Home アルトコインのおすすめランキング比較一覧【2024年最新】

アルトコインのおすすめランキング比較一覧【2024年最新】

2009年にビットコインが登場して以来、今では約240万種類以上のアルトコインが誕生しています。アルトコインは種類が多い分、将来性が期待されるものもあれば、市場の期待に応えられず大幅に価値を下げてしまうものも存在します。

本記事では、将来性のあるアルトコインを選ぶコツや2024年期待されてるアルトコイン8選を紹介していきます。「アルトコインは何選べばいいか分からない」「今年アルトコインで有望な銘柄は何?」と思う方は、ぜひ最後までご覧ください。

  • イーサリアムL2チェーンの最新PEPEミーム
  • ステーキングで受動的収入を大量ゲット!
  • 元祖ぺぺコインの成功を再現!独自エコシステムを構築
Project Launched
2024年6月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • Debit
    Debit
  • +1 more
  • MGMESトークン購入で、ミーム界のパリ五輪に参加
  • GameFiイベントに勝利すると、ボーナス報酬あり!
  • ボーナス報酬はスマートコントラクト請求&ステーキング
Project Launched
2024年7月
Meta
ミーム、GameFi
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中も高利回りのステーキング報酬
  • 2日毎に価格上昇!格安購入するなら今
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン、ステーキング
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • P2Eゲームで稼ぐ!たまごっち風ドージ犬
  • 期間限定セール!今夏の注目ミーム通貨
  • プレセール後にバイナンス上場の可能性
Project Launched
2024年5月
Meta
ミームコイン、P2E
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 西部劇にインスパイアされた柴犬ミーム
  • ステーキングで最大2000%超の利回りを提供
  • 友人紹介プログラムでボーナス報酬を獲得!
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more
  • 人気のBaseチェーン発!マルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキングに対応、シェアして稼ぐ新機能
  • コンテンツシェアでポイント獲得、$DAWGZと交換可能
Project Launched
2024年6月
Meta
ミームコイン、Share-to-Earn
Purchase Methods
  • USDT
    USDT
  • BASE
    BASE
  • ETH
    ETH
  • DICEトークンの宣伝で紹介料25%ゲット!
  • カジノプレイヤーへ225万ドル超のエアドロ
  • 業界初!カジノゲームでデイリー報酬を獲得
Project Launched
2024年4月
Meta
GameFi
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • Learn-to-Earnで仮想通貨を学んで稼ぐ!
  • プロの取引戦略を学び、投資で優位に
  • 99BTCステーキングで報酬をゲット!
Project Launched
2024年4月
Meta
Learn to Earn
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • ステーキング+ブリッジ合計2500万ドル超
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場の可能性
Project Launched
2023年12月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit

アルトコインおすすめランキング【2024年最新版】

この記事では、アルトコインのおすすめをランキング形式で比較していきます。今回ご紹介するのは以下のとおりです。

  • Pepe Unchained(PEPU):ペペの愛らしさとレイヤー2技術の融合、ミームコインの枠を超えた新たな可能性を秘めたプロジェクト。
  • The Meme Games(MGMES):パリオリンピック公式ミームコインを目指す、注目のプロジェクト。
  • WienerAI(WAI):AI技術とミーム文化を融合させたユニークなAIトークン。
  • PlayDoge(PLAY):デジタルペット「たまごっち」と、人気のドージキャラクターを組み合わせたモバイルゲーム。
  • Shiba Shootout(SHIBASHOOT):投資とゲームの要素を組み合わせ、コミュニティとの交流を重視したミームコイン。
  • Base Dawgz(DAWGZ):Baseチェーンを主要なプラットフォームとして利用しながら、複数のブロックチェーンに対応した仮想通貨プロジェクト。
  • Mega Dice Token(DICE):数千種類以上のゲームとスポーツベッティングを網羅する仮想通貨カジノプラットフォーム。
  • 99Bitcoins(99BTC):仮想通貨やブロックチェーン技術について学びながら、99BTCトークンを獲得できる画期的なプラットフォーム
  • Sponge V2(SPONGEV2):2023年に100倍成長した「SPONGE」の後継。高利回りステーキング、大手取引所上場期待など魅力満載。

アルトコインとは?

たくさんのイーサリアムが並ぶ様子

アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)のことです。アルトコインは、ビットコインのAlternative(代替)として開発されたことから、その名前がつけられました。

2024年6月現在、仮想通貨のデータを集計・提供するCoinMarketCapのプラットフォーム上には、240万種類を超えるアルトコインが登録されており、各銘柄の情報やチャートを参照できます。

アルトコインとビットコインの違いは?

ビットコインとアルトコインの違いは、以下のとおりです。

  • 機能面の違い:アルトコインはビットコインの技術的な課題を改善したり、新しい機能を追加することを目的に開発されています。
  • 投資としての値動き:仮想通貨市場で最大のシェアを持ち、比較的安定したビットコインの相場予想価格とは違い、高いリターンが期待できる一方で、プロジェクトの失敗や詐欺的なトークンのリスクも高い。
  • 法的な位置づけ:各国の規制当局がビットコインを中心に定めつつありますが、アルトコインの中には証券としての性質を持つものもあり、規制の対象となる可能性があります。

このように、仮想通貨市場におけるビットコインとアルトコインは異なる特徴を持っています。

アルトコインで有望な銘柄一覧【2024年】

たくさんのアルトコインが並ぶ様子

ここからは、有望なアルトコイン新規銘柄の特徴と今後を一覧で紹介します。投資の参考にしてみてください。

    1. Pepe Unchained
    2. The Meme Games
    3. WienerAI
    4. PlayDoge
    5. Shiba Shootout
    6. Base Dawgz
    7. Mega Dice Token
    8. 99 Bitcoins
    9. Sponge V2

 

アルトコインのおすすめ①:Pepe Unchained(PEPU)

ミームコイン市場が盛り上がりを見せる中、Pepe Unchained(PEPU)がプレセールを開始し、初日で20万ドル以上を集めました。このプロジェクトは、イーサリアムのスケーラビリティ問題に対処するため、独自のレイヤー2ブロックチェーンを開発しています。

Pepe UnchainedはPepeという人気ミームを基盤にしていますが、独自のブロックチェーン「Pepe Chain」は、イーサリアムよりも100倍高速で低コストな取引を可能にします。これは、アルトコイン市場において革新的な試みと言えるでしょう。

Pepe Unchainedはレイヤー2技術を活用することで、アルトコイン市場に新たな可能性をもたらします。専用のブロックエクスプローラーや、イーサリアムとのシームレスなブリッジ機能も特徴です。

プレセールでは、ETH、BNB、USDT、または銀行カードを使ってPEPUを購入できます。初期投資家は、トークンをステーキングすることで、1万8000%APY以上と魅力的で、早期購入者には大きなメリットがあります。トークンの配分は、ステーキング報酬30%、プレセール20%、マーケティング20%、残りは流動性、プロジェクト資金、チェーン在庫に分配されます。

Pepe Unchainedは、実用性と技術革新を兼ね備えたプロジェクトです。ミームコイン市場に新たな可能性をもたらすアルトコインとして今後の動向に注目が集まっていて、初期投資家にとって魅力的な選択肢となるかもしれません。

アルトコインのおすすめ②:The Meme Games

 

The Meme Games(MGMES)は、2024年パリオリンピックをテーマにした、遊び心あふれる新しいアルトコインです。ミームコイン界の人気者たちが、オリンピックさながらに競い合うという変わったコンセプトで、プレセール開始早々に10万ドル以上の資金を集め、注目を集めています。

The Meme Gamesはプレセールで購入したトークンで好きなミームキャラクターを選んで応援し、勝利すればボーナスがもらえるというプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲーム要素も楽しめます。

The Meme Gamesの注目ポイントはこちら。

  • 人気ミームコインのキャラクターが勢ぞろい: Dogecoin、Pepe、DogWifHat、Brett、Turboなど、ミームコイン界を代表する人気キャラクターが勢ぞろい。
  • ゲームに参加してボーナスゲット: プレセールで購入したトークンで応援するキャラクターを選び、勝利すれば25%のボーナストークンを獲得可能。
  • 高い年間収益率のステーキング: イーサリアム上でMGMESトークンをステーキングすることで、高額な年間収益率(APY)を得られるチャンス。
  • ミームコイン市場の盛り上がり: 最近のミームコイン市場の活況も、期待感を高める要因の一つ。

The Meme Gamesは、投資とエンターテイメントを融合させた、新しい形のミームコインプロジェクトと言えるでしょう。今後の展開に注目が集まります。

アルトコインのおすすめ③:WienerAI

WienerAIは、AI(人工知能)と犬の組み合わせをテーマにした一風変わったミームコインです。斬新なアイデアが仮想通貨業界で高く評価されています。

  • WienerAIの特徴:2024年4月に誕生したばかりの新しいプロジェクトですが、革新的なアプローチとプロモーション活動により、大きな成果を上げています。
  • ERC-20トークンとして設計:イーサリアムネットワーク上で動作するとされており、スマートコントラクト機能と優れた拡張性を備えています。
  • プロモーション活動:マーケティング戦略を展開し、コミュニティメンバーとの活発な交流を通じて認知度を高めることに注力しています。ローンチからわずかな期間で、すでに330万ドルを超える資金調達に成功しています。

メタバースやAI開発が進む2024年現在、WienerAIの将来性に対する投資家の期待の高さを示しています。WienerAIが気になる方は、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

アルトコインのおすすめ④:PlayDoge

PlayDogeは、ミームを題材としたユニークな仮想通貨プロジェクトです。

ユーザーがPlayDogeを使って2Dモバイルアドベンチャーゲームを楽しみながら、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)によって報酬を獲得できます。

  • ゲームの特徴:プレイヤーが自分だけの仮想ペットを育成し、冒険に連れ出すことができます。ゲームとデジタル通貨を融合させた新しいエンターテインメントです。
  • PlayDogeの価格予測:アナリストの分析によると、2024年末までに1PLAYあたり0.05ドル近くに達する可能性があります。
  • PlayDogeの投資機会:2025年以降に予想される仮想通貨バブルを考慮しても、現在の価格帯である約0.005ドルは、長期的な投資機会としては非常に魅力的です。

PlayDogeは今が仮想通貨投資の絶好のタイミングだと専門家からお墨付きを得ているわけです。下記の仮想通貨プレセールに参加して、大きなリターンを狙ってみましょう。

アルトコインのおすすめ⑤:Shiba Shootout

仮想通貨業界では、コミュニティとの関わりと魅力的なストーリー性を兼ね備えたプロジェクトが人気を集めます。Shiba Shootout(SHIBASHOOT)は、そんな従来のミームコインの枠を超え、参加者に没入型の体験を提供する仮想通貨をテーマにしたゲームです。

プレイヤーは柴犬のカウボーイとなり、高額なバトルやチャレンジに挑戦します。 Shiba Shootout(SHIBASHOOT)は、強固なコミュニティと積極的な参加を促進するさまざまなユーティリティ機能を提供しています。

注目すべき機能は、「Posse Rewards」の紹介プログラムです。ユーザーはShiba Shootoutコミュニティに友人を招待して新規メンバーを増やすことで、より大きな報酬を獲得できます。

さらに、コミュニティのつながりを深めるため、Shiba Shootoutでは定期的に「Campfire Story」というセッションが開催されます。この集まりでは、コミュニティメンバーが仮想通貨やミームコインに関する個人的な経験や知見を共有します。

刺激的な体験と大きな報酬を求める人々のために、「Lucky Lasso Lottery」システムも用意されています。ユーザーはShiba Shootoutトークンを使って貴重な仮想通貨関連の賞品を獲得するチャンスがあります。

Shiba Shootoutのプレセールは、仮想通貨愛好家にも初心者の方にもおすすめできる、アルトコインの新たな選択肢の一つになります。

アルトコインのおすすめ⑥:Base Dawgz

Base Dawgzは、柴犬コインをテーマにしたミームコインで、現在プレセール中の新規銘柄です。柴犬の人気に乗って開発されたこのコインは、すでに70万ドル以上の資金を調達しており、投資家から大きな注目を集めています。

  • Base Dawgzの特徴:イーサリアム、ポリゴン、BNBチェーンなど、複数のブロックチェーンをサポートすることで、より多くのユーザーにリーチできる設計になっています。
  • Base Dawgzの将来性:DEXの開発、NFTの発行、P2Eゲームの提供など、エコシステムの拡充に力を入れています。これらのユーティリティは、実需要を創出し、長期的な価値を担保するものと言えるでしょう。
  • プレセール実施中:現在、Base Dawgzはプレセールを実施中で、プレセール終了後は、PancakeSwapでの上場が予定されており、多くの投資家が取引に参加することが見込まれています。

柴犬コインの購入が人気なのとマルチチェーン対応、豊富なユーティリティを武器に、Base Dawgzは仮想通貨市場に新たな旋風を巻き起こそうとしています。

Base Dawgzに投資してリターンを得てみたいと考えてる方は、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

アルトコインのおすすめ⑦:Mega Dice Token

Mega Dice Tokenは、ソラナブロックチェーンを基盤とするオンラインカジノプラットフォームのトークンです。すでに全世界で5万人以上のアクティブユーザーを獲得しており、人気を博しています。

  • DICEトークンの特徴:ビットコインカジノでよく使用されるトークンと同様の機能を有しており、プラットフォーム内での賭けや報酬に使用されます。
  • DICEトークン活用方法:DICEを保有するユーザーには、毎日のボーナスや特別なゲームへのアクセスなど、様々な特典が提供されます。
  • DICEトークンの価格予想:現在1トークンあたり約0.075ドルで購入できます。一部のアナリストによると、2024年末から2025年にかけてDICEの価格が0.36ドル近くまで上昇する可能性があると予測しています。世界的なオンラインギャンブル市場の拡大が予期されているためです。

仮想通貨投資とオンラインゲームの両方に興味がある方にとって、Mega Dice Tokenは検討に値する選択肢の一つと言えるでしょう。

アルトコインのおすすめ⑧:99 Bitcoins

99 Bitcoinsは、ユニークなアプローチを採用した新しい仮想通貨プロジェクトのトークンです。

99 Bitcoinsは、ユーザーが学習を通じて報酬を獲得できるLearn-to-Earnモデルを導入しています。ユーザーはクイズやゲームに参加することで、かつて1000倍を超えたビットコインやブロックチェーンに関する知識を深めながら、トークンを稼ぐことができます。

ユーザーにとって教育的価値のあるプラットフォームを提供すると同時に、トークンの価値向上も目指しています。プロジェクトチームは、将来的に大手仮想通貨取引所に上場することを目標に掲げており、努力を続けています。

仮に上場が実現すれば、99 Bitcoinsの流動性と認知度が大幅に向上し、トークンの価値が上昇する可能性があります。

学習しつつ稼ぐという魅力的なプロジェクトに興味のある方、期待値の高いアルトコインに投資したい方は、ぜひ99Bitcoinsの買い方をチェックして、投資を検討してみてください。

アルトコインのおすすめ⑨:Sponge V2

Sponge V2は、人気アニメ「スポンジ・ボブ」を題材にした新しいミームコインです。2023年5月に登場したSponge V1の後継プロジェクトとして開発され、改良されたトークノミクスとユニークなコンセプトを特徴としています。

  • Sponge V2プロジェクトの目的:DeFi(分散型金融)エコシステムの拡大に貢献することです。Sponge V2は、ユーザーにステーキングや流動性供給を通じて報酬を獲得する機会を提供し、トークンの価値向上を目指しています。
  • Sponge V2プロジェクトの特徴:プロジェクトは、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)モデルを採用しており、ユーザーはゲームをプレイすることでSPONGEV2トークンを獲得できます。
  • Sponge V2の将来性:プレセール後に主要なDEX(分散型取引所)に上場する予定であり、投資家からの注目度は高まっています。
  • Sponge V2の価格予想:一部のアナリストによると、2025年に訪れると予想される次のブルマーケットで、Sponge V2が大きな成長を遂げる可能性があると期待しています。

ゲーム業界とミームコインの可能性を広げる野心的なプロジェクトです。コインの値上がりだけでなく、同時にゲームで稼いでみたいという方は、下記からプレセールに参加してみてください。

アルトコインに投資するメリット

アルトコインが並ぶ様子

次は、アルトコインに投資するメリットを紹介します。

ハイリターンを狙える

アルトコインに投資する最大のメリットは、何と言ってもハイリターンの可能性です。

ビットコインと比べ、市場規模が小さく、価格変動が大きい傾向にあります。このボラティリティの高さが、大きな利益を生み出すチャンスを提供しているのです。

  • 2017年:ネムが約1年で約300倍、リップルが約200倍に高騰。
  • 2021年:ソラナが約110倍、ポリゴンが約100倍に高騰。

高いリターンを狙える反面、リスクも高いのがアルトコインです。プロジェクトの実力を慎重に見極め、長期的な視点を持って投資することで、高い成長力を味方につけられるはずです。

種類が多く、分散投資ができる

現在、アルトコインは240万を超える種類が存在しており、それぞれが独自の目的や技術を持っています。この多様性は、投資家にとって分散投資の機会を提供しているのです。

分散投資は、リスク管理の面でも大きなメリットがあります。1つのプロジェクトに集中投資するのではなく、複数のアルトコインに分散することで、個別のプロジェクトが失敗した場合の影響を軽減できます。

それに、各アルトコインの価格変動パターンが異なるため、ポートフォリオ全体のボラティリティを抑えることにもつながります。

仮想通貨の知識が身に付く

アルトコインは、ビットコインとは異なる技術や特徴を持っているため、投資する過程で知識を深められることも大きなメリットの一つです。

例えば、イーサリアムを理解するためには、スマートコントラクトやERC20トークンの仕組みを学ぶ必要があります。

アルトコインへの投資は、単なる金銭的なリターンだけでなく、仮想通貨に関する知識や洞察力を身につける機会でもあるのです。

将来性のあるアルトコインを選ぶコツ

月に浮かぶアルトコイン

続いて、無数にあるアルトコインの中から、将来性のあるアルトコインを選ぶコツを解説していきます。

  • 時価総額が高いものを選ぶ
  • 通貨としての使い道があるか
  • 信頼性のある仮想通貨取引所に上場してる
  • トレンドに注目する
  • 最新情報を発信している

時価総額が高いものを選ぶ

時価総額の高いおすすめ仮想通貨は、大口投資家や機関投資家からの注目も集めやすく、長期的な価値の上昇につながる可能性があります。

一方で、アルトコインの中で時価総額の低い銘柄は、取引量が少ないために流動性が低く、売買がスムーズに行えない可能性があります。

時価総額の低いアルトコインに投資する際は、これらのリスクを十分に認識し、慎重に判断することが極めて重要です。

通貨としての使い道があるか

アルトコインが実際に通貨として使用できるかどうかは、将来性を見極める上で重要な要素の1つです。コインが実社会で広く受け入れられ、利用されることで、価値が高まり、長期的な成長が期待できるからです。

例えば、イーサリアムは、スマートコントラクトの機能を備えており、分散型アプリケーションの開発に不可欠な通貨として利用されています。

このように、実社会での使用事例が豊富なアルトコインは、将来の価値上昇が期待できると考えられます。

信頼性のある仮想通貨取引所に上場してる

将来性のあるアルトコインを選ぶコツの1つに、信頼性の高い仮想通貨取引所に上場しているかどうかがあります。優良な取引所に上場しているコインは、一定の審査基準をクリアしており、プロジェクトの信頼性や将来性が認められているからです。

例えば、コインチェックやGMOコインなどの国内大手取引所は、金融庁から仮想通貨交換業者として登録されており、セキュリティ対策や顧客保護に力を入れています。

信頼性の高い取引所に上場しているアルトコインやミームコインは、一定の信頼性が担保されており、将来性も必然的に高くなると言えるでしょう。

トレンドに注目する

将来性の高いアルトコインを見つけるためには、市場のトレンドを的確に把握することが重要です。

  • 2021年のNFT関連プロジェクト:NFTを活用したゲームや、デジタルアートの販売プラットフォームなどが次々と登場し、関連するアルトコインの価格が急騰しました。
  • 2024年現在:AI銘柄やRWA(リアルワールドアセット)銘柄、メタバース仮想通貨が注目を集めています。また、SOL系のミームコインも人気です。

仮想通貨市場のトレンドは目まぐるしく変化します。仮想通貨のエアドロップ情報のように、常に最新の情報を収集し、注目を集めているプロジェクトやテクノロジーを把握することが重要です。

最新情報を発信している

優れたWeb3.0プロジェクトは、公式サイトやSNSを通じて、定期的に進捗状況やアップデート情報を発信しています。

一方で、情報発信が乏しく、開発状況が不透明なプロジェクトは、将来性に疑問符がつきます。最新情報が更新されていないSNSや、開発チームからのコミュニケーションが少ないプロジェクトは、開発が止まってる可能性があります。

透明性が高く、具体的な情報を定期的に提供しているプロジェクトは、将来の成長が期待できる可能性が高いと言えるでしょう。

アルトコインに投資する際の注意点

ビットコインが並ぶ様子

魅力的なメリットがありますが、その裏でアルトコイン投資にも以下のような注意点があります。

価格変動が激しい

ビットコインと比べ、アルトコインの市場規模は小さく、流動性も低いため、少額の取引でも価格が大きく動いてしまいます。

例えば、2017年に多くのICO仮想通貨が数百倍に値上がりしましたが、2018年には一転して大幅に下落しました。

コインの価格変動の激しさは、高いリターンのチャンスである反面、大きなリスクになります。特にSNSやwebで検索しても出てこないようなマイナーなコインは、価格変動が激しいので注意が必要です。

手数料が高いコインもある

アルトコインの中には、送金や売買の際に高額な手数料がかかるものがあります。

特にイーサリアムでは、ネットワークの混雑時に手数料が高騰する傾向があり、2021年5月には1回の取引で平均50ドル以上にまで跳ね上がったこともあります。

取引手数料の高さは投資コストを押し上げるデメリットですが、各プロジェクトの手数料体系を理解し、適切な投資戦略を立てることでリスクを最小限に抑えることが可能です。

詐欺コインが存在する

ビットコインに比べて参入障壁が低く、誰でも簡単に新しいコインを発行できるため、悪意を持った詐欺的なプロジェクトが紛れ込む可能性があります。

過去には多くの詐欺コインが登場し、投資家に多大な損失を与えてきました。例えば、2017年に話題となったビットコネクトは、高額な利息を約束する怪しいプロジェクトでしたが、ポンジスキームであることが発覚し、価値がほぼゼロまで下落しました。

アルトコインの中には、全く価値が上がらない詐欺的コインも存在するため、自身の知識と判断力を磨くことが何よりも大切です。各公式サイトで仮想通貨の買い方やホワイトペーパーを確認することも欠かさないようにしてください。

まとめ:有望なアルトコインはリターンが大きい

イーサリアムが並ぶ様子

今回は有望な銘柄を選ぶコツやおすすめ銘柄などを解説してきました。

アルトコイン投資は、爆上げ仮想通貨も多く、高い収益性が期待できるメリットがあります。その一方で、価格変動の大きさ、プロジェクトの頓挫、詐欺的なスキームなど、大きなリスクも伴うため、本記事で解説した注意点を忘れないようにしてください。

各プロジェクトを徹底的に調査し、長期的な視点を持って投資先を選ぶことが、仮想通貨投資で着実に資産を増やしていく近道となるでしょう。

本記事を参考にしつつ、ビットコインを購入するだけでなく、アルトコインの年と言われる2024年に資産を築いていきましょう。

About ReadWrite’s Editorial Process

The ReadWrite Editorial policy involves closely monitoring the tech industry for major developments, new product launches, AI breakthroughs, video game releases and other newsworthy events. Editors assign relevant stories to staff writers or freelance contributors with expertise in each particular topic area. Before publication, articles go through a rigorous round of editing for accuracy, clarity, and to ensure adherence to ReadWrite's style guidelines.

Daisuke F.
Editor

ReadWriteライター。2021年よりビットコイン(BTC)やNFTに興味を持ち、暗号資産(仮想通貨)投資を始める。自身のブログメディアでも、仮想通貨やNFTに関する情報を発信している。暗号資産ライターとして、最新トレンドを分かりやすい形で提供している。

関連ガイド

Get the biggest tech headlines of the day delivered to your inbox

    By signing up, you agree to our Terms and Privacy Policy. Unsubscribe anytime.

    Tech News

    Explore the latest in tech with our Tech News. We cut through the noise for concise, relevant updates, keeping you informed about the rapidly evolving tech landscape with curated content that separates signal from noise.

    In-Depth Tech Stories

    Explore tech impact in In-Depth Stories. Narrative data journalism offers comprehensive analyses, revealing stories behind data. Understand industry trends for a deeper perspective on tech's intricate relationships with society.

    Expert Reviews

    Empower decisions with Expert Reviews, merging industry expertise and insightful analysis. Delve into tech intricacies, get the best deals, and stay ahead with our trustworthy guide to navigating the ever-changing tech market.