Home 仮想通貨のおすすめ銘柄はどれ?稼ぎ方も徹底解説【2024年】

仮想通貨のおすすめ銘柄はどれ?稼ぎ方も徹底解説【2024年】

2024年、仮想通貨(暗号資産)市場が再び注目されています。新たな投資チャンスが生まれている一方、仮想通貨は種類が豊富なため、どの銘柄に投資すべきか決断するのは至難の業です。特に初心者の方は、ビットコインに投資すべきか、アルトコイン・草コインに投資すべきか迷うはずです。

本記事では、2024年おすすめの仮想通貨銘柄をまとめて紹介します。初心者向けに仮想通貨の選び方や買い方、安定して稼ぐコツも解説。今回の仮想通貨トレンドに乗り遅れないためにも、ぜひ最後まで読み進めてください。

  • P2Eゲームで稼ぐ!たまごっち風ドージ犬
  • 期間限定セール!今夏の注目ミーム通貨
  • プレセール後にバイナンス上場の可能性
Project Launched
2024年5月
Meta
ミームコイン、P2E
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中も高利回りのステーキング報酬
  • 2日毎に価格上昇!格安購入するなら今
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン、ステーキング
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • イーサリアムL2チェーンの最新PEPEミーム
  • ステーキングで受動的収入を大量ゲット!
  • 元祖ぺぺコインの成功を再現!独自エコシステムを構築
Project Launched
2024年6月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • Debit
    Debit
  • +1 more
  • 人気のBaseチェーン発!マルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキングに対応、シェアして稼ぐ新機能
  • コンテンツシェアでポイント獲得、$DAWGZと交換可能
Project Launched
2024年6月
Meta
ミームコイン、Share-to-Earn
Purchase Methods
  • USDT
    USDT
  • BASE
    BASE
  • ETH
    ETH
  • アメコミ「サウスパーク」の最新ミーム
  • エアドロセールで早くも売上300万ドル
  • 有名ミームSLERF運営チームが関与か
Project Launched
2024年5月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • DICEトークンの宣伝で紹介料25%ゲット!
  • カジノプレイヤーへ225万ドル超のエアドロ
  • 業界初!カジノゲームでデイリー報酬を獲得
Project Launched
2024年4月
Meta
GameFi
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • Learn-to-Earnで仮想通貨を学んで稼ぐ!
  • プロの取引戦略を学び、投資で優位に
  • 99BTCステーキングで報酬をゲット!
Project Launched
2024年4月
Meta
Learn to Earn
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • ステーキング+ブリッジ合計2500万ドル超
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場の可能性
Project Launched
2023年12月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 年間利回り145%のステーキング報酬
  • クリプト監査企業Coinsultからお墨付き
Project Launched
2023年6月
Meta
ブロックチェーン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more

仮想通貨はどれがいい?おすすめ比較一覧

仮想通貨に投資する際、どの銘柄を選ぶべきか迷ってしまうと思います。そんな方に向けて、ビットコインやおすすめアルトコインの性能や将来性を比較します。当サイトReadWrite(リードライト)が徹底的に分析した結果であるため、比較一覧に掲載している仮想通貨は安心安全です。

  1. PlayDoge(PLAY):ドージミームとバーチャルペットを組み合わせたP2Eモバイルゲーム。先行販売で20万ドル以上を調達し、大きな注目を集める。
  2. WienerAI(WAI):2024年おすすめのAI×系仮想通貨。ミームコインの要素だけでなく、AIやブロックチェーンの技術の高さも魅力となっています。
  3. Pepe Unchained(PEPU):ペペの進化形ミームコイン、独自のレイヤー2ブロックチェーンで高速・低コスト取引を実現。
  4. Sealana(SEAL):2024年おすすめの仮想通貨。夏以降、ミームコイン市場が盛り上がると期待されており、投資するなら今がベストタイミング。
  5. Base Dawgz(DAWGZ):Baseネットワークを基盤とするミームコインプロジェクトで、クロスチェーン機能とステーキングプールを提供。
  6. Mega Dice Token(DICE):プレセール(仮想通貨ICO)開始から数時間で30万ドル以上を調達したおすすめ仮想通貨プロジェクト。プレセールは0.069ドルからスタート。
  7. 99 Bitcoins(99BTC)– 初心者から上級者まで幅広くおすすめできる仮想通貨教育プラットフォーム。安全性と将来性を兼ね備えた投資対象として注目されています。
  8. Sponge V2(SPONGEV2)– 前作Sponge V1の成功に続く新バージョンの仮想通貨。Stake-to-Bridgeシステムを通じて2023年に発表され、2500万ドルを調達済み。大きなリターンを求める投資家におすすめです。
  9. eTuktuk(TUK)– 持続可能な交通産業の発展を目指し、EVトゥクトゥクを開発するスリランカ発おすすめ仮想通貨プロジェクト。トークンは充電ステーションの決済やドライバーへの報酬などに活用され、将来性が高い仮想通貨です。
  10. ビットコイン(BTC)– ブロックチェーン技術を用いた最初の仮想通貨。2024年に入ってから1BTC = 1000万円を超え、注目を集めています。
  11. イーサリアム(ETH)– 2013年に考案された、スマートコントラクトを使用する開発プラットフォーム。時価総額第2位で、投資目的でもおすすめの仮想通貨です。
  12. リップル(XRP)– 国際送金の手間とコストを削減することを目的とする仮想通貨。時価総額でビットコインとイーサリアムに次ぐ第3位を誇ります。
  13. エンジンコイン(ENJ)– ブロックチェーンゲーム開発やNFTマーケットプレイスにおいておすすめの仮想通貨。20万人以上のユーザーベースや大手企業との提携実績があります。
  14. エイダコイン(ADA)– オープンソースの分散型ブロックチェーンプロジェクト。Dappsの機能やプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズムを採用している点で注目の的に。
  15. ポルカドット(DOT)– Web3.0実現を目指し、異なるブロックチェーン間の相互運用性を高めるために開発された仮想通貨。Web3.0仮想通貨としておすすめです。
  16. ソラナ(SOL)– 2020年に開発された高性能な分散型アプリの開発を支えるブロックチェーンプラットフォーム。イーサリアムと比較して約3000倍の処理能力を持つため、大注目のプロジェクトに。

おすすめ仮想通貨ランキング2024年を解説

仮想通貨市場は日々進化しており、新しい投資チャンスも増えています。定番のビットコインやイーサリアム以外にも検討すべき仮想通貨プロジェクトはたくさんあります。

以下、当サイトReadWriteの独自リサーチに基づき、各仮想通貨の特徴、実用性、将来性を徹底レビューします。仮想通貨投資は事前にリサーチをしたうえで、冷静な判断をすることが重要です。ぜひ下記のレビューを参考にしてください。

注目のおすすめ仮想通貨1位:PlayDoge(PLAY)

2024年の仮想通貨市場で、どの銘柄に投資すべきか迷っている初心者の方におすすめしたい有望なミームコイン銘柄が、PlayDoge(PLAY)です。

PlayDogeは、人気のドージミームと懐かしのバーチャルペットゲーム「たまごっち」を融合させた、モバイルベースのプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームです。ゲームを楽しみながらPLAYトークンを稼ぐことができ、そのトークンは仮想通貨取引所で換金することも可能です。

PlayDogeが注目されている理由は、以下の3点です。

  • 急成長するP2E市場への参入: ビデオゲーム市場は2033年までに6650億ドルに達すると予測されており、P2Eゲームへの需要も高まっています。PlayDogeはこのトレンドに乗り、これから伸びる市場で大きな存在感を示す可能性があります。
  • ドージミームとたまごっちの強力な組み合わせ: ドージミームのユーモラスな魅力と、たまごっちのノスタルジックな世界観を融合させることで、幅広い層のユーザーを獲得しています。
  • トークン経済とゲームプレイの融合: PlayDogeはゲーム内でトークンを獲得できる仕組みを導入しています。これにより、プレイヤーはゲームを楽しみながら、PLAYトークンを稼ぐことができます。

現在、PlayDogeはプレセール中で、トークンは最低価格の0.00501ドルで販売されています。先行販売ラウンドが進むにつれて価格が上昇していくため、PlayDogeは初心者が今狙い目となる、有望な投資先と言えるでしょう。

リリース日 2024年5月28日
購入方法 BNB, ETH, USDT, クレカ
ブロックチェーン BSC
総供給量 94億枚
最低購入額 なし

注目のおすすめ仮想通貨2位:WienerAI(WAI)

仮想通貨市場は常に新しいプロジェクトが誕生し、注目を集めています。そんな中おすすめしたいのが、AIとミームコインを融合させた新星プロジェクト「WienerAI(WAI)」です。

おすすめしたい理由は、以下の通りです。

  • ユーモラスなストーリーと革新的なコンセプト: WienerAIは、犬、AI、ソーセージをモチーフにしたユニークなキャラクターが特徴です。このユーモラスなストーリーと、従来のミームコインとは一線を画す革新的なコンセプトが、投資家から支持を集めています。具体的には、AI技術を活用したステーキング機能や、コミュニティ重視のガバナンス体制などを導入することで、長期的な成長を目指しています。
  • 魅力的なプレセールとコミュニティ形成: WienerAIは現在、プレセールを実施しており、早期投資家には割引価格でトークンを購入できるチャンスがあります。すでに多くの投資家が参加しており、プレセールは順調に進行しています。また、ソーセージアーミーと呼ばれる活発なコミュニティが形成されており、投資家同士の情報共有や交流が盛んです。このようなコミュニティの存在は、プロジェクトの成長にとって大きな力となります。
  • 今後の成長が期待される理由: WienerAIは、ユーモラスなストーリー、革新的なコンセプト、魅力的なプレセール、活発なコミュニティなど、多くの強みを持つプロジェクトです。

AIとミームコインという2つのトレンドを融合することで、今後さらに成長していくことが期待されます。仮想通貨投資に興味がある方は、ぜひWienerAIに注目してみてはいかがでしょうか。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 690億枚
最低購入額 なし

注目のおすすめ仮想通貨3位:Pepe Unchained(PEPU)

Pepe Unchained(PEPU)は、独自のイーサリアムレイヤー2ブロックチェーン上で動作する初のPepeトークンです。プレセール開始から数日で20万ドル以上を調達し、投資家の注目を集めています。

Pepe Unchainedの魅力は、その技術的な特徴にあります。イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発された独自のレイヤー2ブロックチェーンは、高速かつ安価な取引を実現します。これは既存のミームコインが抱える課題を克服し、より実用的なミームコインとしての地位を確立する可能性を秘めています。

その背景には、Pepeという強力なコミュニティが存在します。Pepe Unchainedは、このコミュニティの力を活用し、ミームコイン市場に新たな価値をもたらすことを目指しています。

その他、注目すべき特徴がこちら。

  • 年間利回り(APY)2万%以上の高額なステーキング報酬
  • 専用のブロックエクスプローラーと、イーサリアムとの低コストのブリッジ機能
  • トークン価格は現在0.008ドルで、段階的に値上げ予定

Pepe Unchainedは技術的にも優れたプロジェクトで、その将来性から初期投資家には大きなチャンスとなるおすすめの仮想通貨です。現在、Pepe Unchainedのプレセールが開催中で、ETH、BNB、USDT、または銀行カードで購入できるので、このチャンスをお見逃しなく!

リリース日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 80億枚
最低購入額 なし

注目のおすすめ仮想通貨4位:Sealana(SEAL)

ユーモラスなアザラシのキャラクターと革新的なプレセール方式で注目を集めるSealana(SEAL)は、ソラナブロックチェーン上で生まれ育ったミームコイン界の新星です。早くもソラナミームコイン界隈の有力候補として期待を集め、水面下で着々と勢力を拡大している、今最もおすすめしたい仮想通貨の一つです。

Sealanaのプレセールは、従来の煩わしい手続きを排除した「Send-to-Presales方式」を採用しました。これは、投資家はSOLを送信するだけで参加可能という、画期的な仕組みで話題を呼びました。その結果、わずか数時間で20万ドル以上を調達し、大成功を収めました。

そして、Sealanaは総供給量を公開していないというミステリアスな一面も持ち合わせています。この希少性こそが、投資家にとって魅力の一つとなり、トークン価値の向上に繋がると期待されています。

さらに、Sealanaは従来のプロジェクトとは一線を画し、ロードマップを設定していません。これは、コミュニティからの声や市場の動向を柔軟に取り入れ、より良い方向へ進化していくという、Sealanaチームの自信と柔軟性を表しています。

Sealanaはまだ生まれたばかりのプロジェクトですが、このような斬新なアイデアとコミュニティとの密接な関係から、今後大きな成長が期待されています。ユーモアと革新性を兼ね備えたSealanaは、ソラナミームコイン界の有力候補として今後の展開から目が離せない、今最もおすすめの仮想通貨です。

リリース日 2024年5月
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
総供給量 未定
最低購入額 なし

注目のおすすめ仮想通貨5位:Base Dawgz(DAWGZ)

2024年、仮想通貨市場でミームコインが熱い注目を集めています。中でも、Base Dawgz(DAWGZ)は、コインベースが支援するBaseネットワーク上で誕生した新しいミームコインとして、投資家の間で話題沸騰中です。柴犬をモチーフにした親しみやすいデザインです。

Base Dawgzが人気を集める理由はたくさんあります。

  • 先行販売でのお得な価格: Base Dawgzの先行販売は、VC投資のように、早く参加するほど安くトークンを購入できます。例えば、現時点の第1ラウンドでは、価格はわずか0.00479ドル。プレセール価格は5日ごとに5%上昇するため、今が購入のチャンスです。
  • Baseの勢いとマルチチェーン対応: Baseネットワークは、コインベースが開発したレイヤー2ソリューションで、今最も注目されているブロックチェーンの一つです。Base Dawgzは、このBaseネットワークを拠点とするだけでなく、他の主要なブロックチェーンにも対応予定のため、幅広い層に利用され、人気が広がる可能性があります。
  • 監査済みのトークノミクス: Base Dawgzは、SolidProofによるスマートコントラクトの監査をクリアしており、セキュリティ面でも安心です。

Baseチェーンはまだ新しいですが、Baseミームコインの時価総額はすでに20億ドルを超えています。

Base Dawgzは、将来有望なおすすめ仮想通貨銘柄の一つとして注目されています。ぜひこの機会に、Base Dawgzの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

リリース日 2024年6月
購入方法 SOL、ETH、BNB、MATIC、AVAX、USDT、USDC
ブロックチェーン Base、イーサリアム、ソラナ、BNBチェーン、アヴァランチ
総供給量 84億5300万枚
最低購入額 なし

注目のおすすめ仮想通貨6位:Mega Dice Token(DICE)

2024年に特におすすめしたい仮想通貨の一つが、「Mega Diceトークン(DICE)」です。Mega Diceトークンは、ソラナブロックチェーン上で開発されたGameFiトークンであり、Mega Diceカジノのネイティブトークンとして機能します。

主なメリットは、以下の通りです。

  • カジノゲームでのプレイ: Mega Diceトークンを使って、スロット、ライブディーラーゲーム、スポーツベットなど、様々なカジノゲームを楽しむことができます。
  • 限定ゲームへのアクセス: Mega Diceトークン保有者限定の特別なゲームに参加することができます。
  • ステーキング: Mega Diceトークンをステーキングすることで、報酬を得ることができます。
  • デイリー報酬: カジノのパフォーマンスに基づいて、毎日報酬を受け取ることができます。
  • 限定NFT: 特別な特典が付与される限定NFTを、Mega Diceトークンを使って購入することができます。
  • 紹介プログラム: 友達を紹介してMega Diceトークンを獲得することができます。紹介者には紹介報酬の25%が支払われます。

これらのメリットに加え、以下のような強みも存在します。

  • 実績のあるプラットフォーム: Mega Diceは、すでに多くのユーザーを獲得している実績のあるプラットフォームです。
  • 革新的なトークンエコノミー: コミュニティに利益をもたらすように設計されています。
  • 成長する市場: 仮想通貨カジノ市場は、今後さらに成長していくと予想されています。

これらのことから、Mega Diceトークンは2024年おすすめ仮想通貨の一つと言えるでしょう。カジノゲームを楽しみたい方、新しい投資先を探している方、ぜひMega Diceトークンをチェックしてみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 SOL、ETH、BNB
ブロックチェーン ソラナ
総供給量 1億4700万枚
最低購入額 なし

注目のおすすめ仮想通貨7位:99 Bitcoins(99BTC)

99 Bitcoins(99BTC)は、2013年に設立された仮想通貨教育プラットフォームです。ユーザーが仮想通貨について学びながら報酬を得られる「Learn-to-Earn」モデルを採用しています。この仮想通貨のおすすめポイントは以下のとおりです。

  • 教育と報酬の統合:学習進度に応じて99BTCトークンを獲得可能。
  • 実践的な学習モジュール:あらゆるタイプの学習者に対応。
  • BRC-20による拡張性:ビットコインネットワーク上でのdApps開発を可能にし、新たな実用性を提供。

99BTCの総供給量は990億トークン。プレセールでは15%、ステーキングには14%、そしてコミュニティ報酬には17%が割り当てられています。2024年のプレセール後、ステーキング機能の導入、プラットフォームの構築が開始されます。2025年以降もテスト版のリリースBRC-20ブリッジの開発など、随時機能が追加される予定です。

99Bitcoinsはプレセール開始わずか数日で47万ドルを超える資金調達に成功。多くの投資家が注目を集めています。99Bitcoinsの買い方を参照した上で下プレセールに参加して、おすすめ仮想通貨を入手してみましょう。

リリース日 2024年4月10日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 990億枚
最低購入額 なし

注目のおすすめ仮想通貨8位:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2(SPONGEV2)は、前身であるSponge V1の成功を受けて生まれた、仮想通貨の人気銘柄。2023年12月に登場したSponge V2は本稿執筆時点で約2500万ドルの資金調達に成功しており、多くの投資家から関心を集めています。特徴は以下のとおりです。

  • Stake-to-Bridgeシステム:従来のプレセールを代替するシステムでSPONGEからSPONGEV2へのスムーズな移行が可能に。
  • Sponge V1の成功事例:SPONGEV1の価格はローンチから短期間で100倍に上昇しました。
  • プレイ・トゥ・アーン(P2E/Play-to-Earn)ゲーム:ゲームをプレイすることでSPONGEV2を獲得できる仕組みを導入しています。

SPONGEV2の総供給量は1500億枚。このうち、大部分がStake-to-Bridgeやステーキング報酬、そしてP2Eゲームの報酬などに割り当てられています。この配分戦略により、投資家への長期的なインセンティブを提供し、プロジェクトの成長を促しています。

Sponge V2価格予想によると、2024年にはプレセール価格の100倍に達すると見込まれています。短期間での大きなリターンを求める投資家は、必ずチェックしたいおすすめ仮想通貨です。

リリース日 2023年12月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 1500億枚
最低購入額 なし

注目のおすすめ仮想通貨9位:eTukTuk(TUK)

eTuktuk(TUK)は、スリランカを中心に展開されている電気自動車(EV)プロジェクトで、カルダノ・ブロックチェーンを基盤としています。スリランカ国内で大量に利用されているトゥクトゥクを持続可能なEVトゥクトゥクに置き換え、新興国での脱炭素化を進めることが目的です。

仮想通貨将来性ランキングにも名を連ねるeTukTukの特徴は、以下のとおりです。

  • 透明性と安全性:カルダノブロックチェーン基盤のため、透明性と安全性が強固です。
  • トークンの実用性:充電ステーションやドライバーへの報酬提供に使用されます。
  • 大手仮想通貨取引所への上場:eTukTukの価格予想によると、上場により価格が大幅に上昇する可能性があります。

eTukTukのトークノミクスは、総供給量20億TUKのうち、プレセールに6%、パワーステーキングに20%、マーケティングとコミュニティ報酬にそれぞれ10%を割り当てています。プレセールの現在価格は0.029ドルで、ステージに応じて価格が上昇する予定です。

環境問題への配慮や持続可能性があるプロジェクトに関心がある方には、最もおすすめできる仮想通貨です。また、交通インフラの革命に興味がある方にもおすすめ。興味を持った方は、公式サイトからプレセールに参加してみてください。

リリース日 2023年11月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
総供給量 20億枚
最低購入額 1ドル

注目のおすすめ仮想通貨10位:ビットコイン(BTC)

ビットコインは、2008年10月にサトシ・ナカモトによって提案され、翌09年1月に公開された、世界初の仮想通貨です。中央銀行や特定の管理者を持たないデジタル通貨として、世界で最も普及が進んでいる暗号資産です。

そんなビットコインですが、総発行量は2100万枚に限定され、インフレーションのリスクが低い点が特徴。2024年3月現在、1BTC = 1011万5805円で取引されています。2024年4月にはビットコイン半減期(第4回)も控えており、今後も価格は上昇し続けると予想されています。

ただし、価格は市場の需給バランスにより変動するため、投資のタイミングに関しては慎重に判断することが必要です。

注目のおすすめ仮想通貨11位:イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ロシア系カナダ人の天才プログラマー、ヴィタリック・ブテリン氏が2013年に考案した仮想通貨です。2024年3月時点、1ETH = 52万2660円に達し、時価総額ランキングでは2位に位置するアルトコインです。

イーサリアムは、スマートコントラクトを通じて、人間の介入なしに契約内容を自動実行できる仕組みを提供しています。メタバース仮想通貨、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)といった新しい技術や概念と密接に関連しており、今後も技術の発展や概念の普及により、価格上昇が見込めます。

クリプトの世界は日々進化しており、イーサリアムはその最先端にあるおすすめ仮想通貨です。市場は常に変動しているため、正確な価格予想は難しいですが、技術的進化や市場の需要を考慮すると、ポジティブなトレンドが続くでしょう。

おすすめ仮想通貨の選び方

ぼやけた夜の光の中で中央にあるビットコインを含む散らばった暗号通貨のコイン

仮想通貨はどう選べばいいのか不安に思う方に向けて、おすすめの選び方をご紹介します。ポイントは以下の5点です。

  • 時価総額の高さを確認する
  • 取引量の多さ、流動性の高さを確認する
  • ボラティリティを確認する
  • 開発目的や使用用途を確認する
  • セール情報を確認する

それぞれ解説していきます。

時価総額の高さを確認する

仮想通貨のおすすめの選び方の1つ目は、時価総額に注目することです。仮想通貨の時価総額は、認知度の高さと信頼性の証明する指標となります。例えば、1000倍仮想通貨の代表格であるビットコインやイーサリアムのように時価総額が大きい仮想通貨は、取引が活発で売買しやすい点が特徴です。

時価総額が低い仮想通貨は、情報が少ない、取引しにくい、価格の変動が激しいといったデメリットがあります。安定した投資を求める場合、時価総額の高い銘柄を選びましょう。

取引量の多さ、流動性の高さを確認する

仮想通貨の選び方の2つ目は、取引量の多さ、つまり流動性の高さに注目すること。取引量が多いのは、多くの人が興味を持ち取引に参加していることを意味します。また、取引量が多くなると、流動性が高くなり、売買がしやすくなります。

流動性が高いコインは、トレーダーや投資家からの信頼が高い点もポイントです。おすすめの仮想通貨を選ぶ際、取引のしやすさは外せません。

ボラティリティを確認する

仮想通貨を選ぶ際、ボラティリティ(価格変動)を確認することも重要です。仮想通貨市場は、一日に数十%の値動きを見せる通貨も存在します。

ボラティリティを確認するには、短期(1日)、中期(1ヶ月)、長期(半年)の各期間でのチャートを比較しましょう。特に投資初心者は、価格変動による精神的なダメージが大きくなりがち。ご自身の許容範囲を見極め、無理ある投資は避けましょう。

開発目的や使用用途を確認する

仮想通貨の選び方で最も重要なのは、開発目的や使用用途です。なぜなら、通貨の本当の価値や将来性を判断できるからです。数字や価格変動だけに注目していると、投資の本質を見失い、損しやすくなります。最近では、下記のような使用用途が重要視されています。

  • DeFi(分散型金融)
  • NFT(非代替性トークン)
  • メタバース

例えば、リップル(XRP)は、既存の国際送金システムを代替する次世代型プラットフォームとして実用性があります。このように、投資する仮想通貨には、それを支える技術や社会での使用用途、開発目的が存在します。これらを理解し、仮想通貨の将来性を判断しましょう。

セール情報を確認する

最後のポイントが、仮想通貨のセール情報を確認することです。セール(プレセール)とは、仮想通貨取引所に上場される前のトークンを先行入手できる事前販売を指します。

これから上場予定の仮想通貨に投資できるため、大きなリターンを期待できます。リスクも伴いますが、今回紹介した仮想通貨プロジェクトは当サイトReadWriteが慎重に調査して厳選した銘柄ですので、安心してご参加してください。

仮想通貨の買い方おすすめポイント

回路基板を思わせる背景にある、一枚のビットコインコイン

今回紹介したおすすめ仮想通貨の買い方には、2パターンの手順があります。Dogecoin20やGreen Bitcoinなどのプレセール実施中のコインは「プレセールの参加方法」から、ビットコインやイーサリアムなどの上場済み銘柄は「仮想通貨取引所での購入方法」をご覧ください。

プレセールの参加方法

プレセール中の仮想通貨の買い方をまとめます。下記の手順に沿って、興味のある銘柄を購入してみましょう。

  1. 仮想通貨ウォレットの準備:MetaMaskやWallet Connectなどのウォレットを準備します。
  2. 取引に必要な仮想通貨を購入:イーサリアム(ETH)など、購入決済に必要な仮想通貨を購入します。
  3. 仮想通貨をウォレットに転送:ウォレットを通じて購入するため、事前に移行しておきましょう。
  4. ウォレットと公式サイトを接続:参加したいコインの公式サイトにアクセスし、サイト内のボタンをクリックし、ウォレットを接続します。
  5. 仮想通貨トークンを購入:ETHなどを選択し、購入するトークンの数量や金額を入力します。
  6. 取引の確定:最後に「今すぐ購入」をクリックして取引を確定させます。
  7. 仮想通貨トークンを入手:プレセール終了後、トークンはウォレットに自動的に送られてきます。

トークン入手後は、トークンを保管するか、サービスに使用するかを選べます。プレセールは、正しい情報と手順を理解することが重要です。公式サイトを必ず入念に確認しましょう。

仮想通貨取引所での購入方法

仮想通貨取引所での購入方法は、以下の手順を踏みます。

  1. 仮想通貨取引所の口座開設:後述するおすすめ仮想通貨取引所から公式サイトにアクセスし、口座を開設します。
  2. 本人確認書類の提出:本人確認のため、必要書類(身分証明書など)を提出します。
  3. 二段階認証の設定:セキュリティ強化のため、二段階認証の設定をします。
  4. 銀行口座からの入金:取引所指定の銀行口座に、日本円を入金します。
  5. 買いたい仮想通貨の選択:取引所のトレード画面から、購入したい仮想通貨を選択します。
  6. 購入数量の決定:購入したい仮想通貨の数量を決定します。
  7. 購入注文の確定:最終確認を行い、購入注文を確定します。

一般的には、以上のプロセスを経て、仮想通貨の購入が完了します。なお、仮想通貨取引所によって、細かな手順や必要な操作が異なる場合があるため、詳細は各仮想通貨取引所の公式ガイドを参照しましょう。

仮想通貨取引所のおすすめTOP3

ハイテクなデータセンター風の建築内に浮かぶ大きなビットコインのシンボル

ビットコインやイーサリアムを購入する場合は、仮想通貨取引所が必要です。今回は当サイトReadWriteがおすすめする仮想通貨取引所TOP3を厳選してご紹介。

  1. bybit(バイビット)
  2. MEXC(エムイーエックスシー)
  3. OKX(旧OKEx)

それぞれ特徴やメリットをご紹介します。

①:bybit(バイビット)

bybit(バイビット)は、日本語サポートと高いセキュリティ対策が魅力の仮想通貨取引所。シンプルなサイト構成と操作性で、初心者から上級者まで幅広い層に対応しています。

  • 日本語サポートの充実:すべて日本語で利用可能なので、安心して取引を進められます。
  • 高いセキュリティ:国内取引所以上に厳重なセキュリティ対策が施されています。
  • シンプルで使いやすい:初心者でも迷わずに操作ができ、注文ミスを防ぎます。

無料の入金・出金手数料や最大100倍のレバレッジ取引など、幅広い取引ニーズに応えています。世界トップクラスのサーバー性能を備えているうえに、日本語に対応している取引所です。言語の壁に不安を感じていて、海外の仮想通貨取引所を避けていた方は特におすすめです。

bybit(バイビット)の口座開設は非常に簡単で、メールアドレスがあれば誰でもすぐに始められます。下記の公式サイトから口座開設してみましょう。

②:MEXC(エムイーエックスシー)

MEXC(エムイーエックスシー)は、世界200カ国以上で利用されており、ユーザー数は600万人を超えるなど、グローバルな仮想通貨取引所。最大200倍のレバレッジ取引など、多様な取引オプションを提供している点も魅力です。

MEXCを利用するメリットは以下のとおり。

  • 多様な取り扱い仮想通貨:約1500種類以上の豊富なラインナップを提供しています。
  • 高度なセキュリティ対策:ログイン通知、二段階認証などの対策が提供されます。
  • 日本語サポート:日本語での問い合わせ対応も可能です
  • 豊富なキャンペーン:新規口座開設者向けのボーナスや取引手数料割引など、キャンペーンが豊富です。
  • 手数料が安い:業界内でも手数料が安いことで有名で、現物取引手数料は無料です。

MEXCは、幅広い仮想通貨で取引したい方や高いレバレッジを求めるトレーダーにおすすめです。MEXCの口座開設は、メールアドレスまたは携帯電話番号があれば、無料で行えます。口座開設がまだの人は、下記から公式サイトへアクセスしてみましょう。

③:OKX(旧OKEx)

OKXは、世界三大仮想通貨取引所の一つです。豊富な取引通貨ペア、高度なセキュリティ対策、そして多様な取引の種類が特徴。そんなOKXを利用するメリットは以下のとおり。

  • 流動性の高さ:取引量が非常に多いため、大きな注文でもスムーズに取引可能。
  • ユーザーフレンドリーなUI:初心者から経験豊富なトレーダーまで使いやすい設計になっています。
  • 充実のカスタマーサポート:24時間いつでもサポートが迅速に対応してくれます。

OKXの最大の魅力は、セキュリティ性。最先端のセキュリティで、確実に資産を守りたい方は、OKXを選ぶべきです。OKXの口座開設は、メールアドレス登録と本人確認(KYC)を行うだけで完了。無料かつ簡単なので、仮想通貨取引を始めたい方は、サクッと口座開設してみましょう。

安全かつおすすめな仮想通貨の稼ぎ方

人々で賑わう都市の街並みに、上空に浮かぶビットコイン

仮想通貨を買ったあとは、適切に運用することが重要です。以下では、仮想通貨で着実かつ安全に稼ぐ方法をご紹介します。

  • 少額投資で始める
  • 中長期を想定して投資する
  • 将来性のあるプレセールに参加する

どんな点を意識すべきなのか解説していきます。

少額投資で始める

仮想通貨で安全に稼ぐためには、少額投資がおすすめです。なぜなら、仮想通貨は、価格変動が非常に激しく、リスクを伴うためです。特に、トレードに慣れていない初心者の方は、損する可能性が高くなります。

最近は100円程度から投資を始められるため、自分の許容範囲から投資を始めましょう。ご自身の余剰資金(=失っても生活に影響のない金額)で取り組むのが鉄則です。

中長期を想定して投資する

仮想通貨投資において、中長期スパンでの投資も、おすすめの戦略。中長期投資であれば、価格のボラティリティを気にせずに済む、精神的なストレスを減らせる、そして価格上昇による利益を期待できるメリットがあります。

仮想通貨市場は、ボラティリティが激しいため、短期間での売買では一喜一憂しやすくなります。基本戦略は「ガチホ(長期間、ガチでホールドする)」を意識しましょう。

将来性のあるプレセールに参加する

仮想通貨でおすすめの稼ぎ方は、将来性のあるプレセールに参加することです。プレセールに参加すると、一般公開よりも安価にトークンを購入でき、将来的なリターンが大きくなるためです。今回紹介したおすすめ仮想通貨でプレセール実施中の銘柄は、以下のとおり。

上記リストは、当サイトReadWriteが慎重に分析して厳選したプレセール仮想通貨です。仮想通貨エアドロップの有無やロードマップ、トークンの買い方は、公式サイトをご確認ください。

おすすめ仮想通貨に関してよくある質問

今回紹介した仮想通貨以外でおすすめのアルトコインはある?

おすすめの仮想通貨取引所は?

仮想通貨投資の注意点やリスクは?

まとめ:2024年は仮想通貨投資がおすすめ!

水面に映る都市のスカイラインとその上に浮かぶ暗号通貨のコイン

2024年は仮想通貨市場が再び盛り上がる年になります。その背景には、ビットコイン半減期や仮想通貨市場の認知拡大があります。その他にも、NFT(非代替性トークン)やDeFi(分散型金融)の発展、メタバースとWeb3.0の台頭が仮想通貨市場の成長を後押しするでしょう。

仮想通貨は、短期的に見ると価格変動が激しく不安に感じる方も多いですが、長期的に見れば確実に成長していく市場です。今のうちから市場の将来や成長性に投資しておくことで、数年後、数十年後に大きなリターンを得られるでしょう。

仮想通貨を攻略する鍵は「知識」です。当サイトReadWriteは仮想通貨の最前線やニュースを追っています。ぜひブックマークの上、日々の情報キャッチにお役立てください。

About ReadWrite’s Editorial Process

The ReadWrite Editorial policy involves closely monitoring the tech industry for major developments, new product launches, AI breakthroughs, video game releases and other newsworthy events. Editors assign relevant stories to staff writers or freelance contributors with expertise in each particular topic area. Before publication, articles go through a rigorous round of editing for accuracy, clarity, and to ensure adherence to ReadWrite's style guidelines.

Hiroshi O.
Editor

ReadWrite(リードライト)ライター。2018年から仮想通貨投資を開始し、ビットコインやNFTへの投資経験を持つ。20年からは個人ブログを開設・運用し、AI(人工知能)などの内容を中心に400近い記事を執筆。23年よりライターとしてのキャリアをスタートし、24年3月、ReadWriteに参画。専門分野はクリプト、Web3.0、AI。

関連ガイド

Get the biggest tech headlines of the day delivered to your inbox

    By signing up, you agree to our Terms and Privacy Policy. Unsubscribe anytime.

    Tech News

    Explore the latest in tech with our Tech News. We cut through the noise for concise, relevant updates, keeping you informed about the rapidly evolving tech landscape with curated content that separates signal from noise.

    In-Depth Tech Stories

    Explore tech impact in In-Depth Stories. Narrative data journalism offers comprehensive analyses, revealing stories behind data. Understand industry trends for a deeper perspective on tech's intricate relationships with society.

    Expert Reviews

    Empower decisions with Expert Reviews, merging industry expertise and insightful analysis. Delve into tech intricacies, get the best deals, and stay ahead with our trustworthy guide to navigating the ever-changing tech market.