Home オンラインカジノ – オンカジ 2024

オンラインカジノ – オンカジ 2024

本記事では、オンラインカジノおすすめをランキング形式でリストしています。下記のガイドを参考に、自分のプレイスタイルやニーズに合ったオンカジを選びましょう。

オンラインカジノ おすすめ リスト

  • All
  • Crypto
  • Telegram Casino

200%最大$1,000+25スピン
+10日間無料プレイ

200%最大$1,000+25スピン
+10日間無料プレイ

  • 日本で最も実績のあるオンラインカジノブランド
  • パチンコ館やオリジナルゲームを搭載
  • 幅広い決済手段を提供
9.8
5 Stars VeraJohn JP
ボーナスをゲット

最高¥45,000+60スピン
+¥1,500入金不要ボーナス

最高¥45,000+60スピン
+¥1,500入金不要ボーナス

  • ダントツ人気のカジノサイト
  • 新規登録者向け入金不要ボーナスあり
  • 人気機種や限定ゲームが盛り沢山
9.7
4.5 Stars Mystino JP
ボーナスをゲット

最大¥95,000+無料プレイ¥5,000
+フリーベット

最大¥95,000+無料プレイ¥5,000
+フリーベット

  • スポーツベットも完備の優秀カジノ
  • 人気や限定機種を含む一級のゲームライブラリーを完備
  • 安心・信頼の運営元
9.4
4.5 Stars Yuugado JP
ボーナスをゲット

最大$1,000+350フリースピン

最大$1,000+350フリースピン

  • 5,000種以上のカジノゲームを搭載
  • 寛大なウェルカムオファーを用意
  • 多数の便利な決済オプションに対応
9.5
4.5 Stars CasinoDays JP
ボーナスをゲット
  • 5,000種余りの豊富なゲームの品揃え
  • 機能的なカジノアプリを提供
  • オリジナル特典が満載
9.5
4.5 Stars LuckyNiki JP
ボーナスをゲット

賭け条件なし80フリースピン
+リベートボーナス

賭け条件なし80フリースピン
+リベートボーナス

  • イギリス発のフェアカジノ
  • 出金条件無しのボーナスを提供
  • お楽しみ特典がいっぱい
9.4
4.5 Stars PlayOjo JP
ボーナスをゲット

$88 + 88フリースピン

$88 + 88フリースピン

  • ライブ機種を含むオンラインパチンコがぎっしり
  • スロットやライブカジノの豊富なセレクション
  • スポーツベットも遊べるオールラウンドカジノ
9.3
4.5 Stars Queen casino JP
ボーナスをゲット

100%最大$3,000+$50入金不要ボーナス
+出金条件なしのフリースピン100回

100%最大$3,000+$50入金不要ボーナス
+出金条件なしのフリースピン100回

  • 魅力のキャッシュバック制度を完備
  • 日本限定プロモーションが多数
  • 上質のゲームコレクションを提供
9.6
4.5 Stars Casino Secret JP
ボーナスをゲット

200%最大$3,950
+200スピン
+$45入金不要ボーナス

200%最大$3,950
+200スピン
+$45入金不要ボーナス

  • 最新作や人気機種を含む4,000以上のゲームを収集
  • 幅広い決済手段を用意
  • 利便性の良いアプリを完備
9.3
4.5 Stars Bons JP
ボーナスをゲット

200%最大¥395,000
+200フリースピン
+¥4,500入金不要ボーナス

200%最大¥395,000
+200フリースピン
+¥4,500入金不要ボーナス

  • トップクラスのウェルカムボーナスを進呈
  • 日本円や仮想通貨で決済可能
  • トーナメントやオファーを多数提供
9.3
4.5 Stars Tedbet JP
ボーナスをゲット
Show More Offers+

オンカジ おすすめトップ10

日本人向けオンカジ おすすめトップ10を厳選しました。:

  1. Vera&John – 国内知名度&人気No.1の老舗オンラインカジノ: 2024年利用者ランキング1位に君臨
  2. Mystino – 複雑性を排除した初心者歓迎オンラインカジノ: 日本語サポート体制は万全
  3. CasinoSecret – 独自のキャッシュバック制度が支持されるオンラインカジノ:ベラジョン系列で安心
  4. Bons – ゲーム取扱数業界トップクラスのオンラインカジノ: 決済手段やトーナメントも充実
  5. PlayOjo – マルタライセンス取得の英国No.1オンラインカジノ: ボーナス賭け条件は一切なし
  6. CaisinoDays – 5,000種以上のゲームを取り揃えるオンラインカジノ: 日替わりプロモを開催
  7. 遊雅堂 – スポーツベットも遊べるハイブリッド型オンラインカジノ: 日本人好みのデザインでファン多数
  8. LuckyNiki – エンターテイメント性に富んだオンラインカジノ: 毎日トーナメントを開催中
  9. Tedbet – Bons系列のスタイリッシュなオンラインカジノ: スポーツも遊べる二刀流
  10. Stake – 高い知名度と信頼性を誇る元祖仮想通貨オンラインカジノ: 降格なしのVIPランクが話題

オンラインカジノと一口に言っても、その特徴や強みは千差万別。取扱ゲーム、入出金方法、キャンペーン、それぞれに個性あふれるブランドが目白押しです。

複数のオンラインカジノを比較しながら、自分の用途・嗜好に合ったオンラインカジノを選んでください。

オンラインカジノ ランキング 人気6選

日本のプレーヤー向けオンラインカジノ ランキング 人気6選を下記にセレクトしました。

当サイトに掲載のネットカジノは全て、日本人客を受け入れており、ライセンスを取得しています。

1.ベラジョンカジノ

オンラインカジノ おすすめ

日本のオンカジ界をリードしてきた大御所ベラジョンカジノ。2011年の創業以来、常にトップの座に君臨し続ける理由は、サービスの安定性に尽きます。

パチスロ型スロットやパチンコ館も完備するなど、日本で人気の高い機種を中心に2,000種類以上のゲームを網羅。初心者ガイド、無料プレイ機能も充実しており、初心者にも優しいサイトデザインが人気の秘訣です。

長所

  • 国内ユーザー数&実績No.1
  • 日本向けキャンペーンが豊富
  • 独占ゲームや限定ライブテーブルが多数
  • 多様な入出金方法
  • 丁寧な24時間日本語サポート

短所

  • 日本円でのプレイ不可
  • 一部の入出金に手数料がかかる
  • 本人確認手続きが厳重

2.ミスティーノ 

オンラインカジノ ランキング

ミスティーノは、従来のオンラインカジノが持つ複雑なルールを極限まで削ぎ落とした超初心者向けブランド。2020年オープンと運営歴は短いものの、テレビCMや新聞のメディア露出を果たし、知名度は抜群です。

充実の遊び方ガイドに加え、完全無欠な日本語サポート、無料ゲームプレイ、賭け条件なしのボーナスなど、ビギナーフレンドリーを徹底した機能性が支持されています。

長所

  • 3,500種類以上のゲームを配信
  • 日本人カスタマーサポートを完備
  • 多数の決済オプションに対応
  • サプライズ特典やイベントが豊富
  • 賭け条件なしのボーナス

短所

  • 常設ボーナスの量は少なめ
  • カジノアプリなし
  • スポーツベット非対応

3. カジノシークレット

オンラインカジノ 日本

今までにない斬新なキャッシュバックシステムが話題のカジノシークレット。特定のゲームをプレイするだけで、勝敗にかかわらず一定額のキャッシュバックが付与されます。賭け条件なしで利用できることから、日本人プレイヤーからの支持は絶大です。

2,000機種を超える幅広いカジノゲームを搭載。専用ライブカジノテーブルも完備しており、ワンランク上の体験をしたい人におすすめ。

長所

  • 賭け条件なしのキャッシュバック
  • 2,000以上のカジノゲームを提供
  • 専用ライブカジノテーブルを完備
  • 高品質の日本語カスタマーサポート
  • ベラジョン系列で安心

短所

  • スポーツベット非対応
  • アプリは提供されていない
  • 日本円でのプレイ不可

4. ボンズカジノ

ネットカジノ

ゲームコレクションの守備範囲の広さに定評のあるボンズカジノ。人気カジノゲームから日本人ディーラー専用ライブカジノ、スポーツベットまで4,000機種以上を搭載。業界トップクラスの品揃えを誇ります。

入出金方法の充実度が群を抜いているほか、トーナメントなどのイベントを頻繁に開催しておりユーザーを飽きさせません。優れた利便性とエンターテイメント性を兼ね備えた稀有なオンラインカジノです。

長所

  • カジノゲーム4,000種類以上をカバー
  • スポーツベットにも対応
  • 日本人スタッフによる手厚いサポート
  • 豊富な入出金方法
  • カジノアプリに対応

短所

  • ボーナス賭け条件が厳しめ
  • VIPランクアップ条件がハード

5. プレイオジョ

オンカジ おすすめ

2022年に日本市場参入を果たしたばかりのプレイオジョ、実は本国イギリスNo.1のユーザー数を誇る大手オンラインカジノの一つ。日本での人気が高いパチスロ型スロットからゲームショーまで、5,000以上のゲームを搭載しています。

オンカジ業界を震撼させたのは、そのボーナスシステム。一切の賭け条件が発生しません。キャッシュで付与されるため、即時出金も可能です。LINEやアプリにも対応しており、日本市場での本気度が伝わってきます。

長所

  • 5,000種以上の厳選ゲームコレクション
  • すべてのボーナスに賭け条件なし
  • 日本限定プロモーションを開催
  • 日本語で問い合わせ可能
  • 公式カジノアプリをリリース

短所

  • サイト動作が重い
  • ゲーム検索が不便
  • スポーツベット非対応

6. カジノデイズ

インターネットカジノ

カジノデイズは業界最多のゲーム取扱数を誇るオンラインカジノ。その数は5,000種類以上にものぼり、30社以上のゲームプロバイダーと提携しています。

膨大なゲームコレクションには、高性能な検索機能も搭載。必ずお目当てのゲームが見つかるでしょう。日替わりプロモを利用すれば、毎日ボーナス獲得も夢ではありません。全方向に隙のないサービスが魅力です。

長所

  • 業界トップ5,000機種のゲームを搭載
  • 広範な入出金方法に対応
  • 日替わりプロモーションを開催
  • 充実のヘルプページを完備
  • 親切な日本語サポート

短所

  • アプリはAndroidのみ
  • VIPは完全招待制

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、インターネット上でギャンブル体験ができるゲームプラットフォームの総称です。

オンラインカジノ

ラスベガスやマカオのランドカジノと同様、実際に現金(リアルマネー)を賭けてゲームに参加できます。もちろん、ゲームで獲得した勝利金の現金化も可能です。

バカラ、ブラックジャック、ルーレットをはじめとする古典的なカジノゲームから、ジャックポットやメガウェイズといったオンカジ独自機能を搭載した進化版ゲームまで、幅広い機種で遊べます。

ソフトウェアとのオンライン対戦に加え、現在はライブカジノと呼ばれる対ディーラー型テーブルゲームも搭載。本場カジノさながらのリアルなギャンブル体験が魅力です。

実際の店舗に足を運ぶ手間も労力も要らず、パソコンやスマートフォンで24時間どこからでも気軽にアクセスできます。さらに、スムーズな入出金、年中無休のカスタマーサポート、万全のセキュリティ対策など、その利便性はランドカジノを上回るほど。

こうしたインターネットの特長を最大限に活かしたシステムによって、欧米のみならず、近年、日本国内でもネットカジノの人気が爆発的に高まっています。

オンカジのメリット・デメリット

日本国内で遊技可能な一般的な賭博と比較して、オンカジのメリットとデメリットをまとめました。

メリットpros

  • オンラインの利便性を享受
  • 多岐にわたる入出金方法に対応
  • 少額から賭けに参加可能
  • 多様性豊かなゲームコレクション
  • カジノゲームの還元率が高い
  • ボーナス・プロモーションが満載
  • 匿名性が高いゲーム体験

デメリットcons

  • 日本国内における法的位置づけが不明瞭
  • 国内拠点のサポート窓口が無い
  • サイバー攻撃などネットセキュリティリスク
  • ギャンブル依存症のリスクを伴う

オンカジの特徴

実際のカジノと異なるオンカジの5つの特徴を、以下に詳しくまとめました。

  • オンラインプラットフォーム

オンラインカジノはその名の通り、インターネット環境さえ整えば、入金・ゲームプレイ・出金のすべてがワンストップで完結します。

クレジットカードやEウォレット、インターネットバンク、仮想通貨などのオンライン決済に幅広く対応しており、資金の入金や勝利金の現金化のプロセスも簡素化されているのが特徴です。

  • 膨大なゲームのコレクション

オンラインカジノには、常時数千を超えるカジノゲームが揃っています。ゲームコレクションは、実際のランドカジノを上回る充実度といえるでしょう。

スロット、テーブルゲーム、ポーカーなどの定番ゲームから、リアルタイム対戦が可能なライブカジノも登場するなど、本場カジノさながらのギャンブル体験が魅力です。

さらに、マルチテーブル機能を搭載するオンカジも少なくなく、複数のゲームを同時にプレイすることもできます。

  • 時間・場所に制約されない

オンラインカジノは、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも利用可能です。実店舗型ギャンブルとは異なり、営業時間やテーブル数、台の制約もありません。

自宅や外出先、移動中など場所に縛られず、快適な環境でプレイ可能です。

また、多くのオンカジは24時間対応の日本語ライブチャットを完備しています。早朝・深夜問わず手厚いカスタマーサポートを受けられるので安心です。

  • プライバシーの尊重

オンラインカジノの運営ライセンスには、個人情報およびプレイヤー保護に関する厳格な要件が組み込まれています。

SSL/TSLやHTTPSを採用したセキュアな通信と暗号化技術により、セキュリティ対策を強化。各オンカジはプライバシーポリシーを遵守しています。

アカウント管理に2段階認証システムを導入するネットカジノも増えており、安全性に対する意識の高さがうかがい知れるでしょう。

  • 顧客への様々な特典

他のギャンブルにはないオンカジの特徴として、プレイヤー還元が徹底された特典が挙げられます。

ウェルカムボーナス、フリースピン、リロードボーナスなど特典は多岐にわたり、これらのボーナスは新規顧客のみならず、既存ユーザーにも配布されます。

また、オンラインカジノ内での入金額や賭け金に応じてランクアップするVIPプログラムを完備するカジノも少なくありません。既存顧客のロイヤリティを高める還元制度が充実しているのは大きな魅力です。

オンラインカジノの歴史

オンカジ

オンラインカジノは、テクノロジーの進歩とともに歴史的な発展を遂げてきました。その誕生は、インターネットが一般家庭に普及しはじめた1990年代にまでさかのぼります。

誕生から現在に至るまでのネットカジノ30年の歩みを、時系列で詳しくみていきましょう。

1994年 オンカジ運営ライセンスの発行

現在では常識となったオンラインカジノの運営ライセンス。これは、カリブ海に浮かぶ小国「Antigua and Barbuda(アンティグア・バーブーダ)」政府によって初めて発行されました。

以降、ジブラルタル(1998年)、キュラソー/カナワケ(1999年)、マルタ(2000年)、イギリス(2006年)と、現在でも人気の高いライセンスが次々と発行されるに至ります。

1994年 ネットカジノ用ソフトウェアの開発

運営ライセンス可決の動きをいち早く察知した「Microgaming社(マイクロゲーミング)」は、同年、世界初となるインターネットカジノ専用ソフトウェアを開発しました。

これに続き、NetEnt社(1996年)、Betsoft社/Playtech社(1999年)など、現在でも第一線で活躍するゲームプロバイダーが続々と誕生します。

1996年 インターカジノの誕生

世界最古のオンラインカジノとして登場したのが「インターカジノ(InterCasino)」です。

インターカジノは合併や買収を経て、現在ではベラジョン系列に位置付けられます。日本人向けにリニューアルを果たすなど、最も歴史の長い老舗オンカジとして、揺るぎない地位を築いています。

2000年初頭 オンラインギャンブル規制機関の設立

インターネットのますますの普及と技術の進歩によって、オンラインギャンブルはより身近な存在となりました。

これを受け、ネットギャンブルに対する規制強化の動きが強まったのも事実です。インターネットカジノの適正な運営とプレイヤー保護の一環として、第三者監査機関eCOGRA(e-Commerce and Online Gaming Regulation and Assurance)が設立されるなど、信頼性向上を目的とした取り組みが積極的におこなわれました。

2010年以降 モバイルカジノの急速な普及

モバイル技術の進歩に伴い、スマートフォンを使ったネットカジノが急速に拡大しました。

現在では、全世界には数千ものオンラインカジノが存在し、ライブカジノなど最先端テクノロジーを導入したゲームが提供されています。

オンラインギャンブルの世界的な人気を受け、ライセンス体制の強化や法整備が各国で進められています。

オンラインカジノの違法性・合法性

オンラインカジノの違法性・合法性を考察する際には、以下の2点を踏まえて、オンラインギャンブルの法的位置づけを正しく理解する必要があります。

  1. 世界のオンラインカジノ法整備
  2. 日本国内の状況

それぞれの観点から詳しく検討していきましょう。

  1. 国外におけるネットカジノの法規制

一般的に、ネットカジノのライセンスは政府や規制当局によって発行されており、認可を受けたカジノは合法的な運営が認められています。

本サイトで紹介している大手海外オンラインカジノは、運営拠点の法律を遵守した健全なサービスをおこなっており、違法性はありません。

しかしながら、なかにはオンカジが法的に合法または違法と明確化されていない国が存在します。これが、いわゆる「グレーゾーン」と呼ばれる地域です。ネットカジノを対象とする法規制が整備されていないため、なし崩し的にサービスが展開されているものの、常に法的なリスクが伴います。

  1. 日本国内におけるネットカジノの法的位置づけ

日本国内におけるオンラインカジノの法的位置づけは、長年、まさにこの「グレーゾーン」でした。

日本はもともと、公営ギャンブルやパチンコ、宝くじなどが盛んなギャンブル大国です。そのため、古くから賭博法が制定され、特定のギャンブルのみ合法と認められてきました。

しかしながら、ネットカジノは近年誕生した新しいギャンブル形態。現行の刑法は、オンラインギャンブルを違法とする具体的な条項を含んでいません。

さらに、オンラインカジノの運営元は海外に拠点を置いており、日本の法律が及ばない点も状況を複雑にしています。

このようなこう着状態が長らく続いていたものの、2022年ごろから規制強化の動きが活発化。警視庁と消費者庁が合同で、「海外で合法的に運営されているオンカジであっても、日本国内から接続して賭博を行うことは犯罪」と注意喚起をおこないました。

今後、違法性がさらに問われる可能性があるため、最新の動向を常にチェックしましょう。

オンラインカジノの安全 指標

オンラインカジノを利用する際には、安全性を十分に考慮したカジノ選びが重要です。

以下に安全性の指標となる3つのポイントについて挙げています。:

オンラインカジノ ライセンス機関

ネットカジノの安全性を確かめる場合、まず最初にチェックすべきはライセンスの有無および発行機関です。

現在、合法的な運営をおこなっているオンカジには、規制当局認可のライセンス取得が義務付けられています。ライセンスを発行している国は複数存在しますが、特に信頼性の高いライセンス機関は以下の通りです。

  • イギリスライセンス(UK Gambling Commission)
  • ジブラルタルライセンス(Gibraltar Regulatory Authority)
  • マルタライセンス(Malta Gaming Authority)
  • マン島ライセンス(Gambling Supervision Commission)

上記ライセンスは、世界的にも厳格な審査基準を設けています。さらに、定期的な監査と更新時の再審査も実施されており、プレイヤーの保護が強化されています。プレイヤーの安全性を確保しています。

公式サイトにライセンス表記がない、もしくは信頼性の低いライセンスのみのオンラインカジノは避けましょう。

ライセンス基準

各種ライセンスを取得するためには、あらかじめ定められたライセンス基準を満たす必要があります。

審査基準は発行機関によって異なるものの、あらゆるライセンスに共通するのが以下の項目です。

  • 運営企業の資金力・資金管理
  • プレイヤー保護の取り組み
  • 透明性の高い運営
  • ギャンブル依存症への対策

特に、マネーロンダリングに関する審査は厳しく、親・子会社、関連企業を含んだ資金の流れが細かくチェックされます。厳重な審査基準をクリアした証がライセンスであり、これが一種の品質保証になるのです。

ライセンス機関と併せて、その機関が設けているライセンス基準をチェックするとよいでしょう。

ネットカジノ ゲームソフトウェア企業の信頼性

ネットカジノのゲームを提供するソフトウェア企業の信頼性も、重要な判断材料です。

ゲームプロバイダー企業もオンラインカジノと同様、ゲーミングライセンスの取得が義務づけられています。取得難易度の高いライセンス認可を受けている、安全なゲームソフトウェア企業の代表例は以下のとおりです。

  • Evolution
  • Microgaming
  • NetEnt
  • Pragmatic Play
  • Playtech

さらに、ソフトウェア企業はライセンス取得に加え、提供しているゲームの公平性も担保しなければなりません。RNG(乱数生成器)によって、ゲーム結果に恣意性がなく、完全にランダムであることを証明する必要があります。

GLI(Gaming Laboratories)、eCOGRA、Gaming Associatesをはじめとする第三者監査機関の認証を受け、公平性が保たれているかも確認しましょう。

オンラインカジノ ゲームの分類

オンラインカジノで遊べるゲームの分類と代表的なプロバイダーを、以下にまとめました。:

ジャンル ゲーム種類 主なプロバイダー
スロット ビデオスロット

パチスロ風スロット

ジャックポット

Microgaming

Play’n GO

NetEnt

WIN FAST

Nolimit City

テーブルゲーム ブラックジャック

バカラ

ルーレット

ポーカー

Microgaming

YGGDRASIL

Relax gaming

ライブカジノ ブラックジャック

バカラ

ルーレット

ポーカー

ゲームショー

Evolution Gaming

Pragmatic Play

Playtech

OneTouch

クリプトゲーム クラッシュ

プリンコ

ハイロー

ダイス

Spribe

BGaming

Onlyplay

パチンコ/パチスロ 実機オンラインパチンコ

4号機パチスロ

GO GO AMIGO
スポーツゲーム バーチャルスポーツ

ファンタジーゲーム

Kiron Interactive

Pkagmatic Play

オンラインカジノのゲーム取扱数およびテーブル数は、実際のランドカジノと比べても桁違い。順番待ちや席数などの制約がなく、効率のよいゲームプレイが可能です。

大きく分類すると、約9割が内蔵ソフトウェア対戦型のコンピューターゲーム。残りの1割が、実在のカジノディーラーが生中継でゲーム進行するライブカジノ形式です。

ビデオスロット、テーブルゲームをはじめとするコンピューターゲームは、高画質のグラフィックスと音響効果を搭載。従来のカジノマシンにはなかったゲームへの没入体験を実現しています。

コンピューターゲームが「オンラインカジノならでは」の機能性を反映している一方、本場カジノさながらの臨場感と革新性を兼ね備えたのがライブカジノです。

ポーカー、ブラックジャック、バカラなどの王道カジノゲームはもちろん、最近はエンターテイメント性溢れるゲームショー形式ライブカジノも注目されています。

日本におけるオンカジブームを受け、一部のプロバイダーは日本人ディーラー専用のライブカジノテーブルを完備。さらに、日本のパチンコ・パチスロを導入するカジノも登場しています。

ビットコインカジノの多くは、プリンコやクラッシュなど、最先端のプロバブリーフェアゲームも取り入れています。

オンラインカジノは儲かる?

オンラインカジノで儲けることは不可能ではないにしろ、賭博で儲けることは簡単ではありません。

「控除率(ハウスエッジ)」と「還元率」の視点から見ると、他の賭博と比べて、オンラインカジノがプレーヤーにとって有利な条件を提供していることは明らかです。

オンラインカジノの控除率

控除率は、ハウスエッジとも呼ばれ、端的にいえば、賭け金のうち「胴元の取り分」として確保されている比率を指します。

つまり、オンカジ側で設定されている控除率が高ければ高いほど、プレイヤーは儲からないのです。

以下、ネットカジノと公営ギャンブルを比較し、控除率の平均値をまとめました。

控除率比較表:

賭博 控除率
オンラインカジノ 約5%
パチンコ 約20%
競馬 約30%
サッカーくじ 約50%
宝くじ 約60%

オンラインカジノでは、ゲームによって異なる控除率が適用されています。ただし、最も控除率が高いアメリカンルーレットでも5.26%と、他の賭博との差は歴然。

控除率から見ると、オンカジは圧倒的に儲かるギャンブルであるといえるでしょう。

この低控除率を可能にしているのは、ネットカジノの運営形態です。実店舗を構えず、全サービスをインターネット上で提供するため、設備投資や人件費などのコストを最小限に抑えられています。

さらに、事業運営における複雑な利権がなく、プレイヤー還元が徹底されている構造上の利点も大きな要因です。

オンラインカジノの還元率

還元率は、控除率と対をなす概念であり、「賭けた金額のうち何割がプレイヤーのもとに戻ってくるか」を表す指標です。

つまり、理論上、還元率は高ければ高いほど儲かると考えられます。

これを踏まえて、オンラインカジノと国内賭博の還元率を比較してみましょう。

還元率比較表:

賭博 還元率
オンラインカジノ 約95%
パチンコ 約80%
競馬 約70%
サッカーくじ 約50%
宝くじ 約40%

還元率は各ゲームによって異なり、オンカジでは「RTP(Return to Player)」や「ペイアウト率」として公開されています。

カジノゲームの中でも、バカラの平均還元率は99%、ブラックジャックに至っては最大102%。他のギャンブルに比べ、有利な条件が揃っているのは明らかです。

とはいえ、ネットカジノを含むすべてのギャンブルは、必ず胴元に長期的な利益が出るよう設計されています。

さらに、オンラインカジノではゲーム公平性が維持されており、運に左右される部分も少なくありません。

還元率や控除率といった値はあくまでも目安として捉え、必ず儲かるギャンブルはないということを常に念頭に入れてください。

オンラインカジノ 比較の視点

オンラインカジノ 比較において重要となる視点について、以下にまとめました。

自分のプレイスタイルやニーズに合ったオンカジを選ぶ際には、複数ブランドの比較検討がおすすめです。

1. 運営元のライセンスや信頼性

利用するネットカジノの運営元所在地や、取得しているライセンスを確認しましょう。一般的に、イギリス賭博委員会、マルタ賭博局、ジブラルタル賭博委員会が発行するライセンスには厳格な規制基準が設けられており、信頼性が高いといえます。

2. ゲームの品揃え

取り扱われているゲームの種類や、提携しているソフトウェアプロバイダーを事前に確認しましょう。一部のオンラインカジノは人気プロバイダーと独占契約を結び、他のオンカジでは遊べない限定ゲーム・テーブルを完備しています。

3. ボーナスやオファーの充実度

登録ウェルカムボーナスや初回入金ボーナスなど、ネットカジノが提供するプロモーションを確認しましょう。新規登録者対象のみならず、既存ユーザー向けのボーナスシステムが整っているオンカジは長期利用に適しています。併せて、利用規約や賭け条件の理解も大切です。

4. 決済手段

オンラインカジノ上で使用できる入出金方法を十分に確認しましょう。対応している決済手段に加え、各方法の手数料や上限・下限額、反映時間の目安まで把握するようにしてください。オンカジによっては、頻繁に対応決済手段が変更される場合もあるため、利用前にチェックする癖をつけるとよいでしょう。

5. 顧客サポート

各オンラインカジノの顧客サポート体制を確認しましょう。大多数のネットカジノは24時間対応の日本語ライブチャットを完備しています。ただし、深夜帯などはレスポンスに遅延が生じたり、日本人担当者が不在となったりする可能性があるため、事前確認を怠らないことが重要です。

6. サイトやアプリの使い勝手

公式サイトやモバイルアプリの使い勝手も、オンラインカジノ選びをする上では、大きな判断材料になります。ゲームカテゴリーや検索機能の充実度、無料デモプレイなどの高度な機能の有無などを考慮してください。使いやすいインターフェースは、快適なゲームプレイにつながります。

オンラインカジノの始め方

オンラインカジノの始め方と注意点を、段階ごとに解説します。

⚠️初めてオンカジを利用する時に知っておきたいこと:

  • 予算の範囲内で遊ぶ

財政リスクを避けるため、あらかじめギャンブルに充てる予算を決め、その範囲内での遊技を心がけてください。

自己制御が難しい場合は、自分で希望額を設定できる利用制限や入金限度額などの機能を、積極的に活用しましょう。

あくまでもオンラインカジノは娯楽として、余剰資産を超えたプレイは避けるべきです。

  • 安全性に注意を払う

ネットカジノを利用する上で、安全性は最優先事項です。

運営元のライセンス、利用者からの口コミ・評判、セキュリティ対策などは必ず確認しましょう。

また、個人情報の流用を防ぐためにも、公共のWifiなどの安全性の低いネットワークや脆弱なパスワードの使用も控えてください。

オンラインカジノのやり方

オンラインカジノのやり方は、下記のステップに従って下さい。:

1.自分に合ったオンカジを選ぶ

前述「オンラインカジノの比較方法」のポイントを意識しながら、利用するオンカジを選択しましょう。

取扱いゲームの種類やボーナスシステムなどの強みに合わせて、複数のネットカジノを使い分けることもできます。

オンラインカジノ 始め方

2.オンラインカジノに登録

新規登録フォームに必要事項を入力します。「氏名」「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」「生年月日」「住所」などの入力項目が一般的です。

オンラインカジノ 登録

日本円などの法定通貨ベースのオンラインカジノに比べ、仮想通貨カジノの登録プロセスは簡略化されています。なかにはユーザーIDとパスワードのみで完結することもあるほどです。

GoogleやTelegramなどの、外部アカウント連携に対応しているオンカジでは、ワンクリックで登録が完了します。

3.入金

プレイ資金を入金しましょう。オンラインカジノでは、一般的に「クレジットカード」「Eウォレット(電子決済サービス)」「銀行振込」「仮想通貨」の4種類の決済方法を提供しています。

オンラインカジノ やり方

それぞれ最小/最大入金額、手数料、着金時間などに差があるため、自分の用途に合ったものを選びましょう。

[/light_list_how_to_item]

主な決済方法の種類:

決済方法 決済プロバイダー例 反映時間
クレジットカード VISA

Mastercard

JCB

American Express

Diners

即時
Eウォレット Payz

Vegawallet

Jeton

MuchBetter

TigerPay

など

即時〜24時間
銀行振込 国内送金

国際送金

ATM入金

1〜10営業日
仮想通貨 ビットコイン

アルトコイン各種

即時〜数時間

4.ボーナスを申請する

登録・入金が完了したら、新規登録者向けに配布されている「ウェルカムボーナス」を受け取りましょう。

オンラインカジノによってその内容はさまざまですが、登録完了時に付与されるキャッシュやフリースピンなどの「入金不要ボーナス」、入金額のうち特定のパーセンテージが戻ってくる「入金ボーナス」の2種類に分類されます。

ネットカジノ おすすめ

他のボーナスに比べ金額が多く、賭け条件も緩めに設定されているため、ぜひ活用しましょう。

受け取り方は、自動的にアカウントに反映されるものや、特定のボーナスコードを入力して申請するタイプなど多岐にわたります。あらかじめ使用方法を確認してください。

5.ゲームプレイを開始

検索メニューやカテゴリーから、遊びたいゲームを選択しましょう。ゲーム画面でベット額を設定したら、ゲーム開始です。

オンラインカジノ 人気

オンラインカジノによっては、一覧でベット範囲やRTP(還元率)の値をチェックできます。

一部のオンカジは、「無料デモプレイ」機能を搭載しており、お試し感覚でゲームプレイ可能です。いきなりのリアルマネーベットに抵抗がある方も、安心して利用できます。

6.出金

出金画面から利用する決済方法を選択して、出金申請を完了しましょう。

オンラインカジノ 稼げる

出金早いカジノの大半では、電子決済や仮想通貨が採用されています。

ネットカジノでは、マネーロンダリング防止のため、入金額と同等の賭けがおこなわれるまで出金できません。また、原則出金には、入金時と同じ決済方法が用いられる点にも注意しましょう。

KYC不要カジノを除き、一般的なオンカジでは、初回出金時までに本人確認が求められます。

オンカジ利用時の注意点

オンカジを利用する際に、留意すべき2つのポイントを詳しくまとめました。:

  1. 責任あるギャンブルのガイドラインを理解する
  2. ギャンブル依存症のリスクを踏まえる

1. 責任あるギャンブルのガイドラインを理解する

各オンラインカジノには、責任あるギャンブルのガイドラインが示されています。ネットカジノの利用に際して、これらのガイドラインを一読しましょう。

責任あるギャンブル(Responsible Gambling)とは、ギャンブルに起因して起こりうる経済的、健康的、社会的被害を防ぐための対策を指します。

次のような責任あるギャンブルの原則を理解しておきましょう。

  • 資金管理:オンラインカジノに充てる予算を明確に設定し、上限を越えないよう努めましょう。お金を稼ぐ手段としてオンカジを利用したり、損失を取り返そうとしたりするのは控えてください。
  • 時間管理:ギャンブルに費やす時間をあらかじめ設定し、プレイ時間を制限しましょう。長時間のプレイは疲労の蓄積や判断力の低下を引き起こす危険性があります。
  • 冷静な判断:ネットカジノもギャンブルの一種。勝敗は運に左右され、誰にも予測できません。常に冷静な判断を心がけ、感情に振り回されないようにしましょう。

2. ギャンブル依存症のリスクを踏まえる

オンラインカジノを含む、賭博は常にギャンブル依存症のリスクを伴います。

ギャンブル依存症とは、日常生活に損害が生じているにも関わらず、ギャンブルをしたいという衝動が抑えられない状態です。

ギャンブル依存症は、経済的、社会的、精神的に深刻な被害をもたらすリスクがあります。日頃から以下の対策を講じるようにしましょう。

  • 自己評価:定期的に自己評価を行い、過度なギャンブルをおこなっていないか、自分の状態を客観的にチェックすることが大切です。自覚症状がある場合は、速やかにオンラインカジノからの自己排除をおこない、治療機関を受診しましょう。
  • サポート機能の活用:オンラインカジノには、プレイヤーの自己制御を手助けするさまざまなサポート機能があります。自己排除、入金制限、セッションタイマーなどを積極的に活用してください。
  • 専門家の支援:ギャンブル依存症が深刻な場合、躊躇せずに医療機関やカウンセリングなどの専門家の支援を受けましょう。国内にもギャンブル依存症を治療する、専門医療機関が多数存在します。

自己評価が難しい場合は、インターネット上で受けられる簡易診断「ギャンブル依存症セルフチェック」などを利用するのも有効です。

FAQ

オンラインカジノに関するよくある質問と答えを以下にまとめています。

オンラインカジノは日本から利用できますか?

オンラインカジノは違法ですか?

信用できるオンラインカジノはありますか?

オンラインカジノが違法とみなされるのはなぜですか?

オンラインカジノは無料で利用できますか?

オンラインカジノには入金不要ボーナスはありますか?

オンラインカジノを使うとなぜ税務署にバレるのですか?

About ReadWrite’s Editorial Process

The ReadWrite Editorial policy involves closely monitoring the tech industry for major developments, new product launches, AI breakthroughs, video game releases and other newsworthy events. Editors assign relevant stories to staff writers or freelance contributors with expertise in each particular topic area. Before publication, articles go through a rigorous round of editing for accuracy, clarity, and to ensure adherence to ReadWrite's style guidelines.

Makoto Fukae
Editor

深江真琴 1980年神戸生まれ。カジノエキスパート。 2011年から英国に移住。老舗オンラインカジノ運営企業勤務を経て、フリーのエディターとして活躍中。10年以上の業界経験に基づき、業界メディア紙の編集・監修を手がける。

Get the biggest tech headlines of the day delivered to your inbox

    By signing up, you agree to our Terms and Privacy Policy. Unsubscribe anytime.

    Tech News

    Explore the latest in tech with our Tech News. We cut through the noise for concise, relevant updates, keeping you informed about the rapidly evolving tech landscape with curated content that separates signal from noise.

    In-Depth Tech Stories

    Explore tech impact in In-Depth Stories. Narrative data journalism offers comprehensive analyses, revealing stories behind data. Understand industry trends for a deeper perspective on tech's intricate relationships with society.

    Expert Reviews

    Empower decisions with Expert Reviews, merging industry expertise and insightful analysis. Delve into tech intricacies, get the best deals, and stay ahead with our trustworthy guide to navigating the ever-changing tech market.