Home 【最新版】ビットコインの今後の将来性や価格予想を徹底解説

【最新版】ビットコインの今後の将来性や価格予想を徹底解説

ビットコインは世界初の仮想通貨として有名で、多くの人が今後の動向を気にしています。仮想通貨と言えばビットコインが最初に思い浮かぶほど広く認知されているビットコインですが、今後は2024年に半減期が訪れ、供給の減少から価値が上がりつつあります。また、2024年1月11日にアメリカで現物型ビットコインETFが承認され、投資家から多くの注目を集めています。

本記事では、ビットコインの今後の見通しや将来性のある理由4選などを解説していきます。「ビットコインは今後どうなるの?」「ビットコインはどこまで上がる?」と思う方は、ぜひ最後までご覧ください。

ビットコインの今後の見通しを分析

デスクトップにビットコインチャートが映る様子

ビットコインの今後の見通しを分析するために、今年2024年のビットコインの価格動向を見ていきましょう。

2024年のビットコインの価格動向

ビットコインのチャート

2024年のビットコインは、ビットコイン現物ETFの承認期待を背景に、大きく上昇しました。高騰後は高値圏で推移していましたが、2024年1月に現物ETFの正式承認が報じられると、さらに勢いを増し、一時は1BTCあたり700万円台の価格で取引されるまでになりました。その後、事実売りや調整が入り、500万円台まで価格が下落したものの、2024年2月には再び780万円台を記録し、円建て最高値を更新しました。

この勢いは3月に入っても続き、ついに1000万円の大台に乗せました。 特筆すべきは、2024年3月にドル建てでも過去最高値を更新したことです。これまでは円建てでの最高値更新が話題でしたが、ドル建てでも最高値を記録したことで、ビットコインの価値が国際的にも認められつつあることが明らかになりました。ビットコインは2024年4月に4度目の半減期が到来しており、高騰の好材料が複数あります。ビットコインのこれからは大いに期待できるでしょう。

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコインが地面に落ちる様子

ビットコインは、2009年に「サトシ・ナカモト」によって開発された、世界初の分散型デジタル通貨です。中央管理者や発行主体が存在せず、P2P(ピアツーピア)ネットワークを介して取引が行われるのが特徴です。 ブロックチェーン技術を基盤とし、取引記録の改ざんが極めて困難とされています。総発行枚数が2100万枚に限定されており、希少性が価値を支えています。

ビットコインは送金や決済に利用できるほか、投資対象としても注目されており、従来の金融システムに依存せずに取引できること、国境を越えた送金が迅速かつ低コストで行えることが大きな利点です。 価格変動の大きさ、規制の不確実性、スケーラビリティの問題などの課題も指摘されていますが、新技術の開発や法整備が進められています。ビットコインは、新しい経済システムの可能性を秘めた存在であり、Web3.0時代においてその将来性に注目が集まっています。

99Bitcoinsはビットコインを学びながら稼げる仮想通貨

99Bitcoinsは、仮想通貨取引の初心者でも安心して利用できるように設計された「学びながら稼ぐ」という独自の仮想通貨です。シンプルな取引所機能に加え、「Bitcoins Starter Kit」と呼ばれる入門用のコースも用意されているため、初心者でもステップバイステップで学習できます。ユーザーは学ぶことで99Bitcoinsトークンを獲得することも可能です。

99Bitcoinsを保有することで、下記の特典も受けられます。

  • 限定トレードのウェビナー視聴
  • ステーキング報酬の獲得
  • VIPコミュニティへの参加
  • 特別トレーニングコースへの参加

多くの人に利益をもたらすことを目指すプラットフォームです。自動化と教育を両立させた、わかりやすく利便性の高いサービスが人気の理由と言えるでしょう。 99Bitcoinsは、仮想通貨を学びながら儲かる可能性が高い次世代の仮想通貨。今後に期待し、学びながら儲ける体験をしたい方は99bitcoinsの買い方をチェックし、購入を検討してみてください。

ビットコイン(BTC)の特徴4選

ビットコインが宇宙に散らばる様子

続いて、ビットコインの特徴4選を解説していきます。

  • 発行枚数が決まっている
  • 中央に管理者がいない
  • PoWで管理している
  • いつでも世界中に送金できる

発行枚数が決まっている

ビットコインは、一部のアルトコインと違い、2100万枚に限定されていることから、希少性が高い通貨の一つになります。発行枚数の上限は、創設者であるサトシ・ナカモト氏が設定したもので、中央銀行のように無制限に通貨を発行できる従来の金融システムとは対照的です。

2023年3月時点で約1930万枚が既に発行されており、上限の92%近くに達しています。ビットコインは約10分ごとに発行されていますが、4年ごとの「半減期」により発行ペースは徐々に遅くなります。2033年までに全体の99%が供給される一方で、残りの1%の発行には約100年かかる予定です。

ビットコインのチャート最終的な発行上限には2140年頃に到達すると予想されています。ビットコインの発行枚数が決まっているという特性は、他の仮想通貨や法定通貨とは異なる特徴を持ち、投資家にとって大きな魅力となっています。

中央に管理者がいない

ビットコインの革新的な特徴の一つは、中央管理者が存在しないことです。管理者がいる法定通貨のシステムでは、中央銀行や政府が通貨の発行や管理を行っていますが、ビットコインはこれらの中央機関なしで運営されています。 代わりに、ビットコインのネットワークは世界中に分散したコンピューター(ノード)によって維持されています。

新しいビットコインの発行も「マイニング」と呼ばれるプロセスを通じて自動的に行われます。中央管理者がいないことで、ビットコインには検閲耐性、透明性、信頼性、グローバル性といったメリットがあり、従来の金融システムとは全く異なる新しい可能性を提示しています。

PoWで管理している

ビットコインは管理者がいないので、Proof of Work(PoW)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用しています。マイニングというプロセスを通じて新しいビットコインが生成され、取引が承認されるシステムのことです。 PoWの主な利点は、高いセキュリティです。マイニングには膨大な計算能力が必要なため、ネットワークへの攻撃が非常に困難になります。一方で、PoWには課題があり、高いエネルギー消費による環境への影響や、マイニングの寡占化などが指摘されています。

PoWはビットコインの信頼性と安全性を支える重要な基盤となっており、今後も技術の進化と共に、より効率的で環境に配慮したマイニング方法の開発が期待されています。

いつでも世界中に送金できる

メタバース仮想通貨と同様、ビットコインはブロックチェーン技術を基盤とし、分散型のネットワークで運営されてることから、24時間365日、世界中どこにでも送金できます。 従来の銀行送金と異なり、ビットコインは国境を越えた送金も迅速かつ低コストで行えます。例えば、日本からアメリカへの送金も数分から数十分で完了し、手数料も通常の銀行送金より低く抑えられることが多いです。

時間や場所、金額の制約を受けない送金が可能なビットコインは、グローバル化が進む現代社会でますます重要性を増していくでしょう。

ビットコインの今後の価格予想|銀行・著名人・AI

ビットコインとぼやけたAIチャート

次はビットコインはどこまで上がるか?金融機関・著名人・AIが出すビットコインの年末から5年後、10年後の最新価格予想を見ていきます。

  1. JPモルガン
  2. ピーター・ティール氏
  3. アーサー・ヘイズ氏
  4. マイケル・セイラー氏
  5. AI(人工知能)

ビットコイン価格予想①:JPモルガン

アメリカ大手投資銀行のJPモルガンは「ビットコインは長期目線で15万ドルまで上がる」と予想してます。

ビットコインの価格は金(ゴールド)の価格と密接な関係があるとされています。具体的には、ビットコインの時価総額が金の時価総額の約50%に達する可能性があると予測しています。ビットコインが「デジタルゴールド」としての地位を確立し、投資家たちの間で価値貯蔵手段として広く認識されるようになるという見方に基づいているそうです。

ビットコイン価格予想②:ピーター・ティール氏

ペイパルの共同創業者として知られるピーター・ティール氏は、「ビットコインの価格が100倍になる可能性がある」と予想してます。

現在の価格から計算すると、1BTCは約10億円になります。柴犬コインなどのミームコイン並に上がるというかなり大きな予想を出しています。ピーター・ティール氏は、価格上昇が金融システムの崩壊を示唆する可能性があると指摘し、現行の金融システムを強く批判しました。ビットコインに否定的な金融界の重鎮たちを「金融地帯の敵」と呼び、彼らの見解が時代遅れだと主張しているほど、ビットコインに期待してることがわかります。

ビットコイン価格予想③:アーサー・ヘイズ氏

仮想通貨取引所BitMEXの元CEOであるアーサー・ヘイズ氏は、「ビットコインは2026年までに100万ドルに達する可能性がある」と予想し、仮想通貨界隈で大きな話題を呼びました。 アーサー・ヘイズ氏の予測の根拠は、主に下記の二つの要因に基づいています。

  • 世界経済の不安定さ
  • ビットコインの希少性

これらの要因が重なることで、ビットコインが「デジタルゴールド」としての地位を確立し、従来の金融資産からの資金シフトが加速すると予測しています。結果として100万ドルという驚異的な価格に到達する可能性があると主張しているのです。

ビットコイン価格予想④:マイケル・セイラー氏

ビットコイン投資で知られるマイクロストラテジーの共同創設者、マイケル・セイラー氏は、「2024年年末までにビットコインの需要が最大で10倍になる可能性がある」と予想しています。 マイケル・セイラー氏の予測の根拠は以下の通りです。

  • 成長期の主流資産になるため
  • ビットコインの希少性
  • 大手企業が参入してくる

セイラー氏は、ビットコインの価格上昇は単純な投資ではなく、世界経済の構造的な変化を反映したものになると主張しています。

ビットコイン価格予想⑤:AI(人工知能)

最後はAI(人工知能)が出すビットコインの今後の価格を紹介します。今回は「DigitalCoinPrice」を参考に今後の予想を見ていきます。

  • 2024年:14万0873ドル
  • 2025年:16万5153ドル
  • 2026年:23万4574ドル
  • 2027年:29万4923ドル
  • 2028年:29万5234ドル
  • 2029年:34万8326ドル
  • 2030年:48万1004ドル

AIが行うビットコイン価格の予測は多岐にわたりますが、共通して見られる傾向があります。それは、長期的な視点に立った場合、ビットコインの価格が上昇基調を維持するだろうという見方です。ビットコインの予想がAIの言う通りになれば、1000倍仮想通貨のように多くの億り人が生まれるかもしれません。

ビットコインの将来性がある理由5選

ビットコインが神に操られる様子

続いてビットコインが将来性のある仮想通貨として期待される理由を5つ解説していきます。

  • 現物型ETFが承認された
  • ビットコインを利用する企業の増加
  • 時価総額ランキングが1位
  • 法定通貨として採用されている
  • 半減期による供給の減少

現物型ETFが承認された

2024年1月11日、米国証券取引委員会(SEC)がビットコインの現物型ETFを承認しました。これは、ビットコインの将来性を大きく高める出来事です。 現物型ETFの承認により、機関投資家や一般投資家がより簡単にビットコインに投資できるようになりました。BlackRockやFidelityなど大手金融機関の参入は、ビットコイン投資の信頼性を高めています。

ETFの承認は、規制環境の改善を示す重要な指標となっており、ビットコインの従来の金融システムへの統合が進んでいることを示しています。ビットコインの流動性向上や価格の安定性に寄与すると期待されています。セキュリティリスクの低減により、新たな投資家の参入も見込まれます。

ビットコインを利用する企業の増加

ビットコインの将来性を裏付ける重要な要因の一つに、利用する企業の増加があります。大手企業を中心に、決済手段としての導入や資産としての保有が進んでいます。 具体的には以下の企業がビットコインを利用してます。

  • PayPal
  • テスラ
  • コカコーラ
  • ピザハット
  • ビックカメラ

ビットコインを活用するサービスやプロダクトの開発も進んでおり、ライトニングネットワークを利用した決済サービスやビットコインを担保とした融資サービスなども登場しています。これらの動きは、ビットコインの信頼性と実用性を高め、その価値を支える重要な要因となっています。

時価総額ランキングが1位

ビットコインの将来性を示す指標の一つに、圧倒的な時価総額が挙げられます。2024年6月時点で、ビットコインの時価総額は約200兆円に達し、2位のイーサリアムの約3倍、3位のBNBの約14倍という大きな差をつけています。 エアドロップ仮想通貨など時価総額の低い仮想通貨と比べ、時価総額1位のビットコインは、長年の実績と信頼性を築き上げてきたこと、デジタルゴールドとして価値の貯蔵手段と認識されていること、発行上限が2100万枚と決められていることなどの要因で大きく差別化してます。

高い時価総額は機関投資家の参入を促進し、市場の安定性にも寄与しています。大きな市場規模は十分な流動性を提供し、個々の取引が全体の価格に与える影響を小さくするからです。ビットコインが時価総額ランキングで1位を維持し続けていることは、その将来性を強く示唆しています。

法定通貨として採用されている

ビットコインは、法定通貨としての採用されていることから、多くのユーザーに認知が広まることで将来性に影響する可能性があります。2021年にエルサルバドル、2022年に中央アフリカ共和国が、ビットコインを法定通貨として正式に採用しました。この動きは、送金コストの削減や金融サービスへのアクセス向上など、様々な経済的メリットをもたらすと期待されています。

ビットコインの信頼性と安定性を高め、一般の人々にとってより身近な存在になる可能性があります。新しい資金調達方法のICO仮想通貨など、技術面の高さがあることから、法定通貨として採用され、ビットコインの潜在的な可能性の高さを示しています。

半減期による供給の減少

ビットコインは約4年ごとに新規発行量が半分になる「半減期」が起きます。これはビットコインの価値を長期的に支える重要な要因の一つです。半減期の仕組みにより、ビットコインの総供給量は2100万BTCに制限されており、直近の2024年4月の半減期では、1ブロックあたりの報酬が6.25BTCから3.125BTCに減少しました。 半減期は、ビットコインの希少性を高め、需給バランスに影響を与えます。過去3回、半減期後に価格が大きく上昇する傾向が見られました。

2012年の第1回半減期後には約100倍、2016年の第2回半減期後には約20倍、2020年の第3回半減期後には約6倍に価格が上昇しています。 他にも、プレセール仮想通貨やおすすめ仮想通貨も大きく値上がりしています。ビットコインの半減期は仮想通貨市場に良い影響を与えます。

ビットコインの買い方

ビットコインチャートとビットコイン

ここでは今まで解説した将来性のあるビットコインの買い方を紹介していきます。

  1. Bybitで口座開設する
  2. 資金を入金する
  3. 値動きを分析する
  4. ビットコインを購入する

買い方①:Bybitで口座開設する

ビットコインを購入するための第一歩として、信頼性の高い仮想通貨取引所での口座開設が必要です。その中でも、Bybitは初心者にも使いやすく、安全性も高い取引所として注目を集めています。 Bybitでの口座開設は、以下の手順で簡単に行えます。

  • メールアドレスを登録する
  • パスワードを登録する
  • 本人確認をする

24時間体制のカスタマーサポートを提供しており、取引に関する疑問や問題が生じた際にも迅速に対応してもらえます。日本語サポートも充実しているため、言語の壁を心配する必要もありません。 Bybitで口座を開設することで、仮想通貨投資への第一歩を踏み出すことができます。

買い方②:資金を入金する

ビットコイン購入の次のステップは、Bybitに資金を入金することです。

  • 仮想通貨
  • クレジットカード
  • P2P取引

セキュリティの観点から、初回は少額の入金から始め、徐々に取引額を増やすことをおすすめします。入金完了後は、必ず口座残高を確認しましょう。

買い方③:値動きを分析する

Bybitへの入金が完了すれば、いつでも取引可能です。しかし、ビットコインに投資する上で値動きを分析することは、投資のタイミングを見極める上で非常に重要です。ビットコインの価格は、さまざまな要因によって大きく変動する特徴があります。下記の要因を理解し、適切に分析することで、より効果的な投資戦略を立てることができるでしょう。

  • 4年周期の半減期
  • マクロ経済の影響
  • テクニカル分析
  • 著名人の発言
  • 市場センチメント

Bybitが提供する高度な取引プラットフォームでは、テクニカル分析指標が利用可能です。この機能を活用することで、投資家はビットコインの価格動向をより詳細かつ正確に分析することができます。複雑な市場の動きを視覚的に把握し、データに基づいた投資判断を下すのに役立つでしょう。

買い方④:ビットコインを購入する

ビットコインのチャート分析をし、購入タイミングが決まったら、ビットコインを購入してみましょう。

  1. 取引画面で「買う」を選択
  2. 購入したいビットコインの数量を入力
  3. 数量を入力したら、注文の種類(成行注文と指値注文)を選択
  4. 注文方法を選択したら、「購入」ボタンをクリック
  5. 注文が約定すると購入したビットコインが取引所の自分のウォレットに反映されます。

まだBybitの口座をお持ちでない方は、無料かつ5分ほどで簡単に作成できるので、ぜひ利用してみてください。

ビットコインの今後に関するQ&A

仮想通貨と腕を組む男

最後に今後のビットコインに関するよくある質問に対してQ&A形式で解説します。

今後ビットコインが暴落する予想はある?

ビットコインの高騰はいつまでと予想されますか?

ビットコイン半減期とはなんですか?

ビットコインは今買うべきか?

まとめ:ビットコインの今後は明るい

ビットコインが並ぶ様子

今回はビットコインの今後の将来性や価格予想などを解説していきました。ビットコインの将来については、様々な見方が存在しますが、多くの専門家や投資家は長期的にはポジティブな展望を持っています。 価格予想は専門家によって大きく異なり、2026年までに100万ドルを超えるという楽観的な見方から、5万ドルから10万ドル程度とする慎重な予測まで幅広く存在します。

単に価格だけでなく、ブロックチェーン技術の発展や仮想通貨が社会にもたらす可能性のある変革にも注目していく必要があります。 ビットコインは今後、テクノロジー、経済、規制など、様々な要因が複雑に絡み合って形作られていくでしょう。ビットコインの今後に期待してる方、ビットコインに興味のある方は、ぜひこの機会に仮想通貨の買い方を参考に投資を検討してみてください。

About ReadWrite’s Editorial Process

The ReadWrite Editorial policy involves closely monitoring the tech industry for major developments, new product launches, AI breakthroughs, video game releases and other newsworthy events. Editors assign relevant stories to staff writers or freelance contributors with expertise in each particular topic area. Before publication, articles go through a rigorous round of editing for accuracy, clarity, and to ensure adherence to ReadWrite's style guidelines.

Daisuke F.
Editor

ReadWriteライター。2021年よりビットコイン(BTC)やNFTに興味を持ち、暗号資産(仮想通貨)投資を始める。自身のブログメディアでも、仮想通貨やNFTに関する情報を発信している。暗号資産ライターとして、最新トレンドを分かりやすい形で提供している。

関連ガイド

Get the biggest tech headlines of the day delivered to your inbox

    By signing up, you agree to our Terms and Privacy Policy. Unsubscribe anytime.

    Tech News

    Explore the latest in tech with our Tech News. We cut through the noise for concise, relevant updates, keeping you informed about the rapidly evolving tech landscape with curated content that separates signal from noise.

    In-Depth Tech Stories

    Explore tech impact in In-Depth Stories. Narrative data journalism offers comprehensive analyses, revealing stories behind data. Understand industry trends for a deeper perspective on tech's intricate relationships with society.

    Expert Reviews

    Empower decisions with Expert Reviews, merging industry expertise and insightful analysis. Delve into tech intricacies, get the best deals, and stay ahead with our trustworthy guide to navigating the ever-changing tech market.