Home 過去1000倍になった仮想通貨と爆上げしそうな銘柄【プロ厳選】

過去1000倍になった仮想通貨と爆上げしそうな銘柄【プロ厳選】

過去には1000倍以上に高騰した仮想通貨も存在し、大きな利益を得た投資家も少なくありません。しかし、現時点で1000倍になる銘柄を確実に予測することは不可能です。

そこで今回は、2024年に1000倍を目指せる可能性がある仮想通貨の選び方と、注目銘柄を紹介していきます。また、過去に爆上げした仮想通貨もご紹介するので、未来の1000倍コインを見つけるヒントにして下さい。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 more
  • エアドロップ方式セールで売上初動10万ドル突破
  • 人気アニメ「サウスパーク」発のアザラシミーム
  • 有名ソラナミームSLERF開発チームが関与の噂も
Project Launched
2024年5月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • 無限にアップグレード可能!AI搭載の犬系ミームコイン
  • ローンチ初日から高利回りのステーキング報酬
  • 2日おきに価格上昇!格安購入するなら今
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン、ステーキング
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • DICEトークン紹介でアフィリエイト収益最大25%ゲット
  • カジノプレイヤーへのエアドロップ報酬額225万ドル超
  • 業界初!カジノゲームの結果に基づくデイリー報酬
Project Launched
2024年4月
Meta
GameFi
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングでサクッと報酬ゲット!
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
Project Launched
2024年4月
Meta
Learn to Earn
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 資金調達額1500万ドルに向けて売れ行き好調
  • VR+ARゲーミング仮想通貨の市場トップ
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
Project Launched
2024年1月
Meta
AI
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
Project Launched
2023年12月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップを開催
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • 期間限定!リンク先から購入すると10%割引
Project Launched
2024年2月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • USDT
    USDT
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
Project Launched
2023年6月
Meta
ブロックチェーン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more

2024年、仮想通貨1000倍銘柄はどれ?

仮想通貨が1000倍になる可能性は、決してゼロではありません。過去にも、リップルやイーサリアムなど、多くの銘柄が1000倍以上に高騰しています。しかし、このような高騰を経験する銘柄は限られており、多くの仮想通貨は値動きが激しい一方で、価格が下落してしまう可能性も十分にあります。1000倍になるような銘柄を見つけるには、将来性のあるプロジェクトかどうかを慎重に判断する必要があります。

そして2024年、仮想通貨市場は以下のような理由から、1000倍になる銘柄が出る可能性が高いと予想されています。

  • ビットコイン半減期: 2024年4月20日にビットコインの半減期を迎えました。半減期とは、マイニング報酬が半減するイベントであり、過去3回の半減期はいずれも価格上昇を経験しています。
  • 機関投資家の参入: 機関投資家が仮想通貨市場への参入を活発化させており、市場全体の流動性が高まっています。
  • DeFi、NFT、メタバースなどの成長: DeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)、メタバースなどの分野が発展しており、関連する仮想通貨の需要が高まっています。

将来的に1000倍以上の爆上げの可能性がある仮想通貨銘柄9選

ここで、ビットコインの次に来る投資先として、今後1000倍以上に爆上げすると予想される仮想通貨9銘柄をご紹介していきます。

1000倍コイン候補①:Dogeverse

2024年4月に彗星のごとく現れたDogeverse(DOGEVERSE)は、イーサリアム、ポリゴン、バイナンスチェーンを横断する革新的なマルチチェーンミームコインです。ユーモラスなコンセプトと活気あふれるコミュニティを武器に、価格上昇の波に乗り、投資家たちの熱い視線を浴びています。

注目すべき3つのポイントは、以下になります。

  • マルチチェーン対応による利便性の向上:従来のミームコインとは一線を画し、イーサリアム、ポリゴン、バイナンスチェーンだけでなく、ソラナ、アバランチ、ベースチェーンへの対応も予定しています。ユーザーは異なるチェーン間でDogeverseトークンを自由に移動でき、利便性が大幅に向上します。
  • 高い収益率を期待できるプログラム:ステーキングや流動性提供を通じて、高利回りの報酬を獲得できます。特に初期段階のステーキングは、高額なリターンが期待できる絶好のチャンスです。
  • 遊び心満載のプロジェクト:愛らしい子犬「Cosmo the Doge」をモチーフにしたユニークな設定は、ユーザーを惹きつけ、Dogeverseの世界観を彩ります。

Dogeverseは、まだ開発初期段階ながら25万ドル以上の資金調達に成功し、価格上昇の勢いを加速させています。2030年にはプレセール価格から500倍に成長する可能性も秘めていると、Dogeverseの価格予想にも出ており、将来的には1000倍の可能性を秘めたこのプロジェクトは、億り人の夢を叶える鍵となるかもしれません。

Dogeverseへの投資は、まだ始まったばかりです。公式サイトで詳細を確認し、今すぐDogeverseの買い方を参考にしながらプレセールに参加してみましょう。このDogeverseは、将来性豊かなおすすめ仮想通貨として注目を集めています。

1000倍コイン候補②:Sealana

Sealana(SEAL)は、2024年5月にソラナブロックチェーン上でローンチされたミームコインです。ユーモラスなキャラクター、革新的なプレセール方式、活発なコミュニティを持つSealanaは、投資家から注目を集めており、1000倍という驚異的な成長を遂げる可能性を秘めていると期待されています。

Sealanaが1000倍になる可能性を秘めている理由は、以下の通りです。

  • 革新的なSend-to-Presales方式: 従来の複雑なプレセール方式とは一線を画す、Send-to-Presales方式を採用。投資家はプロジェクトのウォレットにSOLトークンを送信するだけで参加できる、シンプルで魅力的な仕組みです。開始早々に20万ドル以上を調達し、Sealanaへの高い関心と期待を証明しました。
  • ソラナブロックチェーンの恩恵: 高速かつ安価な取引処理を実現するソラナブロックチェーン上で構築。投資家は取引コストを抑え、利益を最大限に追求できます。ソラナの成長とともに、Sealanaも飛躍していくでしょう。
  • ユーモアと遊び心を込めたコンセプト: 元SEALアザラシというユニークなキャラクターと、「遊び」や「楽しみ」をコンセプトに掲げ、堅苦しいイメージとは一線を画す存在感。他のミームコインとの差別化を図り、投資家にとって魅力的な存在となっています。

Sealanaは、1000倍という夢を背負ったミームコインです。ユーモアと革新性を兼ね備えたSealanaがどのような未来を描き出すのか、目が離せません。

1000倍コイン候補③:WienerAI

現在、仮想通貨市場の注目を集めているのは、AI技術とミーム文化を融合させた革新的なプロジェクト「WienerAI(WAI)」です。プレセール開始から数時間で12万ドルを突破し、早くも1000倍を目指すミームコインとして話題になっています。

WienerAIは、犬、ダックスフント、ソーセージを組み合わせた愛らしいキャラクターがマスコットの、ユニークなAIトークンです。単なるミームコインではなく、AI技術を活用した様々な機能やサービスを提供することを目指しています。

WienerAIの魅力は、以下になります。

  • AI技術とミーム文化の融合: WienerAIは、AI技術とミーム文化を融合することで、従来のミームコインにはない魅力を備えています。AI技術を活用したゲームやアプリ、AIチャットボットなど、様々な可能性を秘めています。
  • 強力なコミュニティ: WienerAIは、活発なコミュニティを形成しており、プロジェクトの発展を支えています。プレセール開始から数時間で12万ドルを突破したのも、コミュニティの力によるものです。
  • 1000倍を目指す潜在力: WienerAIは、AI技術とミーム文化という2つのトレンドを捉えたプロジェクトであり、1000倍を目指す潜在力を持っています。

WienerAIは現在、プレセールを実施中です。1トークンあたり0.0003ドルで購入でき、今後値上がりが見込まれます。

WienerAIは、AI技術とミーム文化を融合させた革新的なプロジェクトであり、1000倍を目指す潜在力を持っています。プレセール開始から数時間で12万ドルを突破し、早くも注目を集めています。投資を検討している方は、WienerAIの公式サイトをチェックしてみてください。WienerAIの仮想通貨プレセールは、将来性のある投資機会を提供し、早期参加者に大きな可能性を開くものです。

1000倍コイン候補④:Mega Dice Token

Mega Diceは、2023年後半に立ち上げられた比較的新しい仮想通貨カジノです。このMega Diceが発行するのが「Mega Diceトークン(DICE)」で、急速に人気を集め1000倍になる可能性を秘めています。このカジノは、4000以上のゲームと複数のスポーツベッティングオプションを提供し、1万人以上の月間アクティブユーザーを抱えています。

Mega Diceの特徴は、以下のとおりです。

  • 実績のあるカジノ運営者による運営: キュラソーでライセンスを取得したギャンブルサイトであるMIBS N.V.によって運営されています。これは、このプラットフォームが信頼できるものであり、ユーザーの資金を保護するために必要な措置を講じていることを示しています。
  • 豊富なゲーム: スロット、ライブディーラーゲーム、テーブルゲームなど、4000種類以上のゲームを提供しています。また、スポーツベッティングにも対応しており、プレイヤーは世界中の主要なスポーツイベントに賭けることができます。
  • 魅力的な報酬: プレイヤーに寛大な報酬を提供することで知られています。これらには、ウェルカムボーナス、リロードボーナス、キャッシュバック、トーナメントなどがあります。
  • 成長するコミュニティ: 活発で成長するコミュニティを持っています。プレイヤーは、カジノのソーシャルメディアチャネルやフォーラムを通じて交流することができます。

Mega Diceトークンは、有望な将来性を持つ新しい仮想通貨です。活発なカジノプラットフォーム、限定特典、ステーキング報酬、ガバナンス権など、トークンを支える要因は数多くあります。

これらの要因により、今後数年間で1000倍に成長を続ける可能性が高いと考えられます。

1000倍コイン候補⑤:99Bitcoins

仮想通貨市場は、2024年4月20日に迎えたビットコイン半減期と共に、活気を取り戻しつつあります。そんな中、今回ご紹介するのは、革新的な「Learn-to-Earn」モデルを採用した新仮想通貨「99Bitcoins(99BTC)」です。

99Bitcoinsの特徴は以下になります。

  • 楽しみながら学べる「Learn-to-Earn」モデル:ゲーム感覚で学習できる双方向型講座、クイズ、チュートリアルなどを通して、楽しみながら仮想通貨について学べます。学習を進めればさらに多くのコースにアクセスできるようになり、より多くの報酬を獲得できるという点で、多くのユーザーの興味を引いています。
  • 幅広いユーザーに対応する包括的なカリキュラム:ウォレットの基本知識や初心者ガイドから、取引シグナル、戦略、トレンド、技術知識まで、幅広いトピックを学ぶことができます。
  • 強力なコミュニティと豊富な特典:70万人以上のYouTube登録者を持つ大規模なコミュニティを擁しており、ユーザー同士が交流し、学びを深めることができます。
  • BRC-20トークンへの移行予定:将来的には、より高度な機能を持つBRC-20トークンに移行予定です。
  • ステーキング報酬:99BTCトークンを保有することで、金利収入を得ることができます。
  • コミュニティ報酬:コミュニティ活動に参加することで、報酬を獲得できます。
  • エアドロップ:9万9999ドル相当のBTCエアドロップを実施中。

99Bitcoinsは、まだ新しいプロジェクトですが、その革新的なモデルと豊富な機能から、1000倍の成長が期待されています。仮想通貨で学びながら儲けたい方は、ぜひ99Bitcoinsの買い方をチェックしてみてください。

1000倍コイン候補⑥:5thScape

2024年、仮想通貨市場は新たなブームを迎える可能性があります。その中心となるのが、AR/VRゲームに特化したメタバース系仮想通貨「5thScape(5SCAPE)」です。5thScapeは、独自のVRヘッドセットと没入感あふれるゲーム開発に力を入れているプロジェクトで、プレセールでは150万ドル以上の資金調達に成功しており、今後の成長が期待されています。

5thScapeの特徴は以下になります。

  • VR/ARゲームに特化:格闘技、レース、サッカーなど、従来のゲームとは異なる没入感と新しい体験を提供するVRゲームを開発。
  • 独自のVRヘッドセット:高解像度と精密なモーション追跡を可能にする「VRウルトラヘッドセット」を開発予定。
  • メタバースへの対応:ゲームだけでなく、「映画」「教育」「不動産」といったさまざまな分野で技術を活用し、メタバース市場の拡大と連動した成長を目指す。
  • 開発者向けマーケットプレイス:AR/VRコンテンツの開発者向けマーケットプレイスを提供予定。
  • トークンユーティリティ:5SCAPEトークンは、ゲーム内でのアイテム購入や取引、プレミアムコンテンツへのアクセスの通貨として機能。また、ステーキングによる報酬獲得も可能。

5thScapeの価格予想からは、強気な見方では1000倍上昇も期待されています。2024年末には0.10ドル、2025年末には0.30ドル、さらに2030年末には1000ドルまで上昇する可能性があると分析されています。

5thScapeは現在、プレセールに参加することで購入可能です。プレセールでは低単価でトークンを購入できるチャンスなので、ぜひ5thScapeの購入方法を見ながら購入してみて下さい。

1000倍コイン候補⑦:Sponge V2

2023年5月に登場したミームコイン「Sponge V1」の第2弾、「Sponge V2」が注目を集めています。Sponge V2は、人気漫画「スポンジ・ボブ」をモチーフとしたミームコインで、わずか1週間で340%高騰し、その後も価格上昇を続けているSponge V2は、1000倍の成長も期待できる仮想通貨として投資家から熱い視線が注がれています。

Sponge V2の特徴は以下になります。

  • プレイ・トゥ・アーン(P2E)の導入:ゲームで遊ぶことで報酬を得られる仕組みを取り入れています。レースゲームの勝者にSponge V2が支払われ、楽しみながら稼ぐことができます。
  • 高利回りステーキング:Sponge V1をステーキングすることで、年間40%という高利回りの報酬を受け取ることができます。
  • 1000倍の可能性:前作Sponge V1は100倍以上の成長を記録しており、Sponge V2も同様の成長が期待されています。
  • 大手取引所への上場間近:Sponge V1はGate.ioやMEXCなどの大手取引所に上場しており、Sponge V2も上場が期待されています。

Sponge V2の価格予想は、2024年春に0.0145ドルまで上昇し、2025年には現行価格の150倍(0.0217ドル)に達する見込みです。

Sponge V2は、100倍以上の成長を記録したSponge V1の後継であり、コミュニティからの強い支持を得ています。また、独自のP2Eゲームやメタバース開発など、将来性も高く評価されているので、1000倍のチャンスを逃したくない人は、Sponge V2の購入方法をチェックしておきましょう。

1000倍コイン候補⑧:SMOG

2024年、仮想通貨市場は再び活気を取り戻し、新たな銘柄が続々と誕生しています。その中でも、特に注目を集めているのが「Smog Token(SMOG)」というソラナチェーン上のミームコインです。SMOGは、2024年2月に誕生したばかりの新規プロジェクトですが、その革新的なエアドロップシステムやコミュニティ重視の運営で、早くも多くの投資家から支持を集めています。

SMOGの特徴は以下になります。

  • 史上最大級のエアドロップ:SMOGトークン総供給量の35%がエアドロップに割り当てられており、すべての保有者に配布されます。エアドロップを獲得するには、トークンを保有するだけでOK。さらに、コミュニティ活動に参加することで、より多くのポイントを獲得できます。
  • フェアなローンチ:SMOGは、初期投資家による利益を抑制するために、プレセールを実施せず、フェアなローンチを採用しています。これにより、誰でも平等に購入チャンスを得ることができます。
  • 活発なコミュニティ:SMOGは、コミュニティ主導型のプロジェクトです。開発チームは常にコミュニティの声に耳を傾け、プロジェクトの方向性を決定しています。
  • ロードマップの明確化:SMOGは、今後の開発ロードマップを明確に示しています。今後は、大手仮想通貨取引所への上場や、DeFi機能の開発などが予定されています。

SMOGは、その革新的なエアドロップシステムやコミュニティ重視の運営、そして明確なロードマップによって、今後1000倍以上の成長が見込める可能性を秘めた仮想通貨です。

SMOGは今後、強気な見方では2025年にはローンチ時30倍に値する0.45ドルに達するとのことです。ビットコインの動きによってはさらなる上昇も考えられるため、SMOGの買い方をブックマークしておき、今から期待しておきましょう。

1000倍コイン候補⑨:eTuktuk

近年、環境問題や経済格差といった課題解決に貢献するプロジェクトとして、注目を集めているのが仮想通貨です。そんな中、AIとブロックチェーンを駆使して発展途上国の交通インフラ革命を目指す「eTukTuk(TUK)」は、その革新性と実用性から1000倍になる可能性を秘めた有望なプロジェクトとして注目されています。

eTukTukの特徴は以下の3点が挙げられます。

  • 持続可能な交通インフラの構築:eTukTukは、東南アジア諸国でEVトゥクトゥク(電動三輪車)とEV充電ステーションを普及させることで、二酸化炭素排出量削減と地域経済活性化を目指します。
  • 独自のトークンエコシステム:TUKトークンは、eTukTukエコシステムにおける基軸通貨として機能し、利用料支払い、地域への利益還元、ステーキング報酬などに活用されます。
  • 高い成長性:EV市場は年平均35%以上の成長率と予測されており、eTukTukもこの成長に乗ることで、将来的に価格上昇の可能性を秘めています。

eTukTukは現在、プレセール段階で投資することができます。プレセール価格は1TUK=0.02775ドルで、今後段階的に価格が上がっていく予定です。

eTukTukは、1000倍の可能性を秘めた有望な仮想通貨プロジェクトというのが、eTukTukの価格予想からも感じ取れます。環境問題や経済格差といった社会課題解決に貢献したい、将来性の高い仮想通貨に投資したいという方は、ぜひeTukTukへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。eTukTukの買い方を見れば、簡単に購入できます。

過去に爆上がりして1000倍になった仮想通貨銘柄9選

ドージコインと柴犬コイン

仮想通貨の世界は、夢のような利益をもたらす一方で、高額な損失リスクも伴うギャンブル的な側面も持ち合わせています。しかし、中にはとんでもない上昇率を記録し、投資家を億万長者に押し上げた銘柄も存在します。

ここでは、過去に爆上げして1000倍になった仮想通貨を、9種類ご紹介します。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモト氏によって発表された世界初の仮想通貨です。発行枚数に上限が設けられている(2100万枚)希少性と、分散型台帳技術(ブロックチェーン)を用いた高いセキュリティ性が特徴です。

ビットコインは、当初数円程度だった価格が、2021年には約760万円まで上昇し、1000倍以上の高騰を記録しました。その後、価格変動が激しい時期もありましたが、2024年4月現在も約100万円前後で取引されており、主要な仮想通貨としての地位を確立しています。

ビットコインが今後何倍になるかは分かりませんが、今後も価値上昇が期待される仮想通貨の一つと言えます。各国での法整備が進み、機関投資家からの注目も高まっていることから、長期的な投資対象として検討する価値は十分にあると言えるでしょう。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを実行できる機能を備えた仮想通貨プラットフォームです。この機能により、分散型アプリケーション(DApps)と呼ばれる様々なアプリケーションを開発・実行することが可能になります。

イーサリアムは、2015年の公開当初から価格が上昇し続け、2021年には約54万円まで高騰し、1000倍以上の値上がりを果たしました。その後、価格変動が激しい時期もありましたが、2024年4月現在も約30万円前後で取引されており、第二の仮想通貨としての地位を確立しています。

イーサリアムは、DAppsの普及や、NFT(非代替性トークン)の台頭により、今後も価値上昇が期待される仮想通貨です。特に、2024年後半にはイーサリアム2.0と呼ばれる大型アップデートが予定されており、これが価格上昇の大きな要因となる可能性があります。

リップル(XRP)

リップルは、国際送金に特化した仮想通貨です。従来の国際送金システムと比べて、手数料が安く、処理速度が速いというメリットがあります。

リップルは、2013年の公開当初から価格が上昇し続け、2018年には約340円まで高騰し、1000倍以上の値上がりを果たしました。その後、価格変動が激しい時期もありましたが、2024年4月現在も約100円前後で取引されており、主要な仮想通貨としての地位を確立しています。

リップルは、国際送金システムにおける更なる普及や、大手金融機関との提携拡大により、今後も価値上昇が期待される仮想通貨です。特に、2024年には米国のSEC訴訟の判決が控えており、これが価格動向に大きな影響を与える可能性があります。

ドージコイン(DOGE)

ドージコインは、柴犬の画像をモチーフにしたミームコインです。当初はジョークとして作られたコインでしたが、2021年にイーロン・マスク氏などの発言をきっかけに価格が急騰し、1000倍以上の値上がりを果たしました。ドージコインは、その後価格が下落しましたが、2024年4月現在も約10円前後で取引されており、根強い人気を誇っています。

ドージコインは、今後の価格動向を予測するのが難しい仮想通貨です。ミームコインとしての側面が強いことから、投機的な資金流入の影響を受けやすいという特徴があります。しかし、イーロン・マスク氏や海外投資家からの注目度が高いため、今後も価格変動が激しいながらも上昇していく可能性は十分にあります。

柴犬コイン(SHIB)

柴犬コインは、ドージコインを模倣したミームコインです。2020年8月に発行され、当初はほとんど価値がありませんでしたが、2021年5月にイーロン・マスク氏などが購入発言を行ったことをきっかけに価格が急騰し、1000倍以上の値上がりを果たしました。その後、価格変動が激しい時期もありましたが、2024年4月現在も約0.001円前後で取引されており、根強い人気を誇っています。

柴犬コインは、今後の価格動向を予測するのが難しい仮想通貨です。ミームコインとしての側面が強いことから、投機的な資金流入の影響を受けやすいという特徴があります。しかし、イーロン・マスク氏や海外投資家からの注目度が高いため、今後も価格変動が激しいながらも上昇していく可能性は十分にあります。

バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコインは、最大手の仮想通貨取引所バイナンスが発行するユーティリティートークンです。取引手数料の割引やトークンセールへの参加資格などの特典を提供し、バイナンスエコシステムの基盤を支える仮想通貨コインとなっています。2017年7月の公開時には約12円でしたが、その後、DeFiの台頭と共に価格が飛躍し、2021年には7万円を突破しました。2024年4月現在も約7万8000円前後で取引されており、主要な仮想通貨としての地位を確立しています。

バイナンスコインは、取引量の多さから見ても、安定した価格上昇が期待できます。バイナンスという強力なバックグラウンドがあるため、新技術の導入や市場拡大により、さらに価格が上昇する可能性があります。

ペペコイン(PEPE)

PEPEは、インターネットミームの「ペペ・ザ・フロッグ」をモチーフに作られたミームコインです。2023年4月に発行され、2週間で20倍以上の急騰を見せています。5月にはバイナンスに上場し、ローンチから10万倍以上に爆上げしました。2024年4月現在も約0.002円前後で取引されており、今後の動向が注目されています。

PEPEは、発行間もない新しいミームコインであるため、今後の価格動向を予測するのは困難です。ミームコインとしての側面が強いことから、投機的な資金流入の影響を受けやすいという特徴があります。しかし、バイナンスへの上場や、コミュニティの盛り上がりなどから、今後も価格変動が激しいながらも上昇していく可能性は十分にあります。

カルダノ(ADA)

カルダノ(ADA)は、2015年にチャールズ・ホスキソン氏によって開発された、Proof-of-Stake(PoS)コンセンサスアルゴリズムを採用するブロックチェーンプラットフォームです。高いセキュリティ性とスケーラビリティを実現することを目標としており、学術的な研究に基づいて開発が進められています。

カルダノは、2015年のプレセールでは1円以下の価格で販売されました。その後、開発ロードマップの公開や、主要な取引所への上場など、様々なポジティブなニュースが重なり、価格が上昇し始めました。2021年の仮想通貨バブル期には、一時的に約325円まで高騰し、プレセール価格から約1600倍の上昇を達成しました。

2024年4月現在、カルダノの価格は約40円前後で推移しています。2021年のピーク時の価格からは大きく下落していますが、2015年のプレセール価格と比べると依然として高い水準にあります。

カルダノは、高い技術力と開発コミュニティの活発さから、今後も価値上昇が期待される仮想通貨です。特に、2024年にはHydraと呼ばれる大型アップデートが予定されており、これが価格上昇の大きな要因となる可能性があります。

フロキコイン(FLOKI)

フロキコイン(FLOKI)は、2021年6月にローンチされたミームコインです。名称は、テスラCEOであるイーロン・マスク氏の愛犬Flokiから採られました。当初はジョークとして作られたコインでしたが、イーロン・マスク氏によるツイートや、コミュニティの盛り上がりにより、価格が急騰しました。

FLOKIは、2021年8月に上場後すぐにバブルが起き、最高値をマークしました。その後はすぐ大幅下落し、ミームコインらしい動きで落ち着くかに思われました。しかし、2024年3月に再び価格が上昇し、最高値を更新しました。発行当初の最安値と比較すると、およそ1万9500倍もの高値になりました。

2024年4月現在、FLOKIの価格は約0.04円前後で推移しています。2023年3月のピーク時の価格からは大きく下落していますが、依然として高い水準にあります。

FLOKIは、ミームコインということもあり、将来性について確実なことは言えません。しかし、コミュニティの活発さや、独自の経済圏形成を目指すプロジェクトなどが今後の価格動向に影響を与える可能性があります。

仮想通貨が1000倍以上になりそうな銘柄を選ぶポイント

右目をビットコインで隠す女性

2024年現在、仮想通貨市場は過去最高値を更新し、活況を呈しています。そんな中、将来的に1000倍以上に高騰する可能性を秘めた銘柄に投資したいと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、1000倍という驚異的なリターンを期待できる一方で、仮想通貨投資には高いリスクも伴います。ここでは、1000倍を目指す仮想通貨を選ぶ3つのポイントについて解説します。

開発目的・用途に将来性がある

まず重要なのは、開発された目的や用途に将来性があるかどうかです。仮想通貨は、決済手段や送金手段、ゲーム内通貨など様々な目的で発行されています。将来性のある分野に関わる仮想通貨は、需要が高まる可能性が高く、価格上昇も期待できます。

以下は、将来性が高いと見込まれる分野の例です。

  • NFT(Non-Fungible Token): 著作権のあるデジタルデータの所有権を証明するトークン
  • DeFi(Decentralized Finance): 金融サービスを分散型台帳技術(ブロックチェーン)上で提供するサービス
  • DEX(Decentralized Exchange): 中央管理者を介さずに仮想通貨を売買できる取引所
  • メタバース: アバターを通して仮想空間で交流できるプラットフォーム
  • Web3.0: 中央管理者を介さずにインターネットを利用できる分散型ウェブ

これらの分野に関わる仮想通貨は、まだ発展途上であるため、今後大きく成長する可能性を秘めています。

技術的に優れた機能を持っている

次に、技術的に優れた機能を持っているかどうかを確認しましょう。仮想通貨には、似たような機能を持つ銘柄も多いです。複数の仮想通貨を比較し、技術的に優位性のある銘柄を選ぶようにしましょう。仮想通貨の技術面は、各銘柄の公式サイトに記載されています。

技術的に優れた機能を持つ仮想通貨は、以下のような特徴があります。

  • 処理速度が速い:取引処理が速いほど、使い勝手が良く、多くのユーザーに利用されやすくなります。
  • セキュリティが高い:ハッキングなどのリスクが低いほど、安心して利用することができます。
  • 拡張性が高い:将来的に機能を追加したり、他のシステムと連携したりすることができるほど、将来性が高いと言えます。

ロードマップ通りに開発が進んでいる

最後に、ロードマップ通りに開発が進んでいるかどうかを確認しましょう。ロードマップとは、プロジェクトの目標達成のために記した行程表や進行計画案のことです。ロードマップを見れば、いつまでに何をするかが分かります。

ロードマップ通りに開発が進んでいるということは、プロジェクトが順調に進んでいることを示唆しています。順調に進めば、将来的に大きな成果を期待できるでしょう。

ロードマップを確認する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 具体的な目標が設定されている:目標が曖昧だと、プロジェクトが迷走している可能性があります。
  • 定期的に更新されている:ロードマップは定期的に更新されるべきものです。更新されていない場合は、プロジェクトが停滞している可能性があります。
  • 開発チームが実績を持っている:開発チームが実績を持っているかどうかは、プロジェクトの信頼性を判断する指標となります。

1000倍になった仮想通貨の特徴

過去に1000倍以上に高騰した仮想通貨が存在することは事実ですが、1000倍になる銘柄を確実に予測することは不可能です。

例えば、1000倍になった仮想通貨には、以下のような特徴が見られます。

  • 数年かけて1000倍になる:ビットコインやイーサリアムなど、現在も時価総額が大きい通貨。長期目線で購入する必要がある
  • ほとんど価値のない価格から急騰:ドージコインなど、何らかの要因で急激に高騰した銘柄。草コインプロジェクトは無価値になるリスクが高い

1000倍になった仮想通貨は、これらの特徴を複数兼ね備えていることが多かったと言えます。しかし、これらの特徴を満たしているからといって必ず1000倍になるという保証はありません。投資判断はあくまでも自己責任で行い、十分な情報収集とリスク管理を徹底することが重要です。

1000倍を目指す仮想通貨投資の注意点

1000倍を目指す仮想通貨投資には、以下のリスクが伴います。

  • 価格変動が激しい:仮想通貨は価格変動が非常に激しいです。投資した金額の半分以上が損失になることも十分に考えられます。1000倍になる可能性がある仮想通貨は、特にリスクが高いので、投資する前に十分な調査を行い、失っても大丈夫な範囲で投資しましょう。
  • 詐欺コインのリスク:悪質な業者が発行する詐欺コインも存在します。投資する前に、しっかりと情報収集を行うことが重要です。
  • 法規制の不透明性:仮想通貨に関する法規制はまだ整備途上です。今後、規制が強化された場合、価格が下落する可能性があります。

これらのリスクを理解した上で、慎重に投資判断を行うことが重要です。

まとめ

2024年は、仮想通貨史上4度目のビットコイン半減期と、米国における現物ビットコインETFの承認という2つのビッグイベントがあり、これらのイベントは市場に大きな影響を与えるため、1000倍になる仮想通貨銘柄がある可能性も秘めています。

しかし、仮想通貨は価格変動が非常に激しいという点に注意が必要です。特に1000倍を目指すような高リスクな投資は大きなリターンを得られる可能性もありますが、同時に大きなリスクも伴います。投資判断を行う際には、十分な注意を払い、自己責任で行うようにしましょう。

About ReadWrite’s Editorial Process

The ReadWrite Editorial policy involves closely monitoring the tech industry for major developments, new product launches, AI breakthroughs, video game releases and other newsworthy events. Editors assign relevant stories to staff writers or freelance contributors with expertise in each particular topic area. Before publication, articles go through a rigorous round of editing for accuracy, clarity, and to ensure adherence to ReadWrite's style guidelines.

junpei S.
Editor

フリーランス12年目のブロガー兼ReadWriteライター。個人ブログは月間最高15万PV超え。2024年3月から仮想通貨専門のライターとしての活動も開始。ビットコイン、イーサリアムなどの主要通貨から注目銘柄まで、幅広い層に合わせた記事を執筆。

関連ガイド

Get the biggest tech headlines of the day delivered to your inbox

    By signing up, you agree to our Terms and Privacy Policy. Unsubscribe anytime.

    Tech News

    Explore the latest in tech with our Tech News. We cut through the noise for concise, relevant updates, keeping you informed about the rapidly evolving tech landscape with curated content that separates signal from noise.

    In-Depth Tech Stories

    Explore tech impact in In-Depth Stories. Narrative data journalism offers comprehensive analyses, revealing stories behind data. Understand industry trends for a deeper perspective on tech's intricate relationships with society.

    Expert Reviews

    Empower decisions with Expert Reviews, merging industry expertise and insightful analysis. Delve into tech intricacies, get the best deals, and stay ahead with our trustworthy guide to navigating the ever-changing tech market.