想通貨投資におすすめの取引所は?

仮想通貨で稼ぐためのコツは?

まとめ

1枚のビットコイン

仮想通貨への投資は、その高いボラティリティとリスクから慎重なアプローチが求められますが、適切なリサーチとリスク管理を行うことで大きなリターンを得る可能性も秘めています。2025年に期待される次の仮想通貨バブルや中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入、そしてWeb3.0の進化は、仮想通貨市場の成長を後押しする重要な要因となるでしょう。

仮想通貨投資を始める際には、信頼性の高い取引所を選び、セキュリティ対策を万全に行うことが大切です。これからの仮想通貨市場の動向を注視し、長期的な視点を持って冷静に判断することで仮想通貨で儲かる確率を高めていきましょう。

About ReadWrite’s Editorial Process

The ReadWrite Editorial policy involves closely monitoring the tech industry for major developments, new product launches, AI breakthroughs, video game releases and other newsworthy events. Editors assign relevant stories to staff writers or freelance contributors with expertise in each particular topic area. Before publication, articles go through a rigorous round of editing for accuracy, clarity, and to ensure adherence to ReadWrite's style guidelines.

Taichi K.
Editor

2018年に仮想通貨投資を始める。以降、専門的な知識を深めながら同分野でライターとしても活動を開始。ここ数年は、仮想通貨やiGamingに関する深い理解を活かして複数のメディアで多くの記事を執筆。

関連ガイド

Get the biggest tech headlines of the day delivered to your inbox

    By signing up, you agree to our Terms and Privacy Policy. Unsubscribe anytime.

    Tech News

    Explore the latest in tech with our Tech News. We cut through the noise for concise, relevant updates, keeping you informed about the rapidly evolving tech landscape with curated content that separates signal from noise.

    In-Depth Tech Stories

    Explore tech impact in In-Depth Stories. Narrative data journalism offers comprehensive analyses, revealing stories behind data. Understand industry trends for a deeper perspective on tech's intricate relationships with society.

    Expert Reviews

    Empower decisions with Expert Reviews, merging industry expertise and insightful analysis. Delve into tech intricacies, get the best deals, and stay ahead with our trustworthy guide to navigating the ever-changing tech market.